第23話 ゴオ族長

 ゴウ族長は低い声を発した。


「この里に部外者を入れてはならぬ。忘れたのか?」


 大声をあげたわけでもないに、あとずさりしそうになる。ラティオだけが平気な顔をしていた。


「商売の話だ。バラールの商人が来たこともあるだろ」

「商売、犬人族を相手にか?」

「いや、人間を相手にだ」


 ラティオがぼくを指した。ゴオ族長と目があう。族長は人間のぼくを見ても、表情は動かなかった。


「ラボス村にグールがでた。それを退治してくれるやつをさがしてるそうだ。バラールの弱虫には無理だが、この里の者なら、グールにだって負けやしねえだろう?」


 ラボスと聞いて族長の眉が動いた。知っているらしい。


「あそこはアッシリア領だ。捕まりにいくようなもの」

「そこはこの歩兵隊長さんが保証する。そうだよな?」


 グラヌスがうなずいた。


「バラールの傭兵を雇おうと思っていた。だが、傭兵は他国のいくさで出払っている。どうかひとつ、力をお貸しいただきたい」


 グラヌスとゴオ族長が視線をあわせた。ふたり、なにを思っているのだろうか。


「報酬は正規の傭兵と同じ。悪い話じゃねえだろう?」


 ラティオがにやりと笑った。だが、族長は笑わなかった。


「人間よ、グールは何体だ?」

「か、数えていません。上級獣ダーズグールは二体いました。一体は倒しましたが」


 急に問われてあせった。ラティオが舌打ちしたような気がする。


上級獣ダーズグールだと?」

「それにグール、集団か!」


 族長が手を挙げ、ざわつきが収まった。


「犬の歩兵隊長よ」

「それは、自分のことか?」


 グラヌスが一歩、前にでた。また剣をぬくかと心配したが、腕はさげたままだ。


「悪いことは言わん。一個師団とは言わぬが、国へ帰り、連隊を組んでいけ。上級獣ダーズグールがいるのなら、正規の軍が当たってもそれが妥当だ」

「我が軍は、すぐには動かせん!」

「それはそっちの都合だ」

「では、報酬を上乗せする!」


 ゴオ族長の表情が初めて動いたが、それは冷笑だった。


「俺も昔、ウブラの軍にいた。内情はだいたいわかる。歩兵なら、それほど潤沢に軍資金はあるまい。それとも、この場にそんな大金をもってきているのか?」


 グラヌスを見た。隊長の言葉に答えれないようだった。内容がいまいち理解しにくい。ようは、危険が高すぎるので報酬もかなり高くないと受けれない、ということだろうか。


「かならず、かならず用意する!」


 もう一度、族長は冷たく笑った。


「犬人族の歩兵隊長が約束するという。猿人族の我々が、それを信じると思うか?」


 グラヌスが奥歯を噛みしめるのがわかった。ぼくも何か言わないといけない。みんなに助けてもらってばかりだ。


「ぼくの父は、ラボス村の村長です。報酬は村からもだしてもらいます。どうでしょうか?」


 族長は少しおどろいた顔を見せた。


「人間の子が、犬人の子になったのか」

「はい」


 族長が怪訝な顔をした。信じてもらえなかったのだろうか。そう思ったが、族長が考えたのは、まったく別のことだった。


「少年よ、ラボスは、この里と変わらぬ山のなかにある村。報酬がだせるほど、贅沢ではなかろう。それにこの時期にその騒動。今年の収穫は絶望ではないのか?」


 言い返せなかった。そのとおりだ。


「ヒックイト族は傭兵ではない。ただの山の民だ。そして傭兵でも、その依頼は受けぬであろう。危険すぎる」

「ですが、村が襲われてしまいます!」

「悪いが、力にはなれぬ」


 ここの人は傭兵ではないのかもしれない。でも、集まった男の人は、大きくて屈強そうな人ばかりだった。


「ゴオ族長、でもよ」

「ラティオ、お前は、収穫の輸送が仕事だったはず。ほかの者はとうに帰ってきた。冬支度を手伝え」


 なにか、なにかないだろうか。このままでは村を救えない。でも莫大な報酬をだすほどの財はない。それなら・・・・・・


「石碑を建てます!」

「なに?」

「村の中央に石碑を建て、助けていただいた方々の名を刻みます。みんな、感謝するはずです。村の長老はたき火を囲んで子供に話すでしょう、この村を救った英雄です!」


 まわりを見た。だれもなにも言わない。


「楽しそうな話じゃねえか」


 ふいに声が聞こえた。発したのは、周囲にいたヒックイト族のひとりだ。


「犬の村に猿の名が刻まれるか。まあ、刻んだあとに石碑を倒しゃいいか」

「しません」


 男を見た。ひたいから生え際に大きな傷のある大男だった。


「ぼくが石碑を守ります」

「はっ、ガキに言われてもな」


 ガキと言われてかっとなった。それなら剣に誓ってやると思った。だが、ぼくは剣を持ってない。腰ひもにさげた革の小刀入れから薬刀をだした。これに誓うのは滑稽こっけいすぎる。ならば、違うものに誓おう。


「この刀は、亡き母にもらった。母は、グールによって殺された。亡き母に誓って言う。ぼくは助けてもらったことを、死ぬまで忘れない!」


 薬刀を頭上にかかげた。


「・・・・・・おめえの母の名は?」

「メルレイネ!」

「亡くなったとは、気の毒にな。その名は忘れないでやる」


 ひたいに傷のある大男は、くるりと背をむけ歩きだした。ラティオが、あわてて大男の背中に呼びかける。


「明朝に出発する、行ってもいいという者は、この広場にあつまってくれ!」


 大男はふり向かなかった。代わりにゴウ族長が答える。


「すぐに去れ、と言いたいところだが、連れてきたのはラティオだ。明日の朝までは許そう」


 族長は馬をまわし、背をむけた。ゆっくりと帰っていく。ほかの住人も、各自の家に帰っていくようだ。


 台無しにした。その思いが強い。グラヌスとラティオが、ここまで連れてきてくれた。それをしゃしゃり出て、ぼくが台無しにしてしまった。


「おい、アト」


 ラティオがやってきた。


「ごめんよ、ラティオ」

「ああ、まさか上級獣ダーズグールのことをしゃべっちまうとはな」

「ラティオ殿、アト殿は悪気があったわけではない」


 グラヌスもきて話にくわわった。


「わかってるよ、隊長さん。おれは、あの手この手でだまくらかそうと思ったが、結果、こっちのほうが最高だ」


 ラティオがぼくの肩に手をおいた。


「やるな、お前」


 言われた意味がわからなかった。


「よし、帰って飯にしよう」


 ラティオはぼくの肩をたたき、歩きだした。ぼくとグラヌス、それにヒューがついていく。


 広場をぬけ、山のなかの小道を進んだ。


「そうだ。少し寄りたいところがある」


 ラティオはうしろを歩くぼくらに告げると、小道から外れて斜面をのぼり始めた。ぼくらもついていく。


 斜面をのぼると、また違う小道があった。しばらく歩き、小さな小屋に着いた。ヒックイト族はラボス村のような集落ではなく、山の中に点々と家を建てているようだ。


「ボンじい!」


 ラティオが名前らしきものを呼び、家に入った。ぼくらもついて入る。


 小さな小屋だったが、おどろいた。家のなかの壁という壁には板が何段もつけられていて、山のように書物が積みあがっていた。


「いねえか。話を聞きたかったんだがな」

「ラティオ殿、ここの家人かじんは?」

「ああ、ボンフェラートっていう爺さんが住んでてな」

「ボンフェラート、異国人か?」

「数年前に、ここに流れて居ついた。遠くから旅をしてきたらしい」


 ぼくは部屋を見まわした。すごい数の書物だ。ヒックイト族は、こんなにも学術にはげむのか。


「この里では一番の識者だ。グールについて話を聞きたかったんだがな。爺さんなら、なにか知ってそうだ」


 それを聞いてほっとした。


「なんだ、どうした? アト」

「ヒックイトの人が、こんなにも学術に長けているのかと思って」

「ボンじいは特別だ。おれは学術が嫌いでな」

「ぼくもだ」

「恥ずかしながら、自分もだ」

「おう、気があうな」


 ぼくとラティオ、グラヌスが見あって笑った。


「書物を読むのは好きなんだがな、人から教わるのが好きじゃねえ。とは言え、ここの書物も、おれは半分ほどしか読んでねえ」


 グラヌスと目があった。ラティオは少し、いやかなり、ぼくらとは違うらしい。この家の半分。ぼくなら十冊も読めば気を失いそうだ。


「まあいい。帰るか。腹が減って死にそうだ」


 ラティオの言葉には大賛成だ。お腹がすいて死にそうだ。でも、それほどお腹がすく自分に気づいた。


 一緒にいる人数が増えて、知らないうちに緊張がほどけているのかもしれない。


 人の家にあがるのだ。はしたなく食い意地を見せないようにしよう。そう自分に注意をしたが、考えれば考えるほど、お腹がぎゅうっと鳴った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る