宇宙艦隊の司令官から剣と魔法のファンタジー世界の冒険者に転職しました

作者 地水火風

161

61人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

主人公のコウが600歳という年齢で枯れている性格であること。また、本人ではなくアバターで惑星降下していること。そしてなにより過剰な戦力であること。この三つの理由がありストーリーはたとえ戦闘があっても起伏なく淡々と物語は進みます。過剰戦力で命の危険がないとなればまあ仕方のないことでしょう。

コウが司令官として『魔術師』と呼ばれていたという件は、宇宙を舞台にした年代記の金字塔である『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリーというあまりにも有名すぎるキャラクターがいるため、ちょっとどうなんだろうという気もしましたし、その割に装備に選んだ槍の長さが5メートルだったり――その長さは平野での合戦で使う場合の長さであって普通はせいぜい2,3メートルだし、5メートルの槍は刺突武器ではなくて打撃武器として使用していたのですが――大剣や盾の大きさがおかしかったりと、いまひとつ胸落ちしない部分もありますが、まあそこはそれ。遥か昔の原始的な武器だったので知らなかったと言えば知らなかったのかもしれないです。

ともあれ、淡々と日記のように進んでいくストーリーですが面白いです。
まだまだ序盤で、この後どんな展開に持っていくのかわからないのだけれども、期待感を抱かせます。

じっくりテンポでも楽しめる人ならお勧めです