第76話 宿屋の朝

 目が覚めた。


 かなりの寝不足だ。


 夕べは、みなが宿に帰ったあともボンフェラートと酒場で話しこんだ。酒場が閉まってからは、街路樹の下にあった長椅子に座り話した。


 朝方に宿屋へ帰り、ついさきほど寝たような気がする。なのに不思議と目が覚めてしまった。


 となりの寝台ではボンフェラートが寝ている。かなり頭の使う話を長時間にわたって話した。疲れているだろう。


 話した内容は、これからのことだ。国をおこすとは言ったものの、前途多難だ。しかし、策はないことはない。ヒックイト族を巻きこんでもいいし、別で人数があつまれば街を乗っ取ってもいい。


 それにはまず、力をつけることだ。一年二年で成せる話ではない。また、一生をかけて失敗するかもしれない。それでも、不可能ではない。


 ふと気づいた。宿のなかが静かだ。ようすを見ようと起きあがったら、戸を叩く音がする。グラヌスが顔をのぞかせた。


「ラティオ殿、この宿、だれもおらぬ」

「なにっ!」


 廊下に出た。静まりかえっている。


 となりの部屋の戸を叩いてみるが返事はない。開けると、部屋に人はいなかった。そのとなりの部屋も見たがおなじだ。


「旅の異種族らよ、武器を捨て、出てこい!」


 外から声がした。部屋にもどり窓の外を見る。兵士があつまっていた。


 おれらが泊まった宿屋は、街の入口から真っ直ぐ石道を歩いたところにある。四階建ての大きな宿屋で、その四階の角部屋がおれの寝た部屋だ。


 宿屋の正面には、大勢の赤い上着を着た男がならんでいた。腰には剣。王都の兵士だ。そのまわりには見物人もあつまり始めている。


 おれの部屋に仲間があつまった。


「朝からレヴェノアの街は賑やかだ」


 ヒューが人ごとのように言う。


「我らのことに間違いなさそうだが、なんの罪なのだ?」


 グラヌスが首をひねった。


「あの人!」


 窓の外をのぞいていたアトが声を発した。おれものぞいてみる。


 ならんだ兵士の前に、ひとりだけ服とおなじ赤い布の頭巾を被った男がいた。あれが兵士長か。


 いや、アトが言ったのは、そのとなりだ。昨晩に酒場でおれらに注意しに来た酔っ払い。


「なんだ、昨日の話が反乱罪にでもなるのか」


 おれはそう声にだしたが、兵士長らしき男が羊皮紙を持ちあげ、高らかに読み始めた。


「人間族のアトボロス、犬人族のグラヌス、猿人族のラティオ、鳥人族のヒュー、バラールの都より手配書が届いている。速やかに投降されよ!」


 そっちか! あのとき、四人はバラールの保護下になった。バラールの役人に素性は伝えたが、まさかそれが仇になるとは。


 あのグラヌスが切り伏せた宿屋の賊、意外と大物だったのかもしれない。または大物の親族か。バラールが国としておれらを手配するとは考えにくい。上のほうの権力を持つ者による仕業だろう。


「隊長、賞金首になっちまったんですか」


 ドーリクがあきれている。そう、バラールの手配書であれば、賞金がかかっているはずだ。あの兵士長が張り切っているのは、そのためか。


 昨晩の酔っ払いが怪しいやつがいると兵士に告げた。それを聞いた兵士長がバラールからの手配書を思いだした。そんな流れだろう。


「しかし、乗りこんでこねえな」


 威嚇するだけで、乗りこんではこない。不思議に思っていると、それについてグラヌスが説明した。


「あの兵士長は、おそらく実戦が始めてだ。とりあえず兵士をならばせているが、自分なら、とうに半円陣で剣をかまえさせる」


 兵士長が部下のふたりに声をかけた。そのふたりが剣をぬき、慎重に宿の入口に近づいてくる。


「アト、弓だ」


 アトに弓を持たせ三階に走った。三階の真ん中にある客室に入る。


「兵士の足下に矢を刺してくれ。兵士には当てないようにな」


 アトがうなずく。弓をかまえるまで待って、おれは窓に手をかけた。


 窓をあけ、おれがのけると同時にアトが身を乗りだし矢を放った。矢が兵士の足下で跳ねる。


 忘れてた。剣先も刺さらない石畳だった。あのじいさん、たいしたものだ。


 ラウリオン鉱山を思いだす。最初に助けた老犬人は、あの石畳を造った石工だった。


「近寄れば弓を放つ。支度をして出るので二刻ほど待て!」


 窓から怒鳴った。


「二刻?」


 アトが不思議そうな顔をした。


「ああ。近寄るなって脅すだけじゃなく、時間を決めてやれば、それまでは近づかねえ。ほっとけば解決する見込みがあるなら、だれしもそうする」


 なるほどと、アトは納得した。期待を裏切らず、兵士長は石畳のわきにある三角の石像を見にいった。日時計だ。


 おれとアトは四階の部屋にもどった。


「長縄、探してこようか」


 ヒューが提案したが、おれは首をふった。


 さすがに昼間だと綱で降りるのは目立ちすぎる。兵士がならんでいるのは正面だが、建物の裏手にも見張りの赤い服が見えた。


 この宿から周囲の建物までは距離もあり、屋上から綱渡りすることもできない。


 ヒューは、アトとマルカなら軽いので抱えて飛べる。ひとりずつ屋上から逃がし、ほかは四方に一斉に逃げる。それが最上策のように思えた。


「兵士がざっと百。ヒュー、アト、マルカ以外の五人が散り散りに逃げたとして、ひとり二十人か」


 まあ、できないことはない。


「一回捕まって、そこから逃げるという手もあるの」


 ボンフェラートが付け加えた。そう、それだ。どっちが全員の生き残る可能性は高いのか。


 ただし、予想したように個人の私怨による手配書であれば予測がつかない。捕まってバラールへ移送されているあいだに、殺しの使いが来そうだ。


 アトの結んだ唇が白い。長く一緒にいて気づいた癖がある。アトが口に力を入れてきゅっと結んでいるときは、なにか思いはあるが言わないときだ。


「アト、なにか言いたいのか?」


 びっくりしたように少年は顔をあげた。


「なにも」

「嘘つけ。なにか考えてるだろ」


 アトはまた、口をきゅっと結んだ。


「まあ、逃げる方法は限られてる。要は、いま逃げるか、捕まってから逃げるか、そこだな」


 ふいに、グラヌスが背筋をのばす。


「待たれよ」


 グラヌスにみなが注目した。


「昨夜、ここにいる一同は王への忠誠を誓った」


 そのとおり。おれもみなも、うなずいた。


「であるなら、この危機的状況、王の御心を聞くのが筋ではないのか?」


 それは一理ある。


「アト、なにか策などないか?」

「策なんてなにも・・・・・・」

「アト殿、思うことでもいい」


 グラヌスに強い眼差しで見つめられ、アトは居心地が悪そうに、もぞもぞと話し始めた。


「ぼくが思ったのは、なんだか逃げてばかり。どうやったら逃げなくて済むのか、それを考えていただけで・・・・・・」


 それを聞いたマルカが口を尖らせた。


「アト、いや、王様、そりゃあたしら兵士もいないんだから、逃げるしか・・・・・・」

「マルカ、待て」


 猫人娘の言葉をさえぎった。元歩兵の三人が顔を曇らせている。


「アト、なんでそう思う?」

「なぜ・・・・・・」


 アトが考えこんだ。いま聞かなくていい話かもしれない。しかし我らが王と見こんだ少年だ。聞いておきたい。


「上手く言えないけど、ぼくらは国を作ると言った。国ってなんだろう。それを考えて寝れなかった」


 マルカがさらに口をひらこうとしたのを、小さく首をふって止めた。アトはいま、一生懸命、自分の考えを語ろうとしている。


「よくわからない。よくわからないけど、麦の収穫はひとりではできない。村人全員の協力が必要だと、父さんは言っていた。国とはそういうことなのかなと。麦があれば冬を越せる」


 ボンフェラートがゆっくりうなずいた。


「王よ、なにも間違ってはおらん。そのとおりじゃ」


 アトはひとつ大きく息をついた。ボンフェラートの言葉で少し安堵したようだ。


「ラボス村で、ぼくだけが生き残った」


 とつぜんの言葉に、みなが身を固くした。


「父さんも一緒に来ればよかったのに、そう思うことがある。でも、それはちがった。父さんは村長だ。困難から逃げる父さんを見たことがない。王様ってなにかわからないけど、父さんのようになれば、いい王様ではないか」


 アトはおれを見て笑った。


「昨日から、そんなことをずっと考えていただけ。いまの状況とはちがうのも、わかってる」


 おれはうなずこうとしたが、グラヌスが目を閉じているのが見えた。


「なにも、ちがわぬ」


 そうつぶやき、目をあけた。


「イーリク、ドーリク!」

「はっ!」


 名を呼ばれ、ふたりは片膝を立てた。


「我らが王は、言われなき罪で臆することもなければ、敵に背をむけることもない。堂々と正面から街を去る」


 グラヌスは立ちあがった。


「王よ、ためらいなく進まれよ。それを守るは、戦士の役目」

「おお・・・・・・」


 ドーリクも立ちあがった。


「このドーリク、道塞ぐ者あれば、いかなる敵も粉砕してみせましょうぞ」

「言うたなドーリク。指一本、王の身に触れさせば戦士失格と思え」

「はっ!」

「指どころか、跳ね返るひとかけの泥さえも」


 最後にイーリクまでもが立ちあがる。


 なるほど。これで宿から出る方法は決まった。ため息をひとつつき、腹をくくった。正面突破だ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る