第50話 木杯の誓い

 あまりに難しい話だった。


 ボンフェラートの精霊にまつわる話を聞き、夜も更けた。横になって寝ようとするが、まったく寝つけない。


 起きあがって周囲を見わたすと、まだ起きているラティオを発見した。たき火から少し離れた倒木に背をもたれている。


 おや、手には木の杯を持っている。みなを起こさぬように近づいた。


「犬っころも寝れないと見える」


 ラティオが笑った。


「猿殿の手にあるものが気になってな」


 その木杯をラティオは持ちあげた。


葡萄酒ぶどうしゅだ。いるか?」

「無論、いる」


 自分の荷物から木杯を取ってもどった。ラティオは酒瓶を持っている。


 少しもらおう、そう思っていたがラティオはなみなみと注いだ。


「妙な話をボンじいがするもんだから、頭が冴えちまって寝れねえ」


 冴えるのだろうか。自分は頭が痛くなりそうな気がする。


「お前の副隊長、変わり者だな」


 葡萄酒を口にしながらふり返った。たき火のそばで、まだボンフェラートとイーリクが話をしている。


精霊戦士ケールテースとして、資質には恵まれているのかもしれん。だが、歩兵隊で精霊ケールはそれほど重要ではないのでな」


 コリンディアには優秀な精霊使いもいなかった。これがよい出会いとなればいい。


「まあ、我関せず、といった肝の太いやつらもいるがな」


 寝ているアトとドーリクだろう。ふたりは、すやすやと気持ちよさそうに寝ていた。


「あのふたり、実は似ているのかもしれぬ」

「似ている?」

「強情なところが」


 冗談を言ったつもりだが、ラティオはあごに手をやった。


「強情か・・・・・・」


 つぶやいて葡萄酒を口にする。ちがうのだろうか。


「強情でなければ、激情だろうか。ザンパール平原で軍を止めたときといい、残されたイーリクへと馬を走らせたときといい、アト殿は、ああ見えて無茶をする」


 もう一口飲もうとしたラティオが木杯を離した。


「グラヌス、それはちがう」


 ちがうのか。思わず多くの葡萄酒を口にふくんでしまい、口元をそででぬぐった


「アトは必死なだけだ。ザンパール平原でやった無茶はな・・・・・・」


 言いかけて、ラティオはぐいっと葡萄酒を飲み干し、新たに注ぐ。


「おれが、余計なことを言ったからだ」

「余計なこと?」

「ああ。おれの家で言ったことだ」


 なにか話しただろうか。ヒックイトのおきて、それは戦争とは関係がないように思える。


「おれと、お前が戦えないって話だ」


 たしかに、そんな話はした。だが、今回の戦争とは関係ないはずだ。ラティオは軍隊に入ってない。入っているのは自分だけ・・・・・・


「待て、ラティオ殿、まさか、このグラヌスを戦わせぬためか!」

「ほかに、なんの理由がある」

「戦争を止めるという大義だ!」


 ラティオはため息をついた。そして酒瓶を持ちあげる。いそぎ自分の杯をあけ、差しだした。


「お前、わかってねえよ」


 酒を注ぎながらラティオが言う。なにをわかってないのか。


「アトは父と母、それに育った村を失ったんだ」


 それは充分すぎるほどわかっている。痛ましいことだ。


「アトを知る一番古い知人。それはいま、だれだ?」


 飲もうとした杯を止めた。そうか、アトの幼少を知る者はいなくなった。それにアトは、あの歳まで村を出ていない。いや、待て・・・・・・


「自分なのか!」


 ラティオは答えず、酒を飲んだ。


 そうなのか。アトを知る一番古い者は、自分になるのか。まだ出会ってわずかだというのに。


「それに、生まれた場所、産んだ親も知らねえ」


 そうか。ラボスの村で拾われた子だ。はっとして、この場にいるみなを見まわした。


「アト殿が持つきずな、これがすべてなのか・・・・・・」


 ラティオの言いたいことがわかった。七人の仲間。それが、いまアトが持つすべてなのだ。


「だから、イーリクを」


 自分が漏らした言葉にラティオがうなずいた。


「それは強情とも、激情とも言えるかもしれねえ」

「いや、言えぬ。これは、そういう類いではない」


 仲間を思う強さとも言えるが、あまりに切ない。夜空にむかって、ため息をついた。今日は月がでていない。こういうときこそ、月があればよいのに。


「まあ、見た目は一番おっとりしてるがな、激しいのもたしかだ」

「だが、その激しさは止めねばならぬだろう、まわりの大人こそが」


 ラティオは同意すると思ったが、今度もちがった。


「そこはなぁ。お前、子供の頃に木のぼりしたか?」

「もちろんだ。こう見えて得意だ」

「大人はだいたい、危ないからやめろと言うだろう」


 たしかに、よく注意された。


「おなじだ。ただ、危ない。それを危ないからやめろと言う。そういう大人に、お前はなりたかったか?」


 木杯を置き、腕を組んだ。


「ラティオ殿、嫌なことを言う」

「あいつのやること、だいたい間違ってねえ」


 思わず、うなった。異論を唱えたいが、よい言葉が見つからない。


「長兄が悩むなよ。いや、一番上はちがうか。どう思うよ、姉としては!」


 なにを言うかと思えば、暗闇からぬっと出てきたのはヒューだ。


「よく、わたしに気づいた」

「気づいてねえよ。ためしに言ってみただけだ。ほんとにいたから、あきれたぜ」


 自分は軍で訓練を積んでいる。武術には長けているつもりだったが、ヒューの気配はいつも察知できない。


「それで、鳥姉さんは、どう思う?」

「とりねえ・・・・・・」


 ヒューが無表情なまま、言葉を失った。生まれて初めて言われたようだ。しばし呆然としていたが、気を取りなおし持っていた木杯を差しだした。ちゃっかり持ってきているのか!


 ラティオから葡萄酒を注いでもらい、ヒューはぐいっと酒を飲んだ。その飲みっぷりは、とても女には見えない。だが、すらりとした長身の美麗は男にも見えなかった。鳥人族、不思議な種族だ。


 ヒューは葡萄酒を飲むと、さも当然、といった顔で口をひらいた。


「ふたりは、そこそこに腕は立つだろう」


 言われてラティオと見あった。たしかにグールとの戦闘でも見たが、ラティオは剣もよく使えている。


「腕の立つ大人が三人もいるんだ。それぞれが少年を少しずつ加護すればよい」


 言われなくとも、自分はアトを守るつもりだ。それを口にしかけたとき、ラティオが笑みを浮かべた。


「つまり、あてにしていいってこと、だな」


 なるほど。この鳥人族はいつまでいるのか、その疑問はあった。


「ヒュー殿、その約束はいつまでなのだ?」


 鳥人族はちらっとアトを見て答えた。


「あの少年が安全になるまで」

「わかった。あてにさせてもらう」


 頭をさげた。信用のおける仲間が増える、ありがたいことだ。


「このグラヌスも、アト殿が安全になるまで、守りとおす。剣にかけ・・・・・・」

「これだ、犬人はおおげさだぜ」


 ラティオにさえぎられた。大真面目に述べようとしたのに。


「なら、酒に誓うか」


 ヒューが木杯をかかげた。


「おいおい、そりゃあ、ヒックイト族では義兄弟の印だ」

義姉兄弟ぎしきょうだいだ。わたしは女だぞ」

「はいはい」


 ラティオも杯をかかげたので、あわてて地面においた木杯に手をのばす。木杯が倒れた。ラティオが笑う。


「さすが長兄、これでむこう三年は、酒の席での話題に困らねえ」


 まさかこぼすとは。木杯を持ちなおすと、ラティオが空いた手で酒を注いでくれた。


「そう言わんでくれ。ヒックイト族の掛け声は?」

「そうだな、ベルスラン! かな」

「では、ベルスラン!」


 あらためて木杯をかかげた。


乾杯ベルスラン!」


 三つの木杯をこつりと合わせ、葡萄酒を飲んだ。コリンディアで酒といえば、ほぼ麦酒ビラだ。葡萄酒で乾杯することも、かけ声も、生まれて初めてのことばかり。


 ここはアッシリア領でコリンディアの街からそう遠くもない。だが、異国にいるような気分になった。


 そういうものかもしれない。一緒に過ごす者がちがえば、世界もちがうのだ。


 自分の心は旅の途上、そうとしか言えない気持ちになっていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る