【完結済】異世界ラノベの元著者は英雄譚の続きを紡ぐ

作者 くコ:彡

第152話 エルフヲタ」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 人類未踏の100層突破した主人公なら何回も成長経験してそうなのに……強さ変わってなくね?

    作者からの返信

    拙作をお読み頂きありがとうございます。

    アルトが100層を攻略したのに実力があまり変化していない理由については、大まかに二つの理由が挙げられます。
    まず、アルトは階層主戦以外ではほとんど戦闘をしていないこと。
    基本的にモンスター達に見つからないように行動していた彼は、魔力操作の腕はかなり上がった一方で、それ以外の部分に顕著な成果は出ていないと言えます。
    そして二つ目として、アルトには剣術及び魔法の才能が全く無いことが挙げられます。
    アルトは幼少期から剣術及び魔法の腕を努力で鍛え上げ、その実力は国内の同世代の子達の中でもトップクラスのものになりました。しかし、あくまでもそれは凡人の延長戦上でしかありません。つまるところ、限界があります。
    空中歩行や魔力操作等の技術については努力でどこまでも高めることが出来ますが、剣を自身の体の一部のように扱うことや最上級以上の魔法の行使については、努力の前に大前提として才能が求められます。アルトはその壁を越えることが出来ない為、100層の攻略後も目に見えての大きな変化は起こしていません。
    そしてこれは「成長」についても同様で、アルトがこれ以降何度「成長」をしたとしても、その能力はほとんど伸びないことでしょう。それほどに今のアルトは、凡人としては最高の領域にいるのです。
    しかしそれでも100層までの攻略を通してアルトの体力や筋力は確実に向上しており、また魔力操作及び空中歩行については達人レベルまで極まっているので、見えないだけでまあまあ強くはなってます。


    少し長文になってしまいましたが、ご納得頂けましたでしょうか。
    また疑問に思ったことが何かありましたら、気軽にコメントをして頂ければと思います。

    才能の無いながらも努力を続けてきたアルトが、これ以降どのような変遷を遂げるのか。
    残り話数も少なくなってきましたが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

    くコ:彡

    2021年8月24日 03:19