第60話 もどらぬ三人

 倒れたイーリクを背中に背負い、森の道を駆けた。


 おなじく意識のない長身のヒューは、大男のドーリクが背負っている。ボンフェラートはラティオが背負っていた。


 以前にボンフェラートは、精霊を三つ合わせてはならない、そう言った。それなのに、精霊を使える三人は最上級獣アモングールにむけて放った。


 最上級獣の九頭の蛇ヒュードラは倒せたが、禁じられた精霊の合わせ呪文によって放った三人の意識はない。


 イーリクの家が見えてくる。家の前に大勢の森の民がいた。グールの退治にでた我らが気になったか。


「敷物を三つたのむ!」


 あつまっていた人が急いで家に入り、ありったけの敷物を持ってくる。そこに三人を寝かせた。


 なにも外傷はない。だが、ぴくりとも動かなかった。肌色だった猿人ボンフェラートの顔は、精気がなく土気色になっている。


「ドーリク、どうした!」


 父親のゲルクが息子にたずねた。


「池のグールは、九つの頭を持つ化け物だった。三人はやっちゃいけねえ呪文を使った」


 ドーリクは横たわる幼なじみの横に膝をついた。


「おい、イーリク!」


 胸を揺する。だが、イーリクはぴくりともしない。


「この森に癒やし手ケールファーベは?」


 あつまる人にむかって言った。


「い、いねえです。いまは半数が森から出ちまってる」


 男のひとりが言った。まずい。精霊の癒やしを使えるのはボンフェラートだけだ。


 家からマルカが飛びだしてくる。三人を見て息をのんだ。それからボンフェラートのかたわらに膝をつき、両手をかざす。


 目を閉じ、古代語を唱えた。無理だ。ボンフェラートから精霊を習い始めたのは今節。それほどたやすいものではない。


 マルカは唱えつづけるが、火の精霊の気配は感じない。やがてマルカは唱えるのをやめ、泣き始めた。


「泣くな、マルカ。泣いても変わらない。ぼくはそれを、嫌というほど味わった」


 だれかと思えばアトだった。


「みなさん、火を。たき火をお願いします。大きいほどいい」

「アト殿、いったい?」


 アトの言う意味がわからず聞いた。森の民もとまどっている。


「母さんは呪文の練習をするなら、川や泉、水が流れる近くでしなさいと言った。それなら火の精霊も、きっとおなじ」


 マルカが顔をあげる。


「無理よ!」


 アトが怒った顔をした。怒った顔を初めて見るかもしれない。


「なにもしないとこのままだ! マルカがしないなら、ぼくが挑戦する」

「アトは、なんの精霊も使えないでしょ!」

「そう、でも、なにもしないよりいい」

「なにもしないより・・・・・・」

「なにもしなければ、この三人は死ぬ。君の両親のように」


 アトが言葉で殴った。この少年は優しい。だが、激しさもある。


 マルカは立ちあがり涙をふいた。ドーリクの父ゲルクが森の民にむけ声をあげる。


「よし、手分けして森の空き地にたき火の用意だ」


 森の民の男たちが駆けだしていった。


 アトがなにかぶつぶつ言っている。


「なにが効くんだ? 毒消し、ではなくて・・・・・・」


 言いながら、さらに歩きまわった。必死になにか思いだそうとしているようだ。


「母さんが使ってた薬草。疲労回復、いやちがう、精霊の使いすぎ。アザミだ!」


 アトが顔をあげた。


「アザミ、アザミの根だ!」


 あつまっていた女性陣がうなずく。


とげのある葉に赤紫の花だね。それなら森の南側にたくさんあるよ」

「欲しいのはノアザミです。似たものも多くて」

「わかるよ!」


 小さな男の子が体を跳ねながら答えた。オフスだ。


「オフス、みんなに教えてくれるか」

「うん!」

「みなさん、欲しいのは花ではなく根っこです」

「わかったよ。たんと取ってくるから、それは任せて!」


 オフスと婦人がたは連れ添い駆けていった。



 

 森のなかにも開けた土地はあった。下は固い地面だ。


 どこかの家から寝台を三つ用意してくれた。そこに三人を寝かせてある。


 寝台のうしろ、少し離した場所にたき火が用意された。切った丸太を四角く組んでいる。なかは燃えやすいようにという工夫だろう。乾燥した木の皮を細く裂いてまるめたものが入っていた。まるで木の綿わただ。


 火が点けられた。積みあげた木のなかで、木の綿に勢いよく火がまわり始める。


 マルカが寝台へと近寄った。顔は蒼白だ。痛々しいほど緊張している。


 寝台に横たわったボンフエラートの上に手をかざした。目を閉じ、古代語を唱え始める。


 しばらく唱えつづけ、目をあけた。苦渋の色を浮かべる。やはり難しいのか。


 森の民のなかから、年老いたひとりが歩みでた。瓢箪ひょうたんを持ってなにかを唱えている。精霊の呪文ではない。森への祈り、おそらくそうだ。


 老人は瓢箪を火に投げ入れた。火柱があがる。入っていたのは木の実油か。


 マルカはふり返り、火柱を見つめた。そして気を取りなおしたかのように、また唱え始める。古代語を一節、唱え終えたのかひと息ついた。そしてまた始める。


 無理なのか。そう思ったとき、たき火の火柱が大きく揺れた。


 火の粉か。いや、火の粉ではない。たき火のなかにいた火の精霊だ。マルカへと漂っていく。


 マルカが目をひらいた。


燈火の癒やしフォタフィリア


 砂粒のような火の粉。それがボンフェラートに降り注ぐように見えた。土気色をした顔に赤みがもどってくる。


 アトがボンフェラートの胸に手をおいた。呼吸を見ているのか。


「すり潰したノアザミの根汁を」


 森の民の婦人が、木杯と小さな麻袋を持ってきた。杯の上で麻袋を絞った。アトはボンフェラートの上半身をかかえて起こし、その木杯に入った絞り汁を飲ます。


 マルカは移動し、ヒューに火の癒やしをかけていた。それが終わると、次にイーリク。


 最後のイーリクにも癒やしを唱え終えた。マルカがふらふらしている。駆け寄ると、ぐらりと倒れそうになった。あわてて抱きとめる。


「マルカも飲んだほうがいい」


 アトが木杯を差しだしてきた。マルカに飲ませる。


 ヒューにもイーリクにも、アザミの汁は飲ませれたようだ。閉じられたまぶたがひくひくと動いているのが見える。良かった。一時はどうなるかと思ったが、なんとかなりそうだ。


 ボンフェラートの体が動いた。


「ボンじい、気づいたか」


 ラティオが寝台のそばに歩み寄る。ボンフェラートは目を覚ました。


「・・・・・・」

「なに?」

「ひどく、まずいものを飲んだ夢を見た」


 森の民が歓声をあげる。


 自分も大きく安堵のため息をつき、空を見あげた。空は赤くなり始めている。夕暮れだ。今日は大変な一日だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る