小話3話 ゲルク 出発のあと

 息子のドーリクたちが出発し、もう数日経つ。


 元気でやっているだろうか。冬のあいだ、息子たちと過ごす日々は思いのほか楽しかった。


 異種族の集団を連れてきたときは肝を冷やした。あやしげな集団だとも思った。それが、この森の英雄だ。見た目というのはあてにならぬ。


 家の木戸を叩く音がした。もう夜ふけだ。妻はさきに寝ている。こんな遅くに何用だろうか。


「ゲルクよ、ニュンペー様はご不在か。木の上の家におられぬ」

「息子と一緒に旅立った。もうずいぶん前ぞ! どうかされたか」

「酔うて小便に出たら、こけて足首をひねっての」


 なんだ、そのようなことか。


「足を固定し、しばらく安静にされよ!」

「むう、そうするか」


 なにやら、ぶつぶつ言いながら帰っていった。


 猫人のマルカは残ればよかったのに。犬人のオフネとオネの兄妹はイーリクの祖母が面倒を見ている。イーリクの話だと、祖母はコリンディアの街にいたころより、人が変わったように元気になったそうだ。


 それを言えば、息子も含め、みな残ればよかった。この森なら食うには困らない。


 木戸が叩かれた。またか。


「ゲルク殿、遅くにすまぬ」


 耳を疑った。その声は旧友の声だ。木戸をあけ、家に招き入れた。


「遠くから大変だったでしょう」

「すまぬ。野宿して翌朝とも思ったのだが」

「水くさい。先の大戦では、新兵の私が世話になりっぱなしだったではありませんか!」


 旧友は、私よりずいぶん年上の犬人だが、かつてあったアッシリア国とウブラ国の戦いで知り合った。戦争が終わってからも、たまに私を訪ねて来てくれる。


「しかし、久しぶりです。最後に会ったのは、もう五年は前でしょうか」

「十年になる。前の仕事を辞めて、遠くまで歩かぬようになったのでな」


 そうだ、手紙を運ぶ仕事していた。そんな話を聞いたことがある。


「それで、十年ぶりに何用です?」

「うむ。近くまで来たのでな。なにやら、フーリアの森が大変なことになっていると聞いた。心配になっての」


 昔から優しい男だった。それは年老いたいまでも、変わらないのか。


 私は、この秋から冬にかけての話をした。息子が帰ってきて、その仲間たちがグールを退治した話を。


「そうか、では、いまはフーリアも安泰か」

「ええ。一冬超えるころには、話が伝わったのか、避難していた者も帰ってきております」


 旧友は白くなったあごの毛をなでた。年をとり、昔にくらべほほが痩せた気がする。


「いま、ご子息たちは?」

「それが、不可解なことが南の村々で起きてるそうで。グールを退治した話をどこかで聞きつけたのか、助けを請われましてね」


 旧友は目を細めた。


「さらに南か・・・・・・」

「どうかされましたか?」

「いや、聞いた話だと、猿人もいたと聞く。遠くまで旅をするものだと感心した」


 それを言うなら、旧友のほうだ。


「その歳で、ここまで来るほうが感心しますよ。健脚ぶりは健在ですね。どこでしたか、住まいは・・・・・・」


 思いだそうとして、思いだせなかった。それを見て旧友が笑う。


「ペレイア。厳密には、その近くの農場だが」

「そうそうペレイアでした。今日は泊まっていかれるでしょう、ヤニス殿」


 老犬人はうなずいた。


「惜しいな。息子がいたら、会わせたかった」

「このあと、わしは奇遇にも南へ下る。会うかもしれぬ。伝言でもあるか?」


 伝言か。そう言われてもなにも思いつかない。


「特にないですね。隊長とアトに迷惑をかけぬようにと」

「ほう、アトとな」

「はい、人間の子なんですがね、まあ、気立てのよい少年で」

「ほう、人間とな。聞きたいな」

「望みとあらば、いくらでも。しまった、酒が切れてる」

土産みやげ麦酒ビラを持ってきた。これでよければ」

「さすが、ヤニス殿」


 旧友と酌み交わす酒は、いつでも楽しいものだ。


 いや、こうして楽しめるのも、息子を含め八人のお陰。


 私はあらためて心のなかで八人の姿を思い浮かべ、感謝するとともに、旅の安全を心より願った。




 小話3話 終


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る