第22話 舟で北へ

 帆かけ舟に乗り、北へ北へとのぼっていく。


 先日、高い岸壁の上から運河を見た。そのときは気づかなかったが、運河にはいくつもの川が流れこんでいた。左右にわかれる大きな川とは別に、北へのびる川もある。


 舟を操るふたりは漁師だった。ふだんはこの舟で漁をしているらしい。


 秋風をはらんで膨らむ帆を、父親のほうがたくみに操作した。風で動く舟というのは、思ったより速い。いまでも馬と変わらない速さに見えるが、風が強ければ飛ぶように走るのだそうだ。


「しまった、食い物を買うのを忘れた!」


 グラヌスが大声をあげた。それは、ぼくも忘れてた!


「心配するな、うちで食えばいい」

「日をまたがず着くのか!」


 グラヌスがびっくりしている。びっくりするぐらい早く着くということだ。村を出たことがないぼくには、そのあたりの常識がわからない。


「そうだな、この風なら、夕方には里に着くだろう」


 ラティオの言ったとおり、空が赤くなる前にふもとに着いた。


 ここまで上流にくると川幅はせまくなり、ぼくでも泳いでわたれそうだ。


「明日の朝にもどる。来なくても昼ごろまでは待ってみてくれ」


 ラティオが漁師の親子にそう頼んでいた。


 岸辺におりたぼくは、山を見あげていた。鬱蒼うっそうと木々がおいしげり、ふもとからは頂上が見えない。


「おれが先頭をいく。おれの歩いた道から離れないでくれ。山のなかは罠があったりするからな」


 グラヌスと見あった。その罠で捕らえるものは動物なのか、人なのか。


 ラティオのうしろについて、山をのぼる。


「歩くのが面倒だ。飛んでいっていい?」


 うしろからヒューが聞いた。グラヌスは最後尾にいる。


「やめとけ。間違って矢で射られるぞ」


 ヒューが顔をしかめた。歩くのは苦手のようだ。


「ヒックイト族は、何人いるの?」


 興味本位で聞いてみた。


「さてな、千か二千。それと集落ではないところに住んでいる者もいる。そこまで合わせても五千ていどか」

「そんなにいるのか!」


 うしろから驚嘆の声をあげたのはグラヌスだ。


「村、ではないね。その規模だと」


 そう言ったのはヒューだ。


「いや、村だな。アグン山と、それにつながる山に散らばって住んでいる。ひとつひとつの集落は小さいもんさ」


 ラティオはヒックイト族を山の民と言った。ラボス村と同じようなものかもしれない。


「山賊ではなかった・・・・・・」

「おう、昔は荒っぽかったらしいが、今のゴオ族長になってからは、掟が厳しくなったと聞く」


 ぼくが思わずつぶやいた言葉にラティオが答えた。


「ゴオだと?」


 グラヌスがまた大声をあげた。


「もしや・・・・・・首切りのゴオか!」

「首切り?」


 ぼくはふり返った。ずいぶん物騒な名だ。


「アト殿は知らぬか? さきの大戦で名を馳せた五人の戦士だ。五英傑と言われる」


 五英傑、聞いたことはなかった。父さんは、その大戦に参加していた。でも、戦争の悲惨さはよく語ったが、武勇伝のようなものは言わなかった。


「五英傑のひとりに首切りのゴオと呼ばれた猿人がいる。大剣を使い、ひとふりで首を飛ばすことから名づけられた名だ」


 ひとふりで。思わず、ごくりと喉がなった。


「いや、名前が同じだけであろう。考えてみれば、五英傑ならば富と名声を手にいれている。言葉は悪いが山奥の田舎には・・・・・・」


 先頭を歩くラティオが止まった。


「おい、グラヌス」

「うん?」

「その通り名で呼ぶなよ。本人は嫌ってんだ。斬られるぞ」

「なっ!」


 グラヌスとぼくが見あっていると、横のヒューがつぶやいた。


「さて、予想とかなり違ってきた。隊長さんはアトを守れるかな」


 にやっと笑う。この鳥人族の人、なにを考えているのか、どうもつかめない人だ。


 山道を歩きつづけていると、だんだんと違和感がわいてきた。肌がざわつくような感覚がある。


 周囲を見まわした。景色はかわっていない。なにが違うのだろうか。


「見られている」


 ぼくの横にグラヌスが来てささやいた。そうか、視線か!


「それも、のぼるほどに増えてきている。気をつけて」


 ぼくはうなずいた。そして周囲を見るのはやめた。かくれて見ているのだろう。山になれた者が身をひそめると、まずわからない。子供のころ、父さんと山でかくれんぼをすると、絶対見つけられなかった。


「もうすぐ着く」


 ラティオの声に斜面のさきを見た。空が開けている。そこへ人影があらわれた。こちらをのぞきに来たようだ。人影はひとり、ふたりと増えていく。


 そこは大きな広場だった。


 広場には、ヒックイト族と思われる猿人が大勢いた。みんな、こっちを見ている。


「ラティオ、部外者をつれてくるたあ、どういうこった?」


 ヒックイト族のひとりが言った。


「ああ、おれの知り合いでな」

「おい、犬の知り合いってことはねえだろう」


 みんなの目線がグラヌスに集まった。グラヌスが緊張しているのも伝わってくる。


「犬だけじゃねえよ。人間と鳥もいるぜ?」

「人間? なんと!」

「おお、鳥人族だ!」


 ヒックイト族の人が口々におどろきの声をあげた。


「おい、族長が来たぞ」


 だれかの声に人混みがまっぷたつに割れた。馬に乗った人がゆっくりと来る。


 まるで狼だ。目にした瞬間に思った。肌がひりつくような威圧感。猿人族を見て狼というのへんだが、この族長さんには狼とおなじ孤高の強さを感じる。


 年も背丈も父さんぐらいだが、黒く短い毛並みに黒い服。黒ずくめの外貌がいぼうから立ちのぼるような殺気を感じる。こんな威圧のある戦士を見たのは初めてだ。


「く、首切りのゴウ」


 左にいたグラヌスがうめいた。族長を見つめたまま、ふるえる右手が腰の剣にのびる。


「グラヌス!」


 小さく声をかけ、腕をつかんだ。


 グラヌスは自分の腕を見て、剣をぬこうとしたのがわかったらしい。ぼくにうなずき、両拳をぎゅっとにぎって身体の横になおした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る