第46話 バラールの宿屋

 バラールの宿屋だった。


 いま座っている椅子や、机など調度品のよさを見ると、高級な宿屋だろう。


 このバラールで停戦調停をすることになった。それがすむまで、部屋での待機を命じられている。


 両軍の兵士たちはザンパール平原で距離を取り、それぞれ野営していた。上級士官だけが、このバラールに来ている。


 停戦調停の場として、バラールは以前にも何度か使われていた。両国から独立した立場のバラールは、こういうときに便利だ。


 このまま停戦になることを願う。多くの異種族と出会い、思い出ができている。アグン山では、ラティオの家にまで行った。猿人族といま戦えば、ためらいの多い剣になるだろう。


 一人部屋をふり返る。しばらく大勢と旅をしていたようなものだ。急にひとりになると静かだった。


 アト、ラティオ、ヒューの三人とは、ばらばらの宿になった。それぞれ、明日の朝に両軍から聴取が入る。寝泊まりするのは野営地でよかったのだが、公平を期すとのことで、四人の身柄はバラールの一時預かりとなった。


 いま三人はなにをしているだろうか。机の上においた雑記帳を手にとった。アトから預かった荷物に入っていた物だ。この雑記帳はラボス村での思い出があるらしい。大事にしてくれと言われた。


 窓のそとに目を移すと、もう夜だ。酒場が近いのか陽気な喧噪が聞こえてくる。


 まだ夜は長いが、外出は禁止と命じられた。そのため、やることがない。読んでもいいと言われたので、雑記帳をひらいてみた。小鳥や兎の絵が描かれている。そのほか、日々のできごとも書かれていた。


 扉をたたく音がして顔をあげる。


 ゼノス師団長だろうか。扉をあけると、意外にもラティオだった。


「よう、犬っころ」

「これは猿殿」


 犬っころとは侮蔑ぶべつな呼び方だが、ラティオが言うと腹は立たなかった。このヒックイト族の若者は、おのれのことも猿呼ばわりする。


 窓から下をのぞいてみた。宿屋の入口にはバラールの役人らしき男が立っている。監視役だ。


「よいのか? 外出禁止のはずだが」

「裏口から入ってきた。この宿屋のあるじは少し顔なじみなんでな」


 そうか。ヒックイト族はバラールに物を売りに来ると聞いた。勝手知ったる街なのか。


「お前は、なにしてた?」

「アト殿から預かった雑記帳を見ていたところだ。なかなかに上手い絵を書いている」


 雑記帳を見せようとしたが、ラティオがあごに手をやり真剣な表情になった。


「おれらが思ってるより、アトは賢いのかもな」


 言われている意味がわからず、首をひねった。


「まあ、別れの挨拶に来た。短いあいだだったが、楽しかったぜ」

「なに、姿を消すのか?」


 明日の朝に尋問があるはずだ。


「停戦調停はまだ始まってもおらぬ。ラティオ殿にも証言して欲しいのだが」


 ヒックイト族は種族としてはウブラ国民だが、かなり独立した山のたみだ。国がすることに興味はないのだろう。そう思ったが、若き山の民はさらに意味不明な言葉をつづけた。


「いや、明日だと間に合わねえ」

「間に合わぬ?」

「ああ、アトがな」


 アトが? 人間の少年にいそぎの用事があっただろうか。


「お前、やっぱり軍人だな」


 ラティオが笑った。あたり前だ。歩兵隊の隊長をしている。


「ヒューの言葉を忘れたか? この騒乱を狂わせているのは、たったひとりの少年だと」


 たしかに言った。自分もそう思う。しかし、それとこれと・・・・・・


「まさか、アトの身に危険が!」


 ラティオが口のはしで笑った。


「にぶいねぇ」

「ラティオ殿、ここはバラールの街のなかだ。さすがになかろう」

「ないかねぇ。まあ、おれはアトを連れて逃げる。じゃまはするなよ。お前、アッシリアの軍人だからな」


 ラティオは異を唱える暇もあたえず、部屋から出て行く。


 アトが危険? 思わず机に手をついて考えた。アトを消せば、仕掛けた者にとっては好都合だろう。だが、余計な火種になるだけだ。今度はだれが殺したかという疑心が生まれる。


 いや、それでいいのか。そもそも、火種を起こしたいのだ。


 アトの背負い袋から帯革おびかわをだした。そこについた短剣を抜く。短剣にはアッシリアの刻印がついている。思えば、なぜ隠田の小屋にこれがあったのか。わざわざ刻印があるものを忘れていく理由がない。


 グールの騒動を利用して、アッシリアとウブラを戦わせたい者がいる。その犯人をアッシリアだと思わせたいのではないか。


 ラボス村にいた王都の兵士は、グールとの戦闘から姿を消したと聞いた。長きにわたり戦ってきた両国だ。あらゆるところに細作や間者はまぎれていよう。


 ラボス村の兵士は全員が間者だったのか、それとも、ひとりがほかを殺したか。


 アトの雑記帳が目に入る。ラティオは、アトが思ったより賢いと言った。ではこれは、アトが自分に託したというのか。自らの身の危険を感じて!


 めまいに似た感覚を覚え、イスに座った。


 どうやら、自分だけがのんきでいたらしい。ラティオが危険に気づいてよかった。


 ・・・・・・いや、よくはない。


 アトを守ると自分に誓ったはずだ。だが、助ければ間違いなく自分は捕まる。いくさを止めた張本人を軍の人間が逃がすのだ。


 それに軍人が国を裏切ってよいのか。そこに大義はあるのか。


「大義ねぇ・・・・・・」


 ラティオがあざ笑った気がしてふり返った。だれもいない。


 だんだんと腹が立ってきた。自分は、なにとなにを比べているのだろう。

 

「頭の足りぬ犬が考えることだ」


 自分を叱った。猿人族がよく使う雑言に、犬の浅知恵、というのがある。まさにそれだ。


 いそぎアトの荷物を袋に入れる。アトの弓、そして自分の剣も持った。これ以上考えても無駄だ。アトが危険なのだ。自分が行かないでだれが行く!


 廊下への扉をそっとあける。見はりは廊下にも配置されているかもしれない。


 腕組みをして壁にもたれる男がいた。


「おせえな」


 ラティオだった。


「身のふり方にでも迷ったか」

「いや、なにが正しいのかと自分に問うた」

「ほう、その答えは」

「問い自体が馬鹿馬鹿しい」


 大真面目に答えたのに、ラティオは声を押し殺して笑った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る