第3話 雑巾がけレースで本音無双 ~ギャルのおしりを見ていたことは否めない~

 俺の心配は杞憂に終わった。


 予想に反して英梨は真面目に掃除をした。おしゃべりはほとんどせず、テキパキとゴミを集めている。


「勇太。チリトリ持ってきてー」

「わかった」


 俺は掃除ロッカーからチリトリを取り出して、英梨の集めたゴミの前に座った。


 ……てっきり、俺をからかうために掃除してくれたのかと思ったけど、どうやら違うらしい。


「悪いな、英梨。掃除、手伝ってもらっちゃって」

「まーたその話? 悪くないって言ってるじゃんよ」


 にしし、と八重歯を光らせて英梨は笑った。


 英梨のこと、少し誤解していたかもしれない。陽キャとは馬が合わないと決めつけていたが、意外といい子かも。


「勇太、何ぼーっとしてんの。早くチリトリ構えて」

「あ、うん。ごめ……んっ!?」


 俺は顔を上げて絶句した。


 しゃがんだ状態で見上げると、英梨のスカートを覗くような格好になる……今さらそのことに気づいたからだ。


 自然と白くてまぶしい太ももに視線が吸い寄せられる。そして、視線はそのままスカートの裾へと注がれて――。


「どこ見てんの? 勇太のえっち」

「ごっ、ごめんなさいっ!」


 俺は慌てて下を向き、早口で謝罪した。


「あははっ! 謝るの、ちょー早いんですけどぉ」


 英梨の笑い声が上から降ってくる。

 くっ……やっぱり俺をからかうために掃除を手伝ったのか!


「そっかそっかぁ。勇太も思春期の男の子。人並みにえっちだったかぁ」

「言っとくけど、見てないからなっ! マジで!」

「なははははっ! ひ、必死に言い訳してるー!」

「笑うな!」


 俺はチリトリを構えたまま抗議した。

 英梨は箒でゴミをチリトリに入れながら笑っている。


「ごめん、ごめん。そんなに怒んないでよー」

「別に。怒ってはいないけど……いやちょっと怒ったか?」

「あはは。なんであたしに聞くし」


 英梨は箒を掃除ロッカーにしまった。俺もゴミを捨てた後、チリトリを片付けた。


「さーて。次は雑巾がけだね、勇太」

「ああ。さっさと終わらせて帰ろう」

「ねねっ、あれやらない? 雑巾がけレース」


 雑巾がけレース。その名のとおり、雑巾がけの速さを競う競技だ。


 小学生の頃、廊下の端から端まで雑巾がけをするとき、レースをしているクラスメイトを見た記憶がある。俺は当時からぼっちだったので、参加したことはないのだが。


「レースは却下だ。めんどい」

「あ、そうですか。掃除を手伝ってあげている、優しいクラスメイトの提案を却下ですか。恩を仇で返す感じですか。キミってそういう人なんですか。やだー、この人つめたーい」

「お前なぁ……」

「やろうぜー、勇太。意外と楽しいかもだよ?」


 英梨はニコッと笑い、俺の顔を覗き込んだ。

 はぁ……手伝ってもらっている手前、文句は言えないか。


「わかったよ。雑巾がけレースやろう」

「おっ、さっすがー。ぼっちのくせにノリいいじゃん」

「ぼっち言うな!」


 言い合いつつ、俺と英梨は雑巾を洗い、教室の端に並んでしゃがんだ。

 なお、すでに机は教室の後ろに移動してある。障害物は何もない。


「ゴールは教室の反対側。『よーいどん!』でスタート。それでいいか?」

「あいよー。ぼっちの勇太には負けないぜー」

「だからぼっち言うな!」

「あはははっ。ごめん、ごめん」


 笑いながら、英梨はクラウチングスタートのような構えを取り、腰を上にあげた。何気にこいつガチだな……。


「勇太。準備はOK?」

「ああ。いつでもいけるよ」

「じゃあ始めよっか。よーい……」

「「どんっ!」」


 かけ声と同時に床を力強く蹴った。


 スタートダッシュを決めた……と思ったが、英梨のほうが速い。すいすいと前へ進んでいく。


 体一つぶん、英梨が前に抜け出す。

 そのとき、俺の視界の右側は英梨のおしりでほぼ埋まっていた。


 突き出されたおしりが、俺を誘惑するように揺れている。豊かで丸みを帯びた臀部は端的に言ってエロい。


 しかも、スカートの丈がギリギリだった。中が見えそうで見えない。視線を外そうにも、健康的な太もも、きれいな膝裏、ソックスに包まれたふくらはぎ……どこを見るのも憚られる。


 ドキドキしていると、英梨は急に俺の進路に侵入して止まった。ぶつかりそうになり、俺も慌てて止まる。


「ちょ、英梨? レースは?」


 尋ねると、英梨はくるりと振り返った。


「勇太……あたしのおしり見ながら走ってたでしょ?」


 ばっちり気づかれていた。死にたい。


「あ、いや、それは……」

「怒らないから正直に言っちゃいなよ」

「あの……はい。見ました」

「ふーん。えっちじゃん」

「ごっ、ごめんなさい……」

「あたしのおしり見てドキドキしたの? このむっつりすけべ」


 英梨はニヤニヤしながらそう言った。


 責められると余計に恥ずかしい。俺の心臓はばくばくと鼓動を早める。体が熱くなり、なんだか頭がくらくらしてきた。


 英梨は雑巾を床に置いて立ち上がった。さっきのチリトリを持ったときと同じように、俺が英梨を下から見上げている位置関係になる。


「くすっ。そんなに見たいの?」

「えっ?」

「あたしのパンツ。見えるかなーって思ったんでしょ?」


 英梨はスカートの裾を摘まんだ。


「ねぇ。見たい?」

「ばっ、馬鹿言うな! そんなこと、軽々しく言うものじゃ……!」

「あたしね……勇太になら、見られてもいいって思うよ?」


 英梨は頬を赤くして、スカートの裾をゆっくりと持ち上げていく。陶器のように美しい太ももがあらわになる。


 もうすぐ下着が見えそうだ。

 心臓がひと際強く鼓動した。


 いけない。

 このままだと、俺はまた本音で無双してしまう……!


「……ぷっ! あはははは!」


 突然、英梨は笑い始めた。


「嘘に決まってじゃん! パンツ見せるとか変態じゃあるまいし!」

「お、お前ぇ……またからかったのか!」


 俺は立ち上がって英梨を睨みつけた。


「あははははっ! だってぇ、勇太のリアクション面白いんだもーん」


 英梨は俺に顔を近づけて、ぼそっと一言。


「……期待しちゃったの? 可愛いね、勇太は」


 その妖艶な笑みが、本音無双の引き金だった。

 頭の中で何かが弾ける。


「そんなの……期待しちゃうに決まってるだろぉぉぉ!」


 心の制御が効かなくなり、思わず叫んだ。


「スカートひらひらさせて誘うなよ! ここ、誰もいない教室だぞ!? 俺が肉食系男子だったら襲ってるぞ!」

「ふえっ!? お、襲うの!?」

「ああ! 確実に押し倒す! 組み敷く! 覆いかぶさるッ!」

「んなっ……そ、そんな展開、想像してなかったかも……」


 英梨は急にもじもじし始めた。その頬は赤く染まっている。

 俺は英梨に詰め寄った。彼女は俺と距離を取るように後ろへと下がっていく。

 そして、とうとう壁際に追い込んだ。


「もっと自分の可愛さを自覚しろよ。英梨みたいな可愛い女の子に誘惑されたら、普通に我慢できないだろ」

「が、我慢って……ふ、ふーん? 何を我慢してたか言ってみ?」


 英梨はなんとか強がってみせた。

 でも、それも無駄なこと。

 本音無双中の俺に、いかなるからかい行為も通用しない。


 どんっ。


 俺は壁ドンして英梨の顔を覗き込む。


「俺が我慢しなかったらどうなっていたか……今、ここで実演してやろうか?」


 囁くようにそう言うと、英梨の顔がさらに赤くなる。


「んなっ……ゆ、勇太のばかっ!」

「うわっ!」


 英梨に突き飛ばされた俺は、よろめいて後退した。


「勇太はあたしのことからかうの禁止!」

「は、はぁ? どの口が言ってるんだよ」

「うるさい! マジ意味わかんない! ドキドキしちゃうじゃんか、ばか!」


 英梨は俺の胸をぽかぽか叩く。


「いてて、やめろってば」

「勇太のくせに生意気だし! あたしをからかうなんて百年早いんだからね!」


 英梨は「あほー!」と叫びながら教室を出ていった。


 やってしまった。また本音無双で英梨を撃退してしまった。


 あんな言い方されて、嫌な気持ちにさせていないだろうか。英梨、傷ついていなければいいけど……いやちょっと待て。これじゃあ、まるで俺が英梨のことを心配しているみたいじゃないか。


 別に英梨は友達でもなんでもない。たまたま隣の席になっただけ。仲良くする気もないし、積極的に関わりたいとは思わない。心配するなんてもってのほかだ。


 じゃあ、どうして俺は英梨のことを心配しているのか。


 自分でもよくわからないが、これだけは言える。エッチな誘惑だけはやめてほしい。あんなにスタイルのいい子に誘われたらドキドキして、ほぼ確実に本音無双してしまうからだ。


 ふと英梨のセクシーな太ももが脳裏に浮かぶ。


「くっ……俺は絶対に絆されないからなっ!」


 悶々としながら、俺は雑巾がけを再開したのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る