第16話 カルラ運河の岸辺

 カルラ運河に着くと、日はかたむき始めていた。


「あとは、この運河沿いの道を登っていけばよい。今日は、このあたりで野宿するか」


 馬から降り、グラヌスは馬のひもを岩にくくりつける。


 運河の河原には、腰の高さほどのあしがしげっていた。


 草むらに入っていくと、ちょうどよい広さの空き地があった。岸辺に落ちている木から乾燥しているものを選び、たき火を作る。


 グラヌスは馬につけていた荷物をとってきて、なかからパンと干し肉をだした。言うまでもなく、ぼくにもくれる。


「アトは訓練兵だったな。もう戦士ポレミテースなのか?」

戦士ポレミテースのつもりだ」

「そうか。なら大丈夫だな」


 なにが大丈夫なのかと思ったら、荷物から木の杯をふたつだす。肉屋でもらった麦酒ビラをなみなみと注いで寄越した。


 麦酒を飲んだことはある。でも苦い。飲めもしないのに、戦士ポレミテースかという言葉を聞いて、受けとってしまった。とりあえず地面に置く。


 グラヌスは干し肉を歯で引きちぎると、噛みしめたのちに麦酒を流しこんだ。


「固ければ、少し火で炙るとやわらくなるぞ」


 そう言われたが、グラヌスを真似て豪快に歯で引きちぎってみた。思ったより、やわらかい。


「美味しい」


 お世辞ではなく思った。脂の残り具合と、塩の案配がちょうどいい。


「ああ見えて、肉にはきびしい親父でな。生肉はもっと旨い。帰ったら牛の腹まわりを焼いて食おう」


 ぼくの村では牛の肉は手に入りにくい。鳥か羊が多かった。干し肉でこの美味しさなのだ。それは食べてみたい。


「アトの住む、ラボス村のことを聞かせてくれぬか?」


 そうか、わかった。グラヌスが年上なのに、妙に馴れ馴れしく接してくると思った。おそらく、ぼくに気を遣っているのか。母を亡くしたぼくに。


 そして村のこと。どう答えればいいか難しい。


「特に珍しくもない村で、どう言ったらいいかなあ」

「珍しくないことはなかろう」


 珍しくない? 意味がわからずグラヌスを見た。


「なにせ、人間のアトがいる」


 グラヌスが笑った。それはそうだ。ぼくも笑う。


 思えば、ぼくを見て珍しいとはよく言われるが、そのとき、ほとんどの人は眉をひそめる。笑ったのは、グラヌスが始めてかもしれない。


「そうだグラヌス、ひとつ、だれも知らないことがある」

「ほう」

「人間に尻尾しっぽはない」

「なんと!」


 グラヌスがおどろいた。


 人間について書かれた書物を、父さんが熱心にさがしていた時期がある。人間が人類の始祖であるという書物も見つけた。ただ、その書物に書かれた人間の特徴は、毛がうすいとは書かれていたが、尻尾がないとは書かれていなかった。


 グラヌスが知っている人間の知識は、きっとその書物だろう。


「これは良いことを聞いた。幼年期に通った学舎の恩師に自慢しよう」


 笑いながら杯を口元に近づけたとき、少し顔をしかめた。


「グラヌス?」

「いや、なにやら下腹が・・・・・・」


 答える途中でグラヌスは杯を落とした。


「グラヌス!」


 ばたんと倒れた。仰むけにすると、顔は蒼白で口から泡がでている。この症状、見たことがあるぞ。村の子供が間違って毒草を食べたときと同じだ!


 自分の杯へ駆け寄り、持ちあげて鼻の下へかざした。麦酒の香りしかしない。


 少し口に入れる。飲まずに舌の上でころがしてみた。すこし舌の表面が痺れる感覚がある。間違いない、毒草だ。

 

 ころがった杯をひろい水辺に走った。川の水で杯をよく洗い、水を汲む。


 駆けもどってグラヌスを起こした。口に水を入れてやると、少しずつだけど入っていく。


 杯の半分ほど水を飲ませ、もう一度地面に横たえた。


 あのとき、あの子供に母さんはどうやっていたか。あしの草むらを出て、河原をさがす。シュブラの木。小さな木で細い葉を生やす木だ。嘔吐の作用があって、母さんはそれをすり潰して飲ませた。


 シュブラの木は、ラボス村では小川のへりに生えていた。この河原にもあっていいはずだ。


 岩と岩のあいだ、挟まるように生えている木、これだ。腰にさげた革の小刀入れから薬刀をだす。


 葉を切ろうとして、思いとどまった。薬刀が黒ずんでいる。あの上級獣ダーズグールの雌牛を突き刺したあと、しっかりと洗ったのに鋼にはまだらな黒ずみがあった。


 鋼に染みこんだのかもしれない。薬刀を腰にもどし、手でちぎった。


 グラヌスの元に駆けもどる。上半身を抱えて起こした。シュブラの葉をすり潰している間がない。口に入れて噛みくだいた。それを手のひらに吐きだし、グラヌスの口にねじこむ。


 水と一緒に飲ませ、地面に寝かせる。しばらく見つめた。効いてくれ!


 グラヌスの身体が動いた。吐いたものを詰まらせないよう身体を横にむける。グラヌスが吐いた。


 次は毒消し草だ。地面に生えるギザギザの葉。河原にはない。ぼくは河原から運河沿いにつづく街道へともどった。


 道のへりを探すとあった。毒消しのファルマゴ草。ひとつかみ摘んで帰る。


 木の杯に入れ、近場にあった細長い石ですり潰す。草から汁が出てきた。川の水を少し入れる。さらに押し潰し、水が緑色になったところでグラヌスに飲ませた。


 それから河原に落ちてある石を積んで、かまどを作った。たき火から火をうつす。そこに川の水を入れた鉄鍋をかけた。薬草の効果を強くするには、煮出したほうがいい。


 ファルマゴ草をさがして摘みとり、それを煮出していると、あたりはすっかり暗くなった。


 たき火の揺れる明かりでグラヌスを見る。苦しそうな表情だが、顔色はもどってきた。


 なぜ、麦酒に毒草が入っていたのだろうか。そう思っていると、たき火の明かりの外、暗闇のなかに草むらが動く音がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る