第61話 ニュンペーは眠る

 森のなかでも比較的に大きな家だった。


 ボンフェラート、ヒュー、イーリクの三人は森の民が寝台ごと運んでくれた。


 大きな部屋でも、大男のドーリクは目立つのですぐわかった。家主の男と話している。それからこちらに来た。


「隊長、三人は森の民が交代で看病するとのことです」

「それは申しわけないな。自分が残ろう。みなは休んで・・・・・・」

「いえ、英雄がたは休んでくれ、というのが森の民の願いです」


 英雄? 横にいたラティオと見あった。


「そりゃ、森を救ったんですから。父もおだてられて、ほれ、あの通り」


 ドーリクがあごで示すほうを見る。部屋の隅で男たちが酒盛りをしていた。その輪のなか、みなから酒を注がれ顔を赤らめているのは父のゲルクであった。


「まあ、イーリクとドーリクの地元だからな。なにも心配はねえか」


 ラティオの言うとおり、心配はないだろう。三人も意識はもどり、寝たり起きたりを繰り返している。


「それに、ニュンペー様も任せてくれと」


 ニュンペー? 一瞬、意味がわからなかったが、マルカのことか。あの子も疲れ果て寝台のひとつで寝ていた。


 ニュンペーとは、伝説上の森の守り神だ。姿は歌と踊りが好きな若い娘と言われている。なるほど、あの火の精霊による癒やしは、たしかに神々しい見た目ではあった。


 森の民が、あの子を本気で神とは思っていないだろう。だが、ねぎらわれているのは間違いない。異国、犬人の国でそれはいい出会いのような気もする。


「では、ご厚意に甘えよう」


 家から出ようとすると、森の民から感謝の言葉がかけられた。手を挙げて応えておく。


「皮肉なものだな」

「なにがだ、犬っころ」


 帰りながらラティオと話す。


「アッシリア国にグールがあらわれた。こんなときこそ歩兵隊の出番なのに。そういきどおりを感じていた」


 ラティオがうなずく。


「なのに、軍ではないところで、民を救っている」


 ヒックイト族の猿人は笑った。


「おかしいか。ラティオ殿から見れば、愚かな国に見えるかもしれん」

「いや、ウブラ国も変わりゃしねえ。お前らしいと思っただけよ」


 そうか、猿人の国も変わらぬか。うまく行かないものだ。


「おい、そういや、アトは?」


 そう言われれば、途中から姿を見ていない。


「アザミの根を採りに行ったのではないか? 自分が探して連れ帰ろう」

「ああ、では頼む。おれはさきに帰って寝るよ」


 ラティオと別れ、森を歩いた。アザミはたしか森の南側と言っていた。南に野原があるらしい。


 だが、野原に着く前にアトを見つけた。林のなかに倒れている。


「アト殿!」


 駆け寄ろうとして足を止めた。胸はゆっくり上下している。寝息もかすかに聞こえた。寝ているだけなのか。


 起こさぬよう音をたてず歩いた。


 近寄ってみて、なにをしていたかわかった。弓だ。寝ているアトのそばに五つほど弓が落ちている。


 戦いがあった今日で練習をするのか。あいかわらず頑張りすぎる。弓を放った成果を見ようとふり返り、思わず動きが止まった。


 九本。ここから囲まれたように半円の方向で九本の木。そこに無数の矢が突き立っていた。


 今日の敵、九頭の蛇。


 無数の矢が突き立っているだけではない。それ以外にも矢が刺さった跡がある。いったい、ここで何回の練習をしたのか。


 心がざわつき、さきほどの家にもどった。


「隊長、どうしたんです?」


 ドーリクが話しかけてくる。


「南の林でアトが寝ている。おぶって連れ帰ってくれるか」


 ドーリクはうなずいた。家の壁に剣がかけられているのが見えた。鞘に入った剣で、鞘についた革紐で壁に吊している。


「その剣、借りてもよいか?」


 自分が見ている剣をドーリクも見た。ドーリクが家にいる森の民のだれかに声をかける。使ってもいいようで、ドーリクは壁にさげられた剣を鞘ごと取った。


「なにするんです?」


 なにをするのだろうか。剣をにぎりたかっただけだ。


「夜警をしてくる」


 ドーリクは少し首をかしげたが、戦いのあとに夜警をするのは歩兵では基本だ。剣をもらい、家を出た。


 とくにあてもなく、森のなかを歩いた。今日は月明かりがあり、歩くのは楽だった。


 歩いても気は晴れない。どこかで剣の素振りでもしたくなった。


 気がつくと、今日戦った池まで歩いていた。あの戦いの狂騒はどこにもなく、生き物の気配もなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る