第1章 ぼっち、ギャルのお気に入りになる

第1話 席替えしてギャルの隣になった

 進級して高校二年生になった、ある春の日のことである。


 六限が終わり、あとは帰りのHRを残すのみとなった。


 授業から解放されたクラスメイトは、席替えの話で盛り上がっている。担任が来たら、HRの時間を使って席替えをすることになっているのだ。


 みんなは楽しそうにおしゃべりしているが、ぼっちの俺に話し相手はいない。俺はスマホを取り出して、ネット小説を読むことにした。


 ネット小説とは、インターネット上で公開されている小説のことを指す。俺は小説投稿サイト「キミも小説家になろうぜ」で連載中の、とある異世界ファンタジー作品にハマっている。


 俺はラノベが大好きで、ネット小説もよく読む。


 アマチュアの小説が数多く投稿されているが、侮ってはいけない。プロよりも上手い文章を書く作家もいれば、商業作品ではお目にかかれない奇抜な設定の話まである。


 しかも、それらが無料で読めるのだ。読書好きの俺からしてみれば、天国のようなサイトである。


 ネット小説にドハマりした結果、俺は自分で小説を書いて投稿するようになった。ペンネームは「本戸勇太」を略して「ホンタ」と名乗っている。もちろん、俺が小説を書いていることは誰にも言っていない。


 ……正確に言えば、趣味の話を熱く語り合える友達がいないだけなのだが。


 寂しさを感じつつ、ネット小説を読んでいると、若い女性の担任がやってきた。


「はーい、静かに。約束どおり、席替えやるよー」


 その一言で教室は歓喜にわいた。近くの女子が友達と手を取り「隣の席になれたらいいね!」とはしゃいでいる。他のみんなも似たような反応だった。


 教室で俺だけが冷めていた。どこの席になろうが、話し相手なんていないのだから関係ない。


 はぁ……これも全部『本音無双』のせいだ。


 担任は黒板に座席表と番号を書き、教室を見回した。


「席はくじ引きで決めます。くじの入った箱を窓際の生徒から順番に引いていってください」


 そう言って、担任は窓際の生徒から順にくじを引かせた。


 歓喜と絶望の声が飛び交う中、俺は新しい座席に移動する。席は窓際の最後列だった。まぁ悪くはない。授業中、こっそり読書をすることができる。


 これで隣が静かなクラスメイトだったら文句ナシだけど……。


「お。キミが隣かぁ」


 可愛らしい声が隣の席から聞こえた。

 ちらりと隣を見る。


「うわっ……緋崎英梨ひざきえり

「あははっ、なんでフルネームだし。ていうか、『うわっ』は失礼なんですけど?」


 何が面白いのか、英梨は楽しそうに笑っている。


 緋崎英梨。一言でいえば、陽キャのギャルだ。クラスの中心人物の一人で、男女ともに人気がある。

 性格は……あまり話したことがないのでわからない。ただ、いつも笑顔で明るいのは好感が持てる。ポジティブ思考の持ち主で、人の悪口なども言わなそうなタイプだ。俺と住む世界は違うが、きっといいヤツなのだろう。


 だが、重ねて言うが緋崎は陽キャだ。賑やかな彼女が隣の席ということは、俺の日常も騒々しくなる可能性がある。


 ……なるべく関わるのはよそう。

 警戒していると、緋崎はニコッと笑った。


「これからよろしく。本戸勇太くん」

「えっ……俺のこと知ってるの?」


 尋ねると、緋崎は目を丸くした。


「……それマジで言ってんの?」

「クラスで一番目立たない俺を知ってるのは不自然じゃないか?」

「そうじゃなくて!」


 緋崎は俺の机を叩いた。バンという小気味のいい音が室内に響く。


「……どうして『幼なじみ』のこと忘れてんの?」

「はい? 誰が誰の幼なじみだって?」

「キミが、あたしの、幼なじみ!」


 待て。俺に幼なじみなんていないぞ。

 しかも、相手はギャル。こんなに派手な子が身近にいたら、忘れるわけがない。


「えっと……人違いじゃないの?」

「はぁ? 人違いじゃないし!」


 緋崎はむすっとした顔でそう言った。


 どうしよう。彼女が嘘を言っているようには思えない。でも、まったく記憶にないんだよなぁ……。


 困惑していると、彼女はふっと笑った。


「ま、いっか」

「いいんかい」

「うそ。よくはないよ。だから……これから時間をかけて、あたしが幼なじみだってこと思い出させてあげる」


 緋崎は「覚悟してよね、勇太」とウインクした。


 なんてこった。いきなり下の名前で呼ばれてしまった。さすが陽キャ。距離を縮めてくるのが早すぎる。


 しかも、「幼なじみだってこと思い出させてあげる」とか言ってくる始末。正直、嫌な予感しかしない。俺の今後のぼっち生活、大丈夫だろうか……。


 不安に思っていると、機嫌を直した緋崎は机を近づけてきた。


「ねね。勇太はなんでぼっちなの?」

「いきなりデリケートなところ突いてくるなよ……好きで一人なんだ。ほっといてくれ」

「ふーん。あたしも一人になりたいときあるけどさぁ、友達と遊ぶのも楽しいぜー?」

「価値観の相違だな。君とは仲良くなれそうもない」

「勇太はヘンクツだなぁ。キミ、なんか淋しそうだから、あたしがかまってあげよう。仲良くしようぜ?」

「緋崎さん。俺の話聞いてた?」

「英梨」

「えっ?」

「キミもあたしのこと下の名前で呼んで?」

「なんでだよ」

「いーじゃん。隣の席になったんだから仲良くやろうよー」


 緋崎は頬をふくらませて俺を睨んだ。


 俺はクラスメイトと下の名前で呼びあったことなんてない。さすがに抵抗がある。ましてや相手は女子。ハードルが高すぎる。というか、単純に恥ずかしい。


「勇太……あたしの名前、呼んでくれないの?」


 緋崎はしゅんとした顔で俺を見つめている。まるで飼い主におあずけをくらった犬の表情だ。


 もしも名前を呼ばなければ、緋崎は俺にしつこく「名前で呼んで!」と言ってきそうな気がする。しかも、彼女は隣の席。毎日のように絡まれるだろう。


 平和な学園生活を送るためだ。めちゃくちゃ恥ずかしいけど、ここは我慢して緋崎に従おう。


「え、英梨……ちゃん?」


 照れくさくて、ついちゃん付けしてしまった。しかも疑問形。余計に恥ずかしくなり、頬がかあっと熱くなる。


 緋崎、もとい英梨は俺の反応を見て吹き出した。


「ぷっ……あははっ! なっ、なんでちゃん付け? 可愛いんですけど!」

「う、うるさいっ! からかうな!」

「ぷぷっ。しかも何故に疑問形?」

「テンパったんだよ! 言わせんな!」

「あははっ! キミは本当に面白いなー!」


 英梨はお腹を抱えて大笑いしている。あまりからかうな。本音がぽろっと出ちゃうだろうが。


「勇太ってイジりがいあるね。今後が楽しみだわー」

「イジらんでいい、イジらんで。とにかく、あまり俺にかまうな――」

「おーっ! かおりちゃん、隣の席じゃーん!」

「話聞けよ!」


 英梨は俺を無視して、右隣の席の友達と会話を始めた。もう嫌だ。ギャルとかいう人種フリーダムすぎる。


 どうしよう。俺の平和なぼっちライフが脅かされる予感しかしないんだが。


「最悪な席になってしまった……はぁ」


 俺は窓の外を見て、盛大に嘆息するのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る