第75話 八人の誓い

「軍事行動と申されるか!」


 ドーリクがおどろいている。グラヌスとイーリクも驚嘆の顔を見せた。三人は元歩兵だ。おれの言う意味がわかる。アトとマルカはきょとんとしていた。

 

「ただの偶然ではないのですか」

「ドーリク、きっちり左まわりだ。賭けてもいい。次はウブラ国の南がやられるぜ」


 ドーリクが大きな顔のひたいにしわを寄せて考えている。


「ウブラ国の仕業で、アッシリアを狙っているのでは?」

「それも考えにくい。それなら、歩兵のいるコリンディアなどを狙うはずだ。ここまでまわりくどいのは、もっと大きな獲物を狙っている」


 くそっ。言いながら反省した。ギアナ村が襲われた時点で気づいてもよかった。アッシリアは他人の国。そんな気分でいたからか。


「ラティオ殿、ではグールのねらいは村々ではなく」

「そう、ねらいはテサロア地方全土」


 みなが地図をながめた。


「ラティオ、なぜ、王都をねらわない?」


 アトが不思議そうな顔をする。おれが答える前にグラヌスが答えた。


「それは常套手段なのだ、アト殿。大きな国を相手にする場合、いきなり中央を攻めても国力がある。それを削るには、外への道をまず潰す」


 がたっとイーリクがイスを鳴らした。思わず立ちあがろうとして、やめたようだ。


「どうした、イーリク」

「では、アッシリア国とウブラ国を戦わせようとしたのも・・・・・・」


 おれは即答しなかった。それも、さきほど考えた。国力を削る手段のもうひとつ、内戦だ。それでも、そこに結びつけるには早急すぎる。


「まあ、それはわからねえ。しかし、この地がねらわれてるのは確かだ」

「なるほど、のんきに犬人と猿人で戦争をしている場合ではないのだな」


 グラヌスが自嘲的に笑った。


「みんなで力を合わせようよ! ぼくらみたいに」


 アトの言葉に、マルカ以外が見あった。マルカは異国人だ。ここの歴史は知らない。


「それは難しい」


 グラヌスが唸るように言った。その言葉は正しい。アッシリアとウブラが手を結ぶのは無理だ。


「でも、グールなんて、みんなで止めないと無理だよ!」


 アトの言うことも正しい。だんだん腹が立ってきた。十五の少年がわかることが、大人のほうがわからない。アトが、おれの目をのぞきこんできた。


「ラティオ、どうする!」


 おれに聞くな! そう怒鳴りたかった。昔から自分でも人より頭は切れる、そう思っていたが、これは手に余る。


 一連のグール騒動にある本質に気づかなかった。それだけでも腹立たしいのに、気づいても、どうにもならない。


「ラティオ!」

「うるせえ!」


 おれは思わずテーブルをつかみ、ひっくり返した。


「よそ者が、なに騒いでんだ」


 地元の者らしい酔っ払いが近づいてきたが、大男のドーリクぬっと立つと去っていった。


「ちょっと、お客さん!」

「申し訳ない。いま片づける。酔いの席の口論だ」


 女主人が心配そうな顔で駆けつけてきたが、グラヌスの言葉に帰っていった。


 みなでテーブルをもどし、床に落ちた皿を拾う。


「・・・・・・すまねえ。かっとなった」

「まあ、気持ちはわからんでもない」

「食ったあとで良かったです」


 グラヌスとドーリクに慰めなんだか、一応の言葉をかけられたが、ボンフェラートは椅子に座ったまま、自分の服にかかったパン屑をはらった。


「怒ることもなかろう。手がないわけでもない」


 おれは拾った皿を重ね、女給にわたした。立ったままボンフェラートを見おろす。


「おい、ボンじい」

「そうなのか、ラティオ殿!」


 グラヌスが期待のこもった目で、おれを見た。


「手なんてねえだろ」

「そうかの。とうに気づいておるじゃろうに。おそらくイーリクも」


 みなが一斉にイーリクを見た。イーリクも椅子に座ったまま、しかも服にかかったパン屑をはらいもせず、うつむいていた。


「イーリク、なんなのだ、テサロアを救う手立てとは!」


 細身の精霊戦士は答えなかった。


「ラティオ殿、自分にはわからぬ、教えてくれ」


 みなが、おれを見ていた。


 おれは壁に貼ってあった地図を力任せに外した。止めてあった小さな釘が弾け飛ぶ。そして片づけてなにもない机の上に叩きつけた。


「新しい国を作っちまう」


 みなが息を飲んだ。おどろかなかったのは、ボンフェラートとイーリクだけ。


「無茶を申すな、ラティオ殿!」


 グラヌスの言葉に、ボンフェラートが腕を組んだまま、ゆっくり口を開いた。


「無茶かの。アッシリア国は現在、何代目かの王じゃ。その前にはアッシリアという国はない」


 そう、そしてそれはウブラ国もおなじだ。なにも世界の始まりから国があったわけではない。


「国を作るなど、いったいどうやって・・・・・・」

「それはな、太古の昔から変わらねえ。人の集団があり、そこの王様が国だと名乗れば国だ」


 近年で言えばバラールがいい例だ。あそこは自治領となっているが、実質ウブラ国とは別の国になっている。


 おれは腕を組み、息をひとつ大きく吐いた。


「しかし、ボンじい、それは誇大妄想だ」

「そうかの。お主、その程度だったかの」


 この老賢人は、ヒックイトの里に来てすぐ、おれに目をかけてくれた。なにを見込まれたのか不明だが、あらゆることを教えてくれた。


 そして腹が立つことに、おれは心の底では不可能だと思っていない。見透かしたような目で、ボンフェラートはおれを見る。


 腹をくくれ。そう言いたいのか。しかし・・・・・・


「おれはいいぜ。ここの生まれだからな。しかし、ボンじいはちがう。それでも王に忠誠を誓い、命を賭けるのか?」


 ボンフェラートは口を閉ざし、しばらく動かなかった。そしてゆっくり、顔をあげた。


「そう長くもない老い先じゃが、よかろう。この老木ろうぼく、テサロアの土となろう」


 ボンフェラートは立ちあがり、机の地図の端にそっと手を置いた。


「おお・・・・・・」


 感嘆の声をあげ、立ちあがったのはドーリクだ。


「なにやら武者震いがしてきますな」


 ドーリクも地図の端に手を置いた。


「イーリク」


 おれは秀才と認めている犬人の名を呼んだ。


「私のような者が、いかほどのことが・・・・・・」

「イーリク! どうするかと聞いている」

「誓う。誓います。子供のころから理想の国とはなにか、それを考えてきました」


 イーリクは震える手を地図の端に置いた。やはり、この犬人はおれと考えが似ているらしい。おれも子供のころに考えた。


「マルカはどうする?」


 猫人の娘は両手で胸を押さえていた。


「胸が苦しい」

「無理しないでいいぜ」


 猫人の娘は怒った顔でおれを見た。


「わかってる! あたしそんなに馬鹿じゃない。みんなが話している意味も、その夢も」


 マルカは地図の端に手を置いた。


「なら、決まりだな」

「おお、ラティオ殿、このグラヌスには聞かぬのか!」

「おめえはいいだろ、どうせ決まってんだから」


 しかしグラヌスは立ちあがり、背筋を伸ばした。


「このグラヌス、戦士として、この身を王の盾とし敵を討ち滅ぼさん!」


 グラヌスが地図に手を置く。あいかわらず大げさだぜ。


 そしておれも地図に手を置いた。


「なにから始めるか、なにも決まっちゃいねえが、これで行き着く先だけは決まったな」


 アトが立ちあがる。


「ぼくも誓うよ。なにができるか、わからないけど足を引っぱらないようにする!」


 みなの口が、ぽかんと開いた。


「アト、話を聞いてたか?」

「聞いてたよ」

「ぬぅ・・・・・・」


 ドーリクが唸って大げさに腕を広げ、天を仰いだ。


「国を作るなら、王が必要だ。それが一番手っ取り早い」

「うん」

「だから、みな、王に忠誠を誓った。わかるか?」

「わかるよ。ぼくも忠誠を誓う!」

「アト、自分に忠誠は要らない」


 アトの動きが止まった。そして、みなをゆっくり見る。


 じりじり後ずさり、椅子に引っかかって倒れた。


「おい、アト!」


 腕をつかんで立たした。


「おかしいよ! グラヌスかラティオがやればいい」

「それではだめだ。お前でないと」


 みながうなずいている。


「アト殿、そもそも簡単なこと。この八人をつなげたのはアト殿です」


 イーリクが言った。そう簡単なことだ。八人という異種族がつどっているのは、アトなんだ。なんで本人がわかってねえんだ!


「乾杯のころあいかな」


 いつのまにか、ヒューが麦酒を八つも抱えて帰ってきた。


「ヒューもそれでいいか?」


 少し鳥人は考えた。


「危なくなったら逃げる」

「それ、アトを連れてだろ」

「おお、よくおわかりで」


 この鳥人の考えることは、わかると言えばわかる。いや、訂正しよう。さっぱりわからん。


「なら、乾杯するか」


 おれは麦酒の杯を持った。


「こういうとき、かける言葉は決まってますな」


 ドーリクが自慢げに杯を持って胸をそらした。


「ほう、なんて言う?」


 大男の犬人は、自分の背丈の半分ほどしかない少年をむいた。


「我らが王に」


 それはいい。おれもアトにむけて杯を掲げた。


「我らが王に」


 みなが口をそろえ酒を口に入れた。アトはそれを見ていたが、やがてあきらめたのか、ぐいっと杯をあげ、にがみに顔をしかめながら飲んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る