陰キャな僕が、文芸部のかわいい後輩に告白されて共作することになった話

作者 茶山因

21

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?