第48話 バラールからの逃走

 さきを走るアトに追いつけない。馬を飛ばした。


 バラールの東門が近づいてくる。暗がりに人影が見えた。イーリクだ。


「行こうイーリク!」

「おもどりください!」


 アトとイーリク両方のさけびが聞こえる。アトがイーリクのそばまで行き、馬をおりた。


「ふたりとも、馬に乗れ! おれがどうにかする!」


 横を走るラティオがさけんだ。


 東門から甲冑を着た兵士がぞろぞろ出てきた。バラールの衛兵! あの宿屋での戦闘が知れわたったか!


 衛兵の装備を見る。弓を持った者が見えた。うしろを見せて逃げるのは危険だ。さきに蹴散らさないといけない。


 剣をぬいた。このまま衛兵に突っこむ!


 衛兵との距離が詰まったそのとき、周囲に感じたことのない気配がわいた。


 精霊だ。しかし、荒れ狂うような気配を感じる。


暴風塵の合呪アネモストロヴィロス!」


 どこかから声が聞こえた。声の次に来たのは砂嵐だ。吹き付ける砂嵐は強く、馬の上に乗っているのがやっとだ。


「あやうく、置いて行かれるとこだったわい」


 飄々ひょうひょうとした声であらわれたのはボンフェラートだった。


「しばらく精霊の暴走はつづく。みなの者、逃げるのじゃ!」


 ボンフェラートの言葉に、あっけに取られていたみなが我に返った。


「アト、こっちの馬へ!」


 馬を走らせ手を伸ばした。アトがそれを両手でつかむ。一気に引きあげた。ここまで何度も二人で乗ったので、呼吸があっている。


 アトが乗っていた馬は、イーリクとボンフェラートが乗った。そして、いつのまにか、ラティオのうしろにはヒューが乗っている。


「行くぞ!」


 ラティオの掛け声とともに、みなが手綱をたたいた。遅れてきたドーリクがあわてて馬を反転させる。


 しばらく馬を全力で駆けさせた。


 追っ手は来ていない。先頭を走っていたラティオが速度をゆるめたので、自分も手綱をゆるめ、馬を駆け足にもどす。馬のうねるような前後の揺れが、小さな縦揺れに変わった。


「無茶すんじゃねえ!」


 ラティオが前をむいたまま怒鳴った。アトのことだ。


「ごめんよ!」


 背後から大声で答えるのが聞こえた。ラティオが馬を止める。みなを待つようだ。


 馬をまわし、こちらをむいたラティオの顔は、怒鳴ったわりに怒ってなかった。


「なんべん注意しても、わかりゃしねえ」


 そう言いながら、口のはしが笑っている。


「ラティオ殿、それは私を憂慮してのこと。アトボロス殿を責めないでやってください」


 イーリクがそう言いながら追いついてきた。そのうしろからドーリクも来る。


「最初に申しあげておれば・・・・・・」

「いや、そしたら、この馬鹿は動かねえ」


 うしろで動いた気配がした。うなずいているのだろう。アトは素直な少年だと思っていたが、意外に強情なのかもしれない。


「ここで私は別れ、コリンディアにむかおうと思います。年老いた祖母がおりますので」


 馬を降りようとしたイーリクをラティオが手をあげて止めた。


「なんとかするって言ったろ。みなで行く」


 ラティオは遠くに見えるバラールのさらに南を指差した。


「あのあたりに手こぎ舟を隠している。大きく迂回して近づき、ある程度まで近寄ったら馬は捨てよう。小さな舟だ。馬は乗らねえ」


 ぞっとした。さきほどラティオは、バラールの東に舟を用意したと言ったはずだ。さらに南にも用意しているとは。


「ラティオ殿、ここまで読んでいたのか!」


 おそるべき英知とおののいたが、ラティオは笑った。


「こんなこと読めるかよ。なにかがあり、東へ進めないときの用心をしておいただけだ」


 自分は笑えぬ。そのなにかとは、なんなのだ。


「まあ、考えようによっちゃ、どの国の連中も、おれらはアグン山にむかったと思うだろう。まさかアッシリアに再入するとは思わねえはずだ」


 それは思わない。自分も国を捨て、二度とコリンディアにもどることはないと覚悟したのだ。


「軍を撤収するのも時間がかかる。今夜のうちにアッシリアにわたっちまおう。それからイーリクのばあちゃんを連れ、どこかへ逃げる」


 みながうなずいた。馬の腹を蹴り、進発させる。


「助けるつもりが、助けられたようです。この借りはいずれどこかで」


 声がしてふり返るとイーリクだった。併走して手をのばしてくる。うしろのアトも手をのばし、ふたりが手をにぎった。


 イーリクは馬を進め、先頭のラティオに追いついた。ラティオと言葉を交わし、握手も交わす。犬人と猿人が手をにぎるなど、ひと月前の自分に言ったら馬鹿かと言われそうだ。


 しかし、猿人。もはや頭の動きが自分とは根本から異なる。なにを考えているか、それを推し量るのは無理だろう。猿人は頭がいいのか、ラティオが特別なのか。


「アト殿」


 うしろに座る人間族に声をかけた。


「なに、グラヌス」

「なぜ、引き返した」

「なぜって、イーリクが危ないから・・・・・・」


 それはわかる。ひとりだけ残るのだ。捕まるのは明白。


「ほかは、なにか考えたか」

「それは特に・・・・・・とにかくイーリクが危ないから」


 うむ。見た目でいえば人間族は猿人族に近いのだが、アトは自分のほうに近い気がする。


「ラティオ殿だが」

「うん」

「なにを考えているか、まったくわからぬ」

「おなじだ。ぼくもわからないから、迷ったときは、とにかくラティオに聞いてみようと」


 いま正に自分が考えたことそっくりに、人間の少年が語った。


「アト殿は、迷われることはあるか?」


 返事がすぐ返ってこない。考えているようだ。


「そう言われれば、あまりない。もっと考えるようにするよ」


 これも、おなじだ。自分も少しは頭を使おう。


「でも、ラティオには追いつけないかも。せめて弓の練習でもしようかな」


 なるほど。自分は剣の腕を磨こう。


 妙に剣がふりたくなった。そのむず痒さを押さえ、雲からでた月を見あげた。


 ちょうど満月だ。


 思えば、数日前にアトは生まれ故郷を背にした。悲しみのときではあるが、旅立ちのときでもあった。


 まさかその数日後、今度はおのれが故郷を捨てる旅立ちが来るとは。


 ラボス村を出たときは、雲一つない空だった。太陽を背にした旅立ちだ。


 自分の旅立ちには、どうやら満月が祝福してくれるらしい。


 このさきがどうなるか、それはわからぬが、この月のように夜道を照らす。そんな男でいたいものだ。


「なかなかに自分も考えるではないか」

「なにが?」


 思わず漏らしたつぶやきに、アトが反応した。答えに困る。


「いや、今日は満月でよく見えると」


 てきとうに誤魔化した。だが、アトは月を見あげ感嘆の声でそれを返した。


「初めて見たグラヌスみたいだ。まわりの大人に捕まり、あのとき止めてくれたグラヌスは、ぼくの暗闇を照らす満月だったのかもしれない」


 そんなことはない、と返そうとしてやめた。右も左もわからぬ街にやってきたのだ。それから役所で相手にされなかった。真っ暗闇と言ってもいい。


 アトに言われるほどの男ではない。だが反省は明日からでいいだろう。ひじょうに気分がいい。これほど心が高揚するのはまれだ。高揚に心をまかせ、体は馬の揺れにまかせるままに、月光照らす夜道を進むことにしよう。


 せっかく、おのれの旅立ちなのだ。心高ぶるままに、明日への道を歩んでいこう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る