第7話 友達じゃないんだからね!

 姫野が去った後、英梨はラノベを八冊も購入した。


 まずは一冊試しに買って読めと説得したが、英梨は言うことを聞かない。「勇太のオススメなら面白いっしょ」と、よくわからない理屈で購入してしまった。


 ちゃんと一冊読めるか心配だが……まぁいいか。英梨のヤツ、すごく満足気な顔してるし。俺もラノベに興味を持ってもらえて、ちょっぴり嬉しい。


 駅ビルを出ると、日は沈みつつあった。街はオレンジ色に染まっている。まるで食べ頃の蜜柑のように色鮮やかだ。


 俺たちは帰り道を二人並んで歩いた。


「えへへ。あんがとね、勇太。ラノベ紹介してくれて」


 英梨は本の入った紙袋を俺に見せてそう言った。


「どういたしまして……荷物、重くないか?」

「へーきだけど……おっ。もしかして、持ってくれるん?」

「いや。聞いただけ」

「あははっ! なんの確認だし!」


 英梨は嬉しそうに俺の肩をバシバシ叩いた。

 ……持ってあげるって言おうとしたけど、からかわれると思ってやめた。見ろよ、このハイテンションなギャルを。絶対にイジってくるだろ。


「今日は楽しかったなぁ。帰ったらラノベ読むね」


 そう言って、英梨はニッコリ笑った。


「そっか……喜んでもらえて俺も嬉しいよ」


 純粋な英梨の気持ちにつられて、つい俺も自然に本音が出てしまった。


 そりゃ嬉しいさ。だって、俺の隣の席の子がラノベに興味を持ってくれたんだぜ? 今後、共通の趣味の話題で盛り上がれるのかと思うと、テンション上がるじゃん。そもそも奇跡だよな。陰キャの俺が休日にギャルと遊びに出かけるなんて。


 ……そこまで考えて、ふと思った。


 どうして英梨は俺なんかを遊びに誘ったのだろう。彼女のような人気者は、他に遊ぶ相手がたくさんいるだろうに。


「なぁ英梨。なんで俺と遊ぼうと思ったんだ?」

「え? イメチェンするって話だったじゃん」

「いや。だから、俺をイメチェンして何が楽しいのかなって」

「あはは。勇太は変なこと聞くねー。もしかして、勇太は楽しくなかった?」

「そ、それは……まぁまぁ?」

「あははっ。ツンデレかよー」


 英梨は笑って俺の脇腹を肘で突いた。

 正直に楽しいとは言えず、俺は沈黙する。


「何か言いたそうですなぁ、勇太くん」

「いや。べつに……」

「あはは。言いたくないならいいよ。でもたぶん、あたしは勇太と同じ気持ちだから。安心して?」

「英梨が俺と同じ気持ち……?」


 今日一日、二人で過ごした時間はすごく充実していた。

 それが、俺と英梨が共有している気持ち。

 そう考えると、なんだか胸の内側がむずがゆい。


「そっか……でも、ちょっぴり不思議な気分だ。ぼっちの俺が女の子と二人きりで遊ぶなんてさ」


 そう言うと、英梨は悪戯っぽく笑った。


「ふぅん。デートみたいだなって思った?」

「なっ……」


 その言葉につい反応してしまう。

 俺と英梨が恋人同士……意識した瞬間、体がかあっと熱くなる。


「ねぇ勇太……あたしのこと、どう思ってる?」


 これはいつものからかいだ。英梨は俺の心を弄んで楽しんでいるだけ。ただのじゃれ合いでしかない。

 わかっているのに、胸がドキドキする。

 英梨は俺に顔を近づけた。


「勇太……おしえて?」


 甘ったるい声が耳元で囁かれる。

 心臓が跳ねる。

 ダメだ。もう本音が……で、でる……あふれちゃう……っ!


「どう思ってるって……好きになっちゃうよ!」

「なっ……す、好き!?」


 英梨の顔はぼんっという音を立てて真っ赤になった。


「悔しいけど、今日一日すごく楽しかったよ! 服を選んでもらったときはワクワクしたし、ラノベに興味持ってもらったときは嬉しかった! 英梨と友達になれたら学校も好きになれるかもって、そう思っちゃったよ!」

「ちょ……好きって『あたしといれば学校も好きな場所になる』って意味ね……紛らわしいなぁ! 勘違いしちゃったじゃん、ばか!」

「勘違い?」


 俺は英梨の目を真っ直ぐ見て言った。


「英梨は何を勘違いしたの?」

「えっ? そ、それは……」

「ねぇ。俺の目を言ってごらん?」

「……い、言えるかぁ!」


 英梨は目をぎゅっとつむり叫んだ。


「きょ、今日はありがとね! また学校で! ばいばい!」


 英梨は礼を言い、大急ぎで去っていった。


 いかん。また本音で無双してしまった……英梨、怒っていたよな。でも俺、なんか不快なこと言ったかな?


「……俺も帰るか」


 一人で夕暮れの街を歩きながら、今日一日を振り返る。

 どのシーンを切り取っても、英梨の笑顔ばかりが頭に浮かぶ。

 もしかして、俺も笑顔だったのかもしれない。そう思うと、なんだか胸の内側がぽかぽかした。


 友達と遊ぶのも、悪くないかもしれないな。


「……いやいや! からかって遊んでくる女子が友達なもんか!」


 たしかに英梨と一緒にいると楽しいけど、友達じゃない! あれは……そう! 仲のいいクラスメイトってだけ! 友達と呼べるほど親しくないから!


「いくら可愛い女の子にちょっかい出されても、俺は絶対に絆されないぞ……!」


 そんなことを考えながら、夕日に染まった家路を歩いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る