私の親友はステ振りを間違えたようです!

 ◇ ◆ ◇



 ――翌日。


 昨日と同じように、睡眠時間がバッチリとれていたお陰で、集中して授業を受けることができた私は、放課後に学校の体育館を訪れていた。

 目的はもちろん、親友の希歩(のあ)ちゃんの女子バスケットボール部の見学である。


 一年生にしてすでに部活のエースポジションを掴み取っていたスーパー美少女の希歩ちゃんは、部活の時間も積極的に練習試合をして活躍している。

 自分よりも一回りも二回りも背の高いディフェンスの間をフェイントを織り交ぜながら器用に駆け抜けてゴール下まで切り込み、マークが集まったところで少し離れた味方にパスを出してゴールをアシストする。

 または、何人ものマークを引きつけながらも自らゴールを奪っていく。

 その戦い方、運動神経はもはや芸術だ。


 頭の良さと運動神経。二つを兼ね備えている希歩ちゃんは、きっと『トロイメア・オンライン』の世界でも絶賛活躍中だろう。


 うーん、ああいう子がうちのパーティにもいたらなぁ……きっと頼もしい攻撃役(フォワード)になってくれるはずだ。でも、希歩ちゃんを誘うことはできない。それはお兄ちゃんの言いつけもあるけれど、なによりもアレ――ネットで私のキャラクターのココアのすっぽんぽん写真が出回っているから。

 あんなの純粋な希歩ちゃんには見せられないし、私だとバレたら絶交されちゃうよ! だから絶対にフレンドにはならないし、パーティにも誘わない! 悲しいけどね。




 どの程度経っただろうか。やがて希歩ちゃんは、ベンチで控えていた先輩のうちの一人とハイタッチを交わしながらコートを去って、体育館の隅に置かれていたエナメルバッグから水筒を取り出すと、中身を一口、口に含む。

 そして、タオルで汗を拭きながら私の方に歩いてきた。


「おつかれー、相変わらず凄いね希歩ちゃんは!」


「えへへ……そうかな?」


 僅かに肩で息をしながらはにかむ希歩ちゃんが可愛い! 運動直後で顔も真っ赤だし、そこらじゅうに汗をかいているからもう……なんというか、ご馳走様です!


「希歩ちゃんはゲームでもきっと敵を翻弄する『アサシン』とかやってそうだなぁ」


 とりあえず当たり障りのない話題を振って希歩ちゃんの誘惑から逃れてみる。


「うーん……実は違うんだよね。私が選んだのはなんか、後衛職みたいで……」


「そうなの!?」


 これは意外だ。希歩ちゃんはてっきり前線で暴れるタイプだと思っていたのに。天性の臆病さがそうさせるのかな? でも、彼女はいざという時にスイッチが入って別人のように暴れることがあるって私知ってるし……バスケの試合の時とかね。


「前衛もいいかなって思ったんだけど……私、痛いのが嫌だから……」


 希歩ちゃんらしい。「痛いのが嫌なので防御力に極振り」とはならずに「痛いのが嫌なので後衛職になります」ってなるところがまた希歩ちゃんらしい。

 なので


「希歩ちゃんらしいね」


 と率直な感想を述べた。しかし彼女は浮かない顔で続ける。


「でも……なんか、ステータスの振り分けを間違えたみたいで……」


「――えっ?」


「昨日、心凪(ここな)ちゃんが言ってた『きょくふり』? っていうのをしちゃってたの……」


「えぇぇぇぇぇぇっっっ!?!?」


 ま、まさか希歩ちゃんがそんなことをする人だったとは……。てっきり無難に振り分けて、無難に頑張るタイプだと思ってたのに。意外とチャレンジャー?


「で、何に極振りしたの? 魔力とか?」


「ううん……素早さ」




「ふーん、なるほど――って、すばやさぁぁぁぁぁぁっっっ!?!?」


「ひぃっ!?」


 これは、あまり『トロイメア・オンライン』を知らない私でもわかる……物理的に殴り合うことのない後衛職で素早さ極振りは明らかにダメだってことを! 後衛で役立たずで逃げ足だけは早いって、パーティのお荷物じゃん!


 はぁ、どうしてこうも私の周りは残念キャラばかりなのだろう。希歩ちゃんも、クラウスさんも、ミルクちゃんも……そして私も!


 大声を上げた私にびっくりして怯えてしまった希歩ちゃんに、私は天使のような優しい笑みを向けた(つもりだ)。


「希歩ちゃん……強く生きて」


「ふぇぇ、やっぱりダメだったんだぁ……」



 ――あ、しまった。


 その後、泣き出しそうになった希歩ちゃんを、私は数十分かけて必死に励ましたのだった。



 ◇ ◆ ◇



 《トロイメア・オンライン(TMO) 総合雑談掲示板♪》


 トロイメア・オンライン(TMO)における、みんなの雑談掲示板になります。基本的に書き込みは自由ですが、他人の誹謗中傷やアカウント晒しは禁止です。トロイメア・オンライン(TMO)に関する雑談をみんなで楽しみましょう!



【攻略情報】ジョブとステ振りについて語ろうぜ


 1.名無しさん

 ジョブは『アサシン』一択。ステは素早さ中心に物理攻撃と器用さ。


 2.名無しさん

 >>1

 エアプ乙www速いだけの『アサシン』に需要はない。『聖騎士』一択。ステは物理防御、魔法防御、魔法攻撃に振る。


 3.名無しさん

 『ソーサラー』一択なんだよなぁwww魔法が使えないと詰む相手も多いし。


 4.名無しさん

 >>3

 後衛職は前衛ありきな気がするからなんとも言えんな。無難なところはやっぱり『アサシン』か『聖騎士』な気がする。変なエクストラジョブをのぞけば。


 6.名無しさん

 後衛職なら『ソーサラー』か『聖職者』あたりが人気なの?


 8.名無しさん

 >>6

『闇霊使い』と『エンチャンター』以外なら割と何でもアリな気がする。『闇霊使い』は自爆魔法以外の攻撃手段が皆無に等しいし、『エンチャンター』は自分だけだと何もできないから。


 9.名無しさん

 >>8

 それなwww選んだやつ可哀想にwww


 11.名無しさん

 >>9

 キャラメイクやり直し不可避だなwww


 12.名無しさん

 そういえば巷で話題のロリ巨乳『闇霊使い』は?


 15.名無しさん

 >>12

 すっぽんぽんロリかwww今日も見かけたぞwwwすっぽんぽんじゃなかったけどwww


 16.名無しさん

 >>15

 いつもすっぽんぽんだったら引くわwwwそれにしても人気だなwww


 17.名無しさん

 ボコしたら有名人になれるかな?


 18.名無しさん

 >>17

 ヤるわwww


 20.名無しさん

 >>18

 wktk


 21.名無しさん

 とりあえず今更ステの極振りは流行らねぇわなwww

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る