第74話 ヒキガエル亭

 レヴェノアの街にある酒場の一角に陣取った。


「ヒキガエル亭」


 というなんとも変わった酒場だ。


 この店を選んだのは人が少なかった。それに尽きる。おれたちは異種族ばかりの一団だ。目立ちたくはない。


 店内は年期の入った黒ずんだ木目板の壁でおおわれ、おなじく年期の入った食卓机がならんでいた。


 店は外から見るより広く、壁ぎわの階段をあがれば中二階もある。しかし店内に客はまばら。


 その中二階の下になる奥まった席の食卓机に座った。


「変わった旅の一座だね。なんにする?」


 この店の女主人らしき婦人だ。適当に料理と麦酒ビラを頼んだ。


 おれは、あらためて座った面子をながめる。


 アト、グラヌス、ヒュー、イーリク、ドーリク、ボンフェラート、マルカ。そしておれ、ラティオの八人。みな怪我もなく無事にもどってこれた。


 あのあと、廃坑から山すその村へ帰ると馬車が数台来ていた。聞けば、領主が手配したらしい。


 三人の赤子と助けた村人は、領主の使いにすべて任せた。赤子の親は、よそ者のおれらが探すより領主が探したほうが早いだろう。


 ただし、連れ帰った三人の赤子のうち、ひとりは母親がいた。坑道に逃げた村人のひとりだ。


 グールが村を襲う騒乱のなか、消えた我が子はグールに喰われたと思っていたらしい。


 我が子を抱きしめ、母親は泣き崩れた。


 あれ以上、廃坑を探しても赤子が見つかるとは思えない。おれたちもレヴェノアの街まで帰ることにした。


 今晩はレヴェノアの街で宿をとり、明日にソロア村でいいだろう。みな疲労困憊だ。


 そしてソロア村の村長に報告した後、どうするか。まだなにも決まってない。


「はいよ、麦酒ビラが八つ」


 考えに沈みかけたとき、女主人の声で我に返った。


 女主人は太い腕で、大きな陶器の杯を八つまとめて取っ手でにぎっている。


 どんっと少し乱暴に女主人は置いた。なみなみと注がれていた麦酒ビラが少しこぼれる。


 ひとつを手にとり、口へ運んだ。


乾杯ベルスラン


 横にいたグラヌスが杯を掲げ、優しく言った。おれの故郷ヒックイト族が乾杯のときに使う言葉だ。


乾杯ベルスラン


 おれも杯を掲げ返し、一口飲んだ。


「・・・・・・うめえな」


 思わず声が漏れた。このアッシリア国に来て麦酒を飲む機会に恵まれたが、そのどれとも味がちがった。ここの麦酒は香ばしさが強い。


 ほかの仲間もおなじように感心した顔で二口目を飲んでいる。アトとマルカだけは少し口をつけただけだ。


「レヴェノア産の大麦でつくる麦酒だよ。美味おいしいに決まってる」


 だれかと思えば、おれのうしろで女主人が腰に手を当て立っていた。なるほど大麦か。ほかの地域で飲む麦酒は、小麦だった覚えがある。


「まあ、麦酒も美味しいけど、うちの旦那がつくる料理のほうが美味しいよ」


 それはどうだろう。まばらな客を見る限り期待はできない。


「ほら、最初のが来たよ」


 店の女給らしき犬人の娘が大皿を運んできた。皿には骨のついた肉と、ごろごろと丸のまま野菜を焼いたものが載っている。


 女主人がそれを小皿に取り分けた。肉は牛のあばら肉のようだ。手で持ち一口かじる。


「これは、うまい」


 おれの代わりにグラヌスが声を漏らした。


 そう、うがって見てしまったが、女主人の言うとおり料理はうまい。あばら肉は塩と香辛料だけかけているが、青々しい香りが少しする。


「木の実油か?」


 女主人が感心したように腰に手を当ておれを見た。


「あんた、猿人なのに鼻がいいね。そうだよ、木の実油をかけて火釜で焼くのさ」

「火釜?」

「パンを焼いたりするのとおなじ釜さ」


 なるほど。野菜も食ってみたが、いい焼け具合だ。野菜も木の実油の風味がした。


 食べていると、ほかの料理も来た。パンもここの大麦でつくるらしく、色の濃いパンだった。ひとつの大きさは人の頭ほどある。


 ほかに玉葱と牛肉の炒めたもの、刻んだ無花果いちじくと数種のゆで豆を混ぜたものなど、どれもうまかった。


 皿の料理は飛ぶようになくなっていく。運ばれていくさきは、主にグラヌスとドーリク、ふたりの口だ。


「こりゃ、追加が必要だ。用を足すついでに頼んでくるぜ」


 おれは席を立った。酒場の外に手洗い場があったはずだ。行きがけに女主人に声をかけ、店を出た。




 用を済ませ店に入ろうとして見あげた。銅板の看板が入口の上にある。ヒキガエルの絵だ。


 この店、料理はいいのに客が少ないのは、この名前が原因の気がする。あとは古い木目の壁が長年のパイプの煙に燻され黒ずんでいる。そのせいで店内の雰囲気が暗かった。


 店に入り席にもどろうとしたら、厨房の入口から男がじっと見ていた。見ている方向は、おれたちの席だ。


「店主、どうかしたかい?」


 歳は四十あたりに見えたので、店主と予想して話しかけた。


「ああ、あの旅の一座がな」


 異を唱えなかったので、やはり店主か。つまりあの女主人の夫、うまい料理を作った本人か。


 店主は小柄だが、顔はドーリクのようにいかめしい男だった。それが腕を組み、おれらの席を見ている。なにかやっただろうか。


「子供がかなり疲れている」


 子供? アトかマルカのことだろうか。


「男のほうか、女のほうか」

「少年だ」


 なら、アトか。あまり普段とは変わらないように見える。


「ここから見てわかるのか?」

「いや、さっき追加の料理を持っていったところだ」

「ほう、やつれでもしてたか」

「そうじゃねえ。肉に手をつけてねえ」


 肉? 思わず首をかしげた。


「あの歳の子が肉を食わねえなんざ、あり得ねえだろがい」


 なるほど。それは正しい。思えばアトが弱音を吐いたのを見たことがない。言わないだけで、体はまだ少年。闇の精霊と戦ったんだ。身も心も疲弊しているのかもしれない。


「意外なことだがな、店主」

「なんでえ」

「あそこの全員が、まとめて少年に命を助けられたとしたら、信じるかい?」


 店主はおどろきの顔で、おれを見た。話は本当だ。アトがいなければ、あの闇の精霊に勝てなかった。


「あんた、お仲間かい」


 おれはうなずいた。


「なんだ、だらしねえ。まわりの大人がしっかりせにゃ」

「まったくもって、そう思うぜ」

「ちょっと滋養のつくものでも作ってやる」


 店主はそう言って奥に消えた。


 席にもどり食事をつづけると、女主人が皿をもってきた。


「うちの旦那が持っていけってさ」


 皿をアトの前に置いた。入っていたのは麦粥だ。


「ぼくに?」


 不思議そうにアトが聞いた。


「アト、おれの家で米の汁が好きだったろ。代わりに頼んでおいた」

「ありがとう」


 適当に誤魔化した。アトが木のさじで一口飲むと、目を輝かせた。


「おいしい」

「うちの旦那が秘蔵してた飛びきりの蜂蜜を使ってたよ」


 あの店主、顔はいかついが心は繊細なのかもな。

 

 アトが麦粥を食べ終わるころには、みなの食事も一段落した。いや、ドーリクはまだ食っているか。


 おれは麦酒を飲みながら、壁に貼られたテサロア地方の地図をながめた。さて、これからどうするか。


「ソロア村へ行き、そのあとはどうしますか?」


 イーリクが口をひらいた。やはり、そこを思うか。


「我が家に来ていただいて問題はありませんが」


 フーリアの森か。それも悪くはない。しかしアッシリア国ってのは大丈夫なのか。この南にある鉱山までグールに襲われた。これでほぼ全土だ。呪われてるとしか思えない。


 いや、待てよ・・・・・・


 おれは壁の地図を見つめた。まず始めにラボス村。そのあとペレイアの街。次にギオナ村。


 そして、あの鉱山窟だ。


「なんてこった・・・・・・」


 おれのつぶやきに、みなが注目した。


「どうした、ラティオよ」


 ボンフェラートに壁を見ろとあごで示す。


「ふむ。この地方の地図じゃな」

「ボンじい、グールが出た順を追ってみろ」


 指で追っていき、ボンフェラートが止まった。気づいたか。


「ラティオ殿、言われている意味がわからぬ」


 グラヌスが聞いてきた。


「北から順に、この地方から外に出る街道の拠点。それを潰している」


 グラヌスは地図を見て、指を差した。


「そうか、アッシリア国外に出る街道だな。たしかに北の果てはペレイア。西の果てはギオナ村か」


 グラヌスはまだ感づいてない。


「わからねえか。これはな、もう軍事行動だ」


 おれの言葉に、みなが動きを止めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る