第49話 八人で野宿

 林のなかで野宿をすることにした。


 街道から離れた林のなかだ。たき火をしても見つからないだろう。


 コリンディアに急ぎ帰り、イーリクの祖母を連れだした。自分も両親と兄弟にあいさつをしようと思ったが、あまり街に長くいるのも危ないと判断しやめた。


 軍を勝手にぬけるのは罪ではあるが、重罪ではない。それほど親兄弟に迷惑が行くとは考えずらかった。あとで手紙でも書いておこう。


 それよりも、自分たちの身だ。アトの宿屋に来たような正体不明の賊は困る。


 コリンディアで馬を手に入れ、人目につかぬよう、街道や村をさけて西に進んだ。ひとまず運河から遠く離れたい。


「さて、どこへ行くかだな」


 たき火をみなで囲み、ラティオが最初に口をひらいた。


 イーリクの祖母は少し離れたところで寝ている。久しぶりに馬に乗り、疲れたようだ。


「私とドーリクの生まれた村でよければ、来てください。祖母をドーリクの親に頼んでもみますし」


 言ったのはイーリクだ。ふたりは同郷で幼なじみだったと聞いている。この話も、ふたりはすでに話し合っていたのだろう。


「ふたりの故郷はどこなんだ?」


 ラティオがたずねた。


「フーリアの森、と呼ばれる森のなかの小さな村です」


 若き猿人はあごに手をやり記憶をさぐる顔をした。その地名を知らないようだ。


「ラティオ殿、方角で言えば南西に位置する。アッシリアの南部では一番大きな森だ」


 説明したものの、知識としては知っているが行ったことはない。ここからさきの道中はイーリクかドーリクが先頭を走らねば。


 そう思ったが、ラティオの発した言葉は意外だった。


「なら、まず西に行こう」


 意味がわからぬ。みなも似たような表情だ。ラティオが少し声を落として説明し始めた。


「あまり馬は飛ばせねえだろ」


 ラティオはうしろをちらっと見た。イーリクの祖母のことか。


「ないとは思うが、追っ手がくると追いつかれる。それなら、アッシリアの最西まで行き、そこから反転しフーリアの森を目指す」


 なるほど、イーリクとドーリクの故郷は調べればわかる。われらを追う者がもしいれば、フーリアへむかう最短の道を思うだろう。まさか西へ行くとは考えまい。


「しかし、ラティオ殿、かなり深くアッシリアに入りこむ形となる。よいのか?」

「なに、めったに見れねえ土地を見れていい。そうだろ、ヒュー、ボンじい」

「わたしはいつも、見慣れない土地に行く」


 ヒューが答えた。放浪のような生活だと以前に聞いた。聞いたときには変わり者だと思ったが、いざ自分がなってみると、意外に悪くない。どこへ行こうが、なにをしようが、己の責任で自由にすればいい。


「わしも旅は慣れとるでな」


 ボンフェラートも平気なようだ。数年前にアグン山に流れついたと聞く。その長き人生でなにを見てきたのか。いつかじっくり聞きたいものだ。


「そういえば、ボンフェラート殿」


 おや? イーリクがおなじことを考えたと思ったが、たずねたのは別のことだった。


「バラールで使われた呪文、初めて見ました」

暴風塵の合呪アネモストロヴィロスか」


 ボンフェラートの言う呪文は自分も聞いたことがない。


「あまり勧めれる物ではないが、多勢に無勢じゃったのでな。力を合わせた」

「力を?」

「うむ。この地方は精霊ケールについて、それほど研究が進んでおらんの」


 ボンフェラートは、たき火から火のついた木を一本取りだした。


「万物の元素となるのが、知っておるように、土、水、火、風となる。そこに宿るのが精霊じゃ。そして、精霊はそれぞれ、この世の力をつかさどる」


 老練な精霊使いケールヌスは火のついた木をたき火にもどした。


ちから。そのような教えは聞いたことがありません」


 イーリクがいままで見たことのないほど真剣な顔だ。自分は意味が、さっぱりわからない。


「わしが使う土の精霊がつかさどる力は重さ。火は見てのとおり熱さ」


 なるほど、土は重いし火は熱い。そういうことだろうか。


「風は速さじゃ。では水は?」

「そりゃ、おれでもわかる。冷たさ、だろう」


 ラティオが得意の面持おももちで答えた。


「ふむ。氷結の呪文という名がある。そう思うのは無理もない。ところがそれは間違いじゃ。冷たさは熱さとおなじ。火の精霊なのじゃ。水の呪文は冷たく感じるが、使っている力は冷たさではない」


 まったく意味がわからなかった。ボンフェラートは地面から豆粒ほどの石をひろった。


「力とは、強さとも言える。こうして小さい石を投げると」


 ボンフェラートが投げた豆粒ほどの石は、たき火を超えて対面にいたラティオの頭に当たった。


「速く投げれば、それは強くなる」


 しゅっ! と音がしそうな速さでボンフェラートはもう一度、豆粒ほどの石を投げた。


「いてっ」


 豆粒の石がラティオのひたいに当たる。


「重ければ、やはり、おなじように強い」


 今度はこぶしほどの石を投げた。それがラティオのひたいに当たる。


「んがっ!」


 ラティオはうしろに倒れた。


「よけんか、ばかもん」

「いてー!」


 ラティオがひたいをこすりながら起きあがった。


「このように、力は強さとも言える。では、水の強さとは?」


 まったくわからない。みなも腕を組んだりして考えこんでいるが、よい答えはでそうになかった。


「・・・・・・長さ、ですか」

「そうじゃ、イーリク。よくぞ思いついた!」


 イーリクが何度もうなずいている。


「長年の疑問が解けた気がします」

「うむ。岩を持って五歩動かすのと、十歩動かすのでは力がちがう。水がつかさどる力は、長さ、なのじゃ」


 ボンフエラートは満足そうな顔をしたが、そのあとに周囲をなにか探し始めた。


「ボンじい、なに探してんだ?」

かえるでもおらんかと思っての」


 なぜ蛙なのかはわからぬが、自分も周囲を探した。


「いたぜ」


 ラティオが手をにぎっている。それを自身の前にあった小さめの岩に乗せた。


「うむ。では、イーリクよ、水の精霊をかけよ」


 イーリクが古代語をつぶやいた。蛙の表面につやつやとした水の膜があらわれる。水膜の護文アフロースだ。


「力であれば合わせることができる。次にヒューよ、風の精霊をたのむ」


 ヒューが唱える。この鳥人族は、風の精霊使いだったのか!


 蛙の表面にあった水の膜が波うった。その波が水流のように螺旋にまわり始める。


「ふたつの力を合わせれば、より強い力となる。風の精霊はとくに合わせやすい」


 そうか。あのバラールでの呪文は、ボンフェラートの土の精霊と、ヒューの風の精霊が合わさった物か!


「くっ!」


 蛙に手をかざしていたイーリクが顔をしかめた。


「しかし、精霊は合わせると、怒りか喜びか、暴走を始める。操るのは難しい。勧めぬ理由がこれじゃ」


 ラティオが目の前の蛙に顔を近づけた。


「すげえな、こりゃ戦いに使えば最強だ」

「そうでもない」


 ボンフエラートが蛙にむかって手のひらをむけ、呪文を唱えると蛙の表面が激しく波立ち破裂した!


「んがっ!」


 目の前で見ていたラティオがうしろに倒れる。


「腕が・・・・・・」


 イーリクが自身の腕を押さえていた。苦悶の表情も浮かべている。


「三つ重ねると、完全に暴走状態となるのだ。そしてそれは、使った精霊使いにも返ってくる」


 言いながらボンフエラートも腕をさすっていた。


「こちらが呪文をあわせたそこへ、相手が呪文をかければ共倒れになる。戦場で使えるようなわざではないの」


 そうそう使える技ではない、ということか。危険なのはわかった。だが、悲しいかな、その理屈は、このグラヌスにはまったく理解はできなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る