第5話 ギャルと休日デート

 週末の日曜日を迎えた。


 今日は英梨とのデート当日。駅にある時計台の前で待ち合わせをしている。

 ちらりと時計台を見た。時刻は午後二時ちょっと前。そろそろ待ち合わせ時間だが、英梨の姿はない。もうそろそろ来てもいいんだけどな……。


 そわそわしていると、スマホからピロリと通知音が鳴った。

 確認すると、メッセージアプリに英梨から連絡が来ている。


『時間ぴったしに到着っぽーい』


 メッセージはそれだけだった。俺も「了解」と簡単に返信する。


 先日、英梨は「連絡先交換しよーぜ?」と言って、俺のスマホにメッセージアプリをインストールした。拒否する暇もない。半ば強制だった。


「インストールしても、英梨しか連絡を取る相手いないんだよなぁ……」


 独り言ち、再び時計を見る。待ち合わせ時刻の一分前だ。直に英梨が来る頃だろう。


 ……英梨のヤツ、どんな私服を着てくるのかな。


 俺の私服は英字の書かれた黒いTシャツにベージュのチノパンだ。いかにも服に興味なさそうな男のファッションである。ギャルと並んで歩くと、絶対に浮くと思う。


 英梨は……なんとなく、セクシーな服を着てきそうな気がする。胸元が開いていたり、スカートの丈が際どかったり……。


 いかん。セクシーな私服の英梨を想像したら、なんだか緊張してきた。

 ……落ち着け。変な想像はするな。平常心でいるんだ――。


「わっ!」

「どぬわぁぁぁ!」


 急に後ろから声をかけられ、驚いて変な声を上げてしまった。


 慌てて振り返る。私服姿の英梨がゲラゲラ笑っていた。


「あはははっ! 勇太の反応ウケるんですけどぉ!」

「会って早々からかうな!」


 休日も同じノリかよ。街中で本音無双したらどうするつもりだ。


「あはは。悪かったよー。気をつけんね」

「絶対に気をつけなさそうな軽い返事だな……」

「ねぇ。そんなことより勇太さぁ、あたしの私服どうよ?」


 英梨はくるっとその場でターンした。


 落ち着いた色合いのニットワンピースだった。色はネイビー。丈はやや長めで膝が隠れている。黒いタイツを履いていて、足元は赤いヒールだ。


 てっきりギャルっぽい服装で来ると思ったが、めちゃくちゃ大人っぽい。学校で見る英梨とは全然雰囲気が違う。


「その……似合ってんじゃね?」

「おっ。彼氏からお褒めの言葉をいただきましたー」

「彼氏ちゃうわ!」


 油断していると、すぐにからかってくるな、こいつ。


「あははっ。でもさ、褒められてちょー嬉しい。一生懸命オシャレしてきたかんねー」

「俺と会うのにオシャレする必要あるの?」

「あるっしょ。いつだって乙女は全力投球だぜ?」

「いや知らんし」

「それに引きかえ……はぁ。あたしが頑張ってオシャレしたのに、キミってヤツは」


 英梨は俺の全身を舐め回すようにジロジロ見た。どうやら俺の私服に不満があるらしい。


「な、なんだよ。変か?」

「もっと服装に気をつかえしー。女の子とデートだぜい?」

「あの、これでも精一杯なんですけど……」

「ふーん。いつもどこで服買ってんの?」

「おおむね母親が買ってくるやつを着ている」

「え、マジで? 自分で買わないの? 思春期諸君は、多少なりともオシャレしたくなる年頃のはずじゃん?」

「ないね。俺の思春期は死んだ」

「うわぁ、謎ポリシー拗らせ男子だ……」


 英梨は頭を抱えてしまった。わけのわからないあだ名をつけるな。ファッションに興味ないだけだっての。


「ま、いいけどね。そっちのほうがイメチェンしがいがあるし」

「え。マジでやるの?」

「あったりまえじゃーん。今日はそれが目的なんだから」


 英梨は俺の手をそっと握った。


「勇太。駅ビルいこ?」

「わ、わかったからくっつくなよ」

「えへへー、照れてんの?」

「照れてない!」


 いかん。すっかり英梨のペースだ。このままだと、デート中に本音無双を何度するかわからないぞ。


「ほらほら。勇太、早く行くよ」

「あ、おい。引っ張るなって」


 英梨につられて、駅ビルの三階にやってきた。


 フロアには服屋がたくさん並んでいる。メンズだけでなく、レディースのお店もあるようだ。高級なセレクトショップばかりかと思いきや、リーズナブルな価格のお店もある。


「さあて。どの店がいっかなー。勇太はリクエストないの?」

「安いほうがいい」

「どんな感じの服が着たいか聞いたんだけど……まぁでも予算もあるし、なるべく安いお店にしよっかぁ」


 英梨は立ち止まり、フロアガイドの冊子を読み始めた。

 手持ち無沙汰になった俺は、何気なく周囲を見回した。


「これだけ服屋が並んでいると圧巻だな……っ!」


 言いかけて、俺は絶句した。

 俺たちが立ち止まった前の店が、ランジェリーショップだったからだ。


 赤、黒、黄色、紫……様々な色の下着を身に付けたマネキンが並んでいる。中にはスケスケのセクシーなものもある。

 なんだあの防御力ゼロのパンティーは……女子って、みんなあんなの穿いているのか?


 恥ずかしさのあまり、視線をそらした。

 ふと英梨と目が合う。彼女はニヤニヤしていた。


「どうよ。好みの下着はあった?」

「ばっ、別に物色してたわけじゃないから!」


 慌てて否定すると、英梨は頬を赤くして上目遣いで俺を見た。


「ねぇ……勇太はあたしにどんな下着をつけてほしい?」


 甘ったるい声が頭の中で反響すると、頬がかあっと熱を持った。


 つい想像してしまった。英梨が黒のセクシーな下着姿で、女豹のポーズを取っているところを……!


「あははっ! 何想像してんだよー!」


 英梨は「勇太いやらしー」と言って大笑いしている。


「お前ぇぇ……わざとランジェリーショップの前で止まったな!?」

「偶然だってぇ。たまたま勇太は下着姿のマネキンに欲情しちゃっただけ。そういうことにしとこ?」

「欲情してねぇよ!?」


 ツッコミを入れると、英梨は再び笑った。


「あははっ。まぁそれはいいとして、あの店に入ろうぜー」


 英梨はとある店を指さした。

 フロアの壁面に面したその店は、他の店よりもかなり広い。メンズ服も多く、ぱっと見そんなに値段も高くなさそうだ。


「わかった……もうからかうなよ? いいか、絶対だぞ?」

「それ前フリ?」

「フリじゃない! 心からの願いだよ!」


 言い返したが、英梨は俺を無視して店内に入っていった。いやなんかリアクションしろよ。悲しくなるだろ。


 英梨は俺の着ている英字の書かれたTシャツを一瞥した。


「下はまぁいいとして、勇太の着ているそのクソダサTシャツを変えよっか」

「クソダサて」


 いやまぁ自分でもオシャレではない自覚はあるけども。


「心配しなさんなって。オシャレは難しくても、無難な服を選ぶのは難しくないよ」

「そういうものなのか?」

「そそっ。英梨ちゃんにまっかせなさい!」


 そう言って、英梨は店内をウロチョロし始めた。何を選べばいいかわからない俺は、英梨にくっついて歩いた。


 しばらくして、英梨は一着の服を手に取った。


「勇太。これなんてどうよ?」


 英梨はシンプルな白いポロシャツを手に取った。胸の辺りに王冠のロゴが入っているだけで、他に目立ったデザインはない。


「よくわからないけど……地味なんじゃないの?」

「勇太さんは派手な服がご自分にお似合いだとお思いで?」

「いや、まったく」


 赤や緑よりも、こういう落ち着いた色合いの服のほうが好きかもしれない。


「オシャレに興味ないなら、無理してオシャレの研究をする必要はないと思う。でも、ダサくない服は研究しなくても選べる。なら、ダサくない服を着たほうがよくね?」

「この白いポロシャツなら、オシャレじゃない俺でも選べるってこと?」

「そそっ。勇太はよくわからないって言ったけど、自分の着ているクソダサTと比べたらマシっしょ?」

「どんだけイジるんだよ……まぁたしかにマシだとは思う。さすがだな」


 さりげなく褒めると、英梨は「でしょー」と言わんばかりに胸を張った。ドヤ顔可愛いけど、なんか腹立つ。


「シンプルな服は他の服とも合わせやすいから着回し楽だよ。そういった意味でも、無難な服を選ぶのは、オシャレにお金かけたくない勇太に向いている選び方だと思うな」

「無難な服を選ぶ……なんか簡単そうだな。今度買うときに参考にしてみるよ」

「いやいや。今度じゃなくて今でしょ?」

「今は英梨に選んでもらった服を着てみたい」

「えっ?」

「いや。だって、英梨が俺のために選んでくれた服だし……ダメだったか?」

「……えへへ。ダメなわけないじゃん。ちょー嬉しいよ」


 英梨は俺にポロシャツを手渡した。


「ほれ。さっさと着てこい、ダサメン」

「ダサメン言うな!」


 英梨に背中を押されて試着室に入った。

 着替えて鏡を見る。

 たしかに英梨の言うとおりだった。オシャレではないが、だいぶマシな格好になったと思う。


 俺はカーテンを開けて、英梨に感想を求めた。


「に、似合うかな……?」

「おー! いいじゃん、マシになったよ!」

「ああ、うん。マシね……」


 褒められているのか微妙な反応だった。

 でも、英梨は嬉しそうに手を叩いている。まぁ悪くはないってことでいいんだよな……?


「英梨。これ買うよ」

「えっ? いいの?」

「うん。自分でも気に入ったからさ。選んでくれてありがとう」

「なっ……なんだよー。照れくさいからやめろし」


 英梨は恥ずかしそうに笑った。


 本音無双したときにも思ったけど、英梨って相手からグイグイこられるの苦手だよな。

 それと面倒見がよくて、優しい。俺が一人で掃除をしていたときも手伝ってくれたし、今も真剣に俺の服を選んでくれた。


 からかわれるのはウザいけど……案外いいヤツなのかも。


「勇太。なーに笑ってんの?」

「いや。なんでもないよ」


 そんなの内緒に決まっているだろ。


 ちょっとだけ、英梨のことが理解できたと思ったなんて、恥ずかしくて言えるかよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る