第2話 放課後、ギャルと掃除する

 その後、英梨とは会話をすることなく帰りのHRを終えた。もっと話しかけられるかと思っていたが、どうやら杞憂だったようだ。


 できれば明日以降も英梨と関わりたくないが、そう都合よくはいかないはず。手持ち無沙汰になれば、また俺をからかってくるのだろう。


 少し前までは平和だったのに……全部席替えのせいだ。戻ってきてくれ、俺のぼっち学園生活……。


 俺はため息を飲み込み、帰りの支度を始めた。今日は家に帰って小説の続きを書こうと思う。


 小説投稿サイト「キミも小説家になろうぜ」で連載中の俺の作品だが、正直人気はない。

 だが、ありがたいことに一人だけ熱心な読者がいる。その人は一話更新するたびに感想をくれるのだ。


 その読者からの感想が楽しみで、俺は毎日のように小説の続きを書いている。その人がいなければ、こんなにモチベーションを保つことはできなかったと思う。それくらい、感想は執筆の原動力となっている。


 帰りの支度を終えた俺は、鞄を持って席を立った。


「本戸くん!」


 急に名前を呼ばれて振り向く。

 そこにはクラスの男子が立っていた。名前はたしか山内だった気がする。


「本戸くん! 一生のお願いがあるんだ!」


 彼は両手を合わせて懇願してきた。


「無理。さよなら、山内くん」

「秒で拒絶しないで! あと俺『河内』だよ!?」


 そうだったっけ。まぁ誰でもいいけど、俺の帰宅を妨げるヤツは許さん。


「俺、今週は教室の掃除当番なんだ。そこで本戸くんに相談なんだけど、今日だけでいいから当番を変わってくれないか?」

「は? 嫌だよ。俺は帰る」

「今日、妹の誕生日なんだよ。ケーキ買って帰って、手料理も作って祝ってあげたいんだ……ダメかな?」


 河内は「このとおりだ!」と言って、両手を合わせて懇願した。


 妹の誕生日か……俺にも中学生の妹がいる。彼の気持ちはわからなくもない。


 小説の更新は少し遅れてしまうけど、協力してやるか。


「……わかった。変わってあげるよ」

「マジ!? ありがとう、本戸くん!」

「俺も妹の誕生日にはよくケーキを買ってあげているんだ。河内の気持ちも理解できるよ」

「本戸くん……完全にシスコンだな」

「さっきのナシ。俺、やっぱり帰るわ」

「待って、冗談だってば!」


 河内はすぐに謝り、ペコペコと何度も頭を下げた。


「はぁ……わかったよ。ほら、早く行け」

「うん。ありがとね、本戸くん!」


 俺は河内を見送ったあと、教室の掃除を始めた。



 ◆



「どうしてこうなった……」


 俺は誰もいない静かな教室でつぶやいた。


 おかしい。どうして俺一人で教室の掃除をしているんだ。河内以外にも掃除当番がいるはずだろ。


「おいおい……さては全員バックレやがったな?」


 一人でぶつぶつ文句を言いながら掃き掃除をしていると、教室のドアが開いた。

 顔を上げてドアのほうを見る。

 廊下からひょっこりと顔を出したのは英梨だった。


「よっ」

「うわっ、緋崎英梨……」

「あはははっ! またそのリアクションかよー。ドン引きすんなし」


 英梨は笑いながら教室に入ってきた。


「キミ、一人で掃除してんの?」

「ああ。用事があるヤツがいたから、掃除当番を代わってあげたんだよ」

「あー。河内のことでしょ?」

「そうそう、河内……うん? なんで英梨が知っているんだ?」


 尋ねると、英梨の表情が険しくなる。


「いやねー、廊下で河内が友達と話しているのを聞いちゃったんだよねー。『今日遊びに行こうぜ』って」

「なんだって? あいつ、今日は妹の誕生日だって言ってたぞ?」

「それ、たぶん嘘だよ。河内のヤツ、友達と遊びに行きたいから、勇太に掃除を押しつけたんじゃね?」

「おいおい。騙されたってことかよ……」


 マジかよ。代わってあげて損したわ。


「安心して、勇太。河内が『本戸くんに掃除押しつけちゃってマジ罪悪感だわー』とか言ってヘラヘラしてたから、あたしが処刑しといてあげたよ」


 そう言って英梨は笑った。

 ただし、目は笑っていない。処刑っていったい何をしたんだろうか。怖すぎて聞けないんだが……。


「それにしても、勇太はみかけによらずお人好しだねー」

「『見かけによらず』は余計だ。妹の誕生日だから早く帰って祝ってあげたいって言われて、代わってあげようと思っただけだ」

「そっか……ふふっ。優しいところは昔から変わらないね」


 ……昔から?


 俺と英梨は二年生になるまで面識はないはずだ。昔っていつだろう。一年生の頃に出会っていたっけ?


 そこでふと今朝の話を思い出す。

 英梨は俺と幼なじみだと言っていた。

 俺にそんな記憶はないけど……やはりあの話は本当なのだろうか。


 考えていると、急に英梨は顔を近づけてきた。彼女の頬はほんのり朱に染まっている。


「勇太の優しいところ、好きだよ」

「す、好き!? ななっ、何言って……!」

「あははっ! まーた照れてるし!」


 英梨は「勇太チョロすぎー!」と大笑いしている。


 あぶねぇ。うっかりドキドキして本音無双するところだった。からかってくるとわかっていても、こんなに可愛い子に「好き」とか言われたら動揺してしまうんだよなぁ……。


「ねね、勇太。ドキドキしたっしょ?」

「うっさい。全然だわ」

「へー。顔赤いのに?」

「そ、それは英梨も同じだろ!」


 言い返すと、英梨は照れくさそうに笑った。


「そりゃそうだよ。『好き』なんて言葉、特別な人にしか言わないもん」

「へっ?」


 おい。特別ってどういう意味だ。俺は英梨の特別な人ってことか?


 ……いや違うな。今の発言もきっと俺をからかっているだけだ。俺が特別な存在なわけがない。今日仲良くなったばかりだぞ……って、今のナシ! よく考えたら、別に仲良くなってないわ!


 ダメだ。席替えしてから、ずっと心が休まらない。できるだけ人と関わりたくないのに、英梨とはつい会話をしてしまう。


「掃除、手伝ってあげる」


 そう言って、英梨は掃除ロッカーを開けて箒を手に取った。


「いいよ。悪いから」

「あたしが好きで手伝いたいの。気にしないで。それに二人ならすぐ終わるぜー?」


 断る暇さえない。英梨は手際よく掃き掃除を始めてしまった。


 英梨の真意がわからない。善意で手伝ってくれているのだろうか。それとも、また俺をからかって玩具にするつもりか?


 警戒しつつ、俺も一緒に掃き掃除をするのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る