第59話 森の池

 朝から森のたみの家々をまわる。グールを見た人を探しだし、話を聞くためだ。


 同行したのは、この森の住民であったイーリク、ドーリク。それに自分とアトの四人だ。


 ラティオなど猿人がいきなり家に来れば、さすがに森の民でも敵意を見せるかもしれない。そう教えてくれたのはドーリクの父ゲルクだった。


 アトを同行させたのは、それでも異種族が来ていると知らすためである。


 人間を初めて見たという人ばかりだったが、ラボス村で育ったと聞くと、どの相手もどこか安心したようだった。


 何軒目かに訪ねた家で、グールを見たという男がいた。


「でっけえ蛇みてえなもんだ。水しぶきがあがったと思ったら、もうハングスの野郎は・・・・・・」


 ハングスとは、一緒に釣りにでかけた友人らしい。噛みつかれ、一瞬で池に引きずりこまれたそうだ。


 男は思いだしたのか、戸口にへたりこみ、泣き始めた。急でおどろいたが、親しい友人の死、それは耐えれるものではないのだろう。しゃがんで男の肩をたたいた。


 もうひとり、遠目からだが見たという婦人がいた。やはり姿は大きな蛇だったようだ。


「一匹だけですか?」

「一匹だけど、あんた、大きいったらないよ! 不気味に水面から首をだして、まわりをうかがってたね」


 やはり、池にいるのはペレイアの街で見たグールとおなじだ。


 イーリクの家にもどり、みなに聞いた話を伝える。


「それなら、アトがあのとき持ってきたように、長縄ながなわが欲しいな」


 言ったのはラティオだ。なわはぜひとも欲しい。それにあの大きさだ。近接戦がしにくい。


「弓を使わぬ自分が言うのもなんだが、弓や投げ槍、遠目からの武器が欲しい」


 イーリクとドーリクが、家々をまわってありったけ集めてくると言った。この森に兵はいないが、狩猟用があるだろうと。


 昼にならぬうちに用意はできた。イーリクとドーリクはかなり駆けまわったようで、弓も槍も十本以上あつめてきた。みなで分散してそれを持つ。


 マルカはさすがに状況がわかっているのか、ついてくるとは言わなかった。だが、五歳にはわからなかったのか、オフスはごねた。


「オフス、この家を守ってくれ」


 アトが帯革に差してある短剣をとった。オフスが受けとる。


「オネのそばを離れるなよ。ぼくはそれで失敗した」


 そう言ってアトはオフスの頭をなでた。なにか失敗があったのだろうか。その話は聞いていない。


 森の奥にあるという池までは、イーリクとドーリクが道案内した。


 ふたりは生まれ育った森だ。なにを目印にしているか、自分にはわからなかったが、一度も迷うことなく池に着いた。


 かなり大きな池で、深さもあるのか水面からは暗くてなにも見えない。


 池のまわりは浅瀬も広がっていて、シダやガマといった草が生いしげっている。


 池を囲うように浅瀬に七人で立った。中央はイーリク、ヒュー、ボンフェラートの三人。精霊による攻撃をねらう。


 その外にアトとラティオ。弓による攻撃だ。半円になった大外の両端が自分とドーリクとなる。


地力の護文ピスマ!」


 ボンフエラートの声と同時に、体のなかに高揚感がわいてきた。土の精霊による護文だ。槍を持ち、投げれるようにつかの真ん中をにぎった。少し離れた横では、アトが弓をかまえ引き絞っている。


「じゃあ、やるか」


 ラティオが石をひろい、みなを見る。六人がうなずいた。


 どぼんっと、ラティオの投げた石が池の中央に落ちる。中央からの波が岸辺までゆっくりと広がった。そのほか、なにも動きはない。


「来る」


 アトが弓のねらいを定めた。池に向かって左、自分とアトのいる前方だ。


 ぬっと水面から頭がでた。岩のように大きな頭。次に目が見える。その目は赤トウガラシのように赤く、縦に細い瞳孔がぎょろっと動いた。なんと獰猛な目をしているのか。間違いない、グールだ。


 アトが矢を放つ。矢はすこし横に外れ、水面に落ちた。大蛇が水面から出てくる。


 頭をもたげかと思うと、アトにむかう。危ない!


 肩にかつぐように槍をかまえた。二歩ほど助走し放つ。槍は大蛇の首に刺さった。大蛇が倒れ、沈んでいく。


 こんなものだろうか。みなを見ると、まだ池の水面を見ていた。池をふり返る。また頭だ。だが頭は四つある。


「一匹ではないのか!」

氷結の呪文パーゴス!」


 イーリクの呪文が飛んだ。水の精霊が走る気配を感じる。それが頭のひとつとぶつかった。だが精霊のほうが消える。


「馬鹿な、精霊が効かない!」


 イーリクが驚愕の声をあげた。さらに水面の頭がふたつ増える。


「退がれ! 水に引きずりこまれるぞ!」


 ラティオがさけんだ。ぬかるむ浅瀬を後退しながら剣をぬく。


 次々と大蛇が水面からでてきた。


「八、いや、九匹か!」

「いや、そうじゃねえ、胴を見ろ!」


 長い首の下、目を疑った。九本の首はひとつの太い胴でつながっている。


「これは、太古の詩人ヘシオドスの一節にでてくるグールか!」


 ボンフェラートが青ざめた顔で声を漏らした。


「ヒュードラ。最上級獣アモングールじゃ!」


 蛇の首のひとつが自分に来た。剣の腹で牙を受ける。ぶつかって飛ばされた。起きあがり剣をかまえる。剣を見て愕然とした。いままで幾多の調練でも折れることのなかった剣が折れている!


「無理だ。勝てない」


 だれが言ったかと思えばヒューだ。


的中の護文ストーコス


 九頭の大蛇に手をかざした。なぜ敵に護文をかけるか!


水膜の護文アフロース


 イーリクまで敵に護文をかける。大蛇の頭に激しくまわる水流が見えた。まさか!


「ここまでじゃな」


 ボンフェラートはそう言い、外套の下から両腕をだす。なにをするのかわかった。


「ならぬ! ボンフェラート殿!」


 さけんだ。だが、猿人の精霊使いは自分を少し見ただけだった。


大地の護文ピスマタリス


 唱えると同時に、大蛇の頭が弾けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る