第47話 宿屋をねらう賊

 ラティオの案内で階段をおり、裏口から出る。野路裏をぬうように走った。


「ラティオ殿、ほかの四人は?」

「さてな、おれはヒューにしか会えてねえ。あいつ、おれの部屋の窓にひょっこりあらわれやがった」


 アトの泊まっている宿もヒューが探してくれたようだ。その宿は建物が密集した地域ではなく、北門に近い一軒家だった。二階建ての粗末な宿屋だ。


「ここにアトが?」

「おう。賊に襲ってくださいと言わんばかりの立地だろう」


 宿の入口にあたる木戸をたたいた。返事がない。ラティオと目で合図をかわし剣をぬいた。


 なかに入ると、だれもいない。ラティオが入口から真っ直ぐのびる廊下を進み、階段を指差す。アトがいる部屋を知っているようだ。


 自分もつづいて階段をのぼろうとしたとき、入口の戸がたたかれた。


「アト殿を連れて来てくれ。ここは自分が」


 ラティオはうなずいて階段をのぼった。


 荷物をおろし、剣をかまえる。


「入ってこい」


 戸がゆっくり動いた。黒装束の五人だった。用意は万全なようで、くちもとは黒い布で隠している。


「この歩兵隊長グラヌスが相手になろう。死にたければ来い」


 名乗った。相手の反応はない。そこそこに自分の名は知れていると思っていたが、まだまだのようだ。


 最初の男が突っかかってきた。それでわかった。この者らは経験が浅い。五人もいるのだ。せまい廊下では取り囲めないだろうに。


 胸の高さで剣を水平にかまえた。相手の胸を突く。剣をぬきながら押すように腹を前蹴りした。うしろにいた者とぶつかる。その右手、剣の持ち手をねらい斬る。


 腕を切られた男は絶叫をあげ、前屈みになった。その首に剣をおろす。


 ふたりが床に崩れた。


「おう、待たせたな」


 木板を踏む音を立ててラティオが階段をおりてきた。大きな音はわざとだろう。


「相手は子供ひとりではないのか!」


 黒い布で口を隠した男が、こもった声で言った。


「自分は第三歩兵師団の第五隊長だ。心してまいれ」


 じりじりと黒装束の三人があとじさった。


 どうも近頃、命をねらわれる機会が多い。思えば、アトはこれを真っ暗闇の河原で撃退したのだ。そのときの心細さを思うと、胸が締めつけられる。いまは自分が守る番だ。


「容赦はせぬぞ」


 剣をにぎりなおした。


「ひ、退くぞ」


 黒装束の三人はゆっくり後退し、戸口から出ると駆けだす音が聞こえた。


「さすがだねぇ」

「いや、まだまだ」


 男に生まれて軍人となるのだ。世に名を馳せようと思っていた。だが、それはコリンディアの街がせいぜいだった。今回の旅でそれがわかった。いや、それも今日までか。自分は国を捨てるのだ。


「グラヌス」


 アトが声を漏らした。なぜか悲痛な顔だ。


「よし、行くぞ」


 ラティオが最初に胸を刺した男をまたいで戸口にむかった。




 ラティオのあとについて路地裏を走る。


 むかっている方向は東門だ。てっきり西門だと思っていた。ヒックイトの里があるアグン山を目指すなら渡し船に乗らなくてはならない。ならば港のある西門だ。


「港ではないのか?」


 走りながら問うてみた。


「船頭から逃げた方向がばれる。ヒューに馬を手に入れて東門にと頼んだ」


 なるほど、一理ある。


 東門をくぐると、暗がりから出てきた大男におどろいた。


「ドーリク!」


 副隊長は笑みを浮かべて近寄ってきた。ここまで姿を見なかった。野営地に合流していると思っていた。聞けば、遅れて戦場に着き、崖の上からのぞいていたらしい。そのあとは、バラールにむかう自分たちをつけたようだ。


「軍にもどれ、ドーリク。お前まで巻きこむつもりはない」

「それはできませんな。田舎の村から出てきたふたりを拾ってもらった恩、忘れちゃいません」


 ドーリクにうながされ、暗がりを進む。さきほど、ドーリクはふたりと言った。いやな予感がする


「お待ちしておりました、隊長」


 馬の綱をまとめて持っていたのはイーリクだった。たしかに、ふたりが田舎から出てきたのを軍に拾いあげたのは自分だ。だが、ここまで付き添う必要はない。


「イーリク、お前まで!」


 ふたりを叱責しようとしたとき、アトが近寄ってきた。


「三人はもどってください」


 そうか、あの悲痛な顔は、このグラヌスを巻きこんだことに対してか。


「まだ、なにひとつ、恩は返しておらぬ」


 アトの肩をそっとたたいた。


「そう、恩は返さねえと寝覚めが悪いですからね」


 ドーリクがそう言いながら馬に乗った。お前には言ってない。


「急ぐぞ、ちまちましてると追っ手が来る」


 ラティオの注意はもっともだ。口論している暇はない。馬に乗り、アトを探したが、少年はすでにひとりで馬に乗っていた。子供の成長は早い!


 先頭をラティオが走る。馬を飛ばして追いついた。


「ラティオ殿! 目指すはどこだ」


 馬は東へと進んでいる。このまま行けばウブラの領地に深く入りこむ。


「離れた岸辺に手こぎ舟を隠してある。追っ手がなければ、それを使う。追っ手が来れば、このまま馬で逃げる」


 なるほど、用意がいい。どこぞの犬は待機を命じられ、ただただ一日中部屋にいた。


 うしろをふり返った。アトはついてきている。それにドーリク。


「なにっ? イーリクはどうした!」


 思わずさけんだ言葉に、みながふり返った。イーリクがいない。最後尾を走るドーリクが答えた。


「やつはいいんです隊長! 街に祖母がいるんで」


 そうか、イーリクは両親がおらず田舎から祖母をコリンディアの街に呼んでいた。祖母はかなりの高齢で、体も弱っている。祖母を残して国を出ることはできないか。


「だめだ!」


 アトがさけんで馬首をひるがえした!


「あの馬鹿!」


 ラティオも馬を返す。自分も手綱を引き、馬をまわした。


「イーリク!」


 アトがさけびながら馬を飛ばす。予想以上に速い! 体が軽いからか、こちらも全力で追いかけるが、差はひらいていく一方だ。


「アト殿!」


 大声で呼んだが、アトはふり返りもしない。もう一度、手綱を強くたたき、もっと走るようにせき立てた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る