第71話 坑道に降る陽の光

 坑道を九人で奥へ奥へと進む。


 まるで迷路だ。分かれ道が何度もくる。少しさきを確認し、一番大きな道を選んで進んだ。


 しばらく真っ直ぐな穴がつづくと思っていたら、ふいに穴をぬけた。また大きな空洞だ。この広間は明るい。上を見あげると、それほど大きくはないが縦穴が掘られていて空が見えた。換気穴か。


 換気穴から陽の光が入るので、広間は明るかった。


「ラティオ殿」


 グラヌスがおれを呼んだ。犬人の戦士が剣をかまえて近寄っているのは、木の扉だ。


 坑道のなかに木の扉。物置だろうか。扉は少しあいている。


 近寄っていくと、隙間から人の足が見えた。倒れている。扉をそっと押した。


 やはり物置部屋だ。木の棚が壁に沿って置かれてある。棚に物はなかった。代わりに男が三人倒れている。どの死体もはらわたが喰われていた。殺したのがグールなのは明らか。


「旅人か」

「いや、盗賊だろう」


 おれは死体の服装を見た。


「粗末な服のわりに、腕輪や首飾りをしている」


 床に剣とランタンも落ちていた。この部屋に逃げようとして、扉を閉めるのが間に合わなかったか。


 アトやマルカに見せて気持ちのよいものではない。おれは扉を閉めた。


「ラティオ、そのなかは・・・・・・」


 アトが聞いてくる。


「男が三人死んでる」

「そうか、気の毒に。運びだして埋葬してあげたいけど、いまは無理だね」

「いや、おそらく盗賊だ。ほっときゃいい」


 気の毒どころか、腹立たしかった。こいつらが潜りこまなけりゃ、グールは近くの村を襲わなかったかもしれない。寝た子を起こしたようなもんだ。


 しかし、これまでのグールと行動がちがう。いままでのグールは人の村を襲い、どこかへ去っていった。フーリアの森では池に巣くっていたが、あれは一匹だけだ。群れからはぐれた特殊な一匹のような気がする。


 これは、このまま進むべきなのだろうか。どうも嫌な予感がする。


「この奥から、かすかに音がするな」


 グラヌスが剣をかまえ、横穴のひとつをにらんでいる。おれは聞こえなかった。犬人は猿人より耳がいいとされる。なにかがいるのか。


 しかしその横穴は、ほかより幅が狭い。奥にのびる道とも思えなかった。


「おれとグラヌスで行こう。ほかはここで待っててくれ」


 グラヌスは剣を両手で持ち、腕を引いてかまえた。いつでも刺せれるようにか。なら、うしろのおれがランタンを持つ。


 ふたり縦にならび、横穴に入った。ゆっくりと進む。それでも音は聞こえなかった。


「グラヌス、どんな音だった?」


 声を抑えて聞いた。


ひずめが岩にあたるような音だ」


 こんな地底の坑道で蹄の動物などいるだろうか。


「馬かな?」


 うしろから声が聞こえた。


「おい、アト」


 声を押し殺して怒った。


「ヒューが行きたいなら行こうって言うから」

「その通り」


 ヒューの声も聞こえた。鳥人野郎め。いや、野郎じゃないのか。あの女郎、自分が行きたいだけじゃないのか。


 しばらく進むと、前方が明るい。それに、なにか音がする。おれは手に持っていたランタンの灯りを吹き消した。


 狭い横穴が終わり、急に視界がひらけた。天然の洞窟だ。自分の背丈をはるかに超える巨大な岩がむきだしで積み重なっている。


 天井の岩と岩とのあいだから、陽の光が差していた。なにか音がすると思ったら、小さな川が流れていた。地下川ちかせんか。


 かっかっ、と蹄の音がした。四人が瞬時に身構える。洞窟の隅、岩の陰に大きな生き物。寝そべっている背中が見えた。まがまがしく鋭く生えた角もある。


 形としては水牛だ。アトの話で牛の形をしたグールがいたと聞いた。水牛は寝ている。ゆっくりと近づいた。


 しゅっと素早く動いたのはグラヌス。いや、アトもか!


「だめだ、グラヌス!」


 アトの叫び。おれも動く。間に合った! 剣と剣がぶつかった甲高い音が洞窟に響いた。瞬時に体が動いたのはまぐれに近い。


 寝ている牛に剣をふり下ろしたのはグラヌス。そこにアトがなぜか両手を広げ立ち塞がった。おれの伸ばした剣で、グラヌスの剣はアトの頭上で止まった。


 あらためて寝ている牛を間近で見て、目を疑う。牛は雌牛だ。大きな乳がある。その乳を子牛が飲んでいた。その横、人間の赤子が三人。


 雌牛がふり向いた。つぶらな黒い目。グールような獰猛さは微塵も感じられなかった。


 アトがしゃがみ、雌牛に手をのばす。


「おい、アト!」


 人間の少年は気にせず雌牛の首をなでた。雌牛は気持ちよさそうに、もたげていた頭を地面にもどす。アトが尻尾の付け根をかいてやると、つぶらな瞳を閉じた。嘘だろう、寝たのか。


 人間の赤子は牛の乳をにぎったまま寝ているようだった。アトが回りこみ赤子をそっと抱きあげる。おれはあわてて剣を腰にもどした。赤子を受け取る。それをヒューにわたした。


 もう一人の赤子も受け取る。乳を飲んでいた子牛が乳を離し、アトを見つめた。アトが子牛の首筋をなでてやると気持ちよさそうにし、また乳を飲み始めた。


 アトが最後の一人を抱えて立ちあがる。おれも赤子を抱えたまま、ゆっくりと後退した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る