第45話 ザンパール平原

 対岸の桟橋に着き、馬を引いて舟からでる。


 ウブラ国の領地だ。思わず踏みしめた足を見る。


「猿の国も、犬の国も、大地はどこも変わらんぜ」


 自分の心情を察してか、ラティオが茶化した。こうして敵の領地に立つのは何年ぶりだろうか。


 十五歳になると、すぐに訓練兵となった。それからはずっと軍人だ。軍人の場合、民間人よりもウブラ国へは入りずらい。なにかあれば軍の問題になるからだ。ここ数年は小規模な戦闘もなかった。


 しゃがんで土をさわってみる。ウブラの土。猿人族の土だ。


「ヒックイトの里でも踏んだ土だ。行くぞ」


 言われてみればそうだった。ラティオとヒューが馬に乗る。自分も馬に乗り、アトに手を伸ばした。


「ありがとう」


 アトはそう言って、自分のうしろへと乗った。


 感謝を言いたいのは、自分のほうだ。軍人の行動範囲はせまい。アトに同行することで、いままで見えなかった物が見れた気がする。


 川沿いにひろがる平野は、荒涼とした大地だった。遠くに小さな農村がいくつか見える。ひとまずは川沿いを北へ進む。ザンパール平原へは、北上していけば着けるはずだ。


 荒野をしばらく走ると、地面が平坦になっている道を見つけた。街道だ。進むのが楽になり、さらに馬を走らせる。ここまで来ても、我が軍の影も形も見えない。


「急ごう! この馬は潰れちまってもいい」


 ラティオが併走してさけんだ。その通りだ。我が軍に追いつけなければ意味がない。


 手綱をたたいた。馬が全力で駆け始める。


「遅かった。その間違いは二度としたくない」


 あのとき、アトはそう言った。今度こそ間に合わせる!



 

 自軍を探しながら、馬を走らせつづけた。


 だんだんと気持ちがあせってくる。もうザンパール平原には入っているはずだ。だが軍の姿が見えない!


「グラヌス!」


 ラティオが指差した。小高い丘がある。そこから見ようというのか。


「わかった!」


 大声で答え、馬首を曲げた。丘に駆けのぼる。


「いたぞ!」


 思わずさけんだ。眼下に両軍が見えた。土気色をした大地に両軍が隊を展開している。


 しかし、自分が立っているのは丘ではなかった。崖だ。


「グラヌス、こっちだ!」


 ラティオがさけんだ。おりる道をみつけたらしい。


「間に合わない、ヒュー!」


 とつぜん背後のアトがさけんだ。


「グラヌス、アトを止めろ!」


 ラティオもさけんだ。なにを止めるのだ?


 ヒューが羽ばたいてこちらに来る。走る馬のうしろに行ったかと思えば、アトを抱きかかえ飛び立った!


「無茶しやがる!」


 ラティオが手綱をたたいた。自分もあわてて馬の腹を蹴る。


 坂道を駆けおりた。道が細い。馬が踏み外せば崖から落ちる。


 前を走るラティオも死にものぐるいで馬を飛ばしている。そのひずめに蹴られた岩が崖から落ちた。


 これは落ちたら死ぬ。全身が粟立った。かまわず手綱をたたく。


 なんとか坂をおりた。馬首を巡らし両軍がぶつかる地点へと走らせる。


 両軍の歩兵が横列でならんでいる。じりじりと進み、互いの距離を詰めていた。


 ウブラ軍の太鼓が鳴った。最前列が駆けだす。ここまで来たのに駄目なのか! 一度戦いが始まれば止めることはできない。


「人だ!」


 だれかがさけんだ。


 上空、アトを抱えたヒューがいる!


 両軍の最前列が上空から降りてくる人を見つけ、足が止まった。


 おなじだ。あの舟をおりたとき、周囲を探って降りてくるヒューをヒックイト族のみなと一緒に思わずながめた。


 人が空から降りてくる。それは、あまりに異様な光景だ。


 ヒューとアトは、両軍のあいだに静かに降り立った。


 だれも声を発しない。自分は腹に力を入れた。


「第三歩兵師団、第五隊長のグラヌス!」


 自分の声に、両軍の兵士がふり返った。


「第三歩兵師団、第五隊長のグラヌスである。戦いを待たれよ!」


 歩兵隊の後方にゼノス師団長の顔が見えた。ラティオはウブラ軍のほうに駆けていく。


 間に合った。


 自分でも半信半疑だった。動きだした軍を止めれるのかと。


 手綱をゆるめ、ややゆっくりと近づいていく。


「第三歩兵師団、第五隊長のグラヌスである。戦いを待たれよ!」


 もう一度、大声で伝える。腰に差した剣を鞘ごとぬいて頭上にかかげた。それを大地に捨てる。


 間に合った。心に浮かぶ言葉は、それだけだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る