第15話 テサロア地方を見わたす

 見わたすかぎりの草原を、馬で疾駆しっくする。


 馬から落ちないように、前にいるグラヌスの肩をしっかりとつかんでいた。


 鳥の群れがすりぬけるかのように、びゅうびゅうと風がすぎ去っていく。


 ラボス村では考えられないことだ。ぼくの村は山間やまあいなので草原はない。


「アト!」


 グラヌスが顔を横にして背後のぼくを呼んでいた。風と馬蹄ばていの音で聞きとりずらい。


「カルラ運河を見たことは!」

「ない!」


 ぼくの返事を聞いたグラヌスは、馬の方向を変えた。なだらかな斜面を駆けのぼっていく。


 しばらく走るとグラヌスは馬を止めた。ごつごつとした岩の大地に一本だけ大きな樹が生えており、そこに馬をつなげる。


「ここからは歩いていこう」


 馬からどう降りようかと困っていたら、グラヌスが手を貸してくれた。こんなことなら、もっと馬を練習しとくんだった。ラボス村には、子供が練習できるようにと共用の馬が二頭いる。


 父さんからも言われていた。大人になったら馬に乗ることはあるから、練習しときなさいと。でも、一緒に練習する相手がいないので、あまりしなかった。子供のころから、ひとりで遊んでいた記憶が多い。


 歩いていくと岩肌の地面が切れている。このさきに川があるのだろうか。


「ここからだと、このあたり一帯がよく見える」


 あたり一帯? 川に近づいたつもりが、眼下に広大な景色が広がった。


「うわ……」


 断崖だった。それもかなり高い。崖のさきまで行くと怖いので、少しさがって景色をながめる。


 ちぎれた雲が所々にある青空と、草原の緑が所々にある茶色の大地がどこまでもつづき、やがてひとつになっていた。


「あれがカルラ運河だ。ウブラ国ではカルラーン運河とも言うが」


 グラヌスに言われ、地平線から手前の大地に目をうつした。


 カルラ運河。このテサロア地方の中央を、北から南へ真っすぐに大きな川が流れていた。あれが、アッシリア王国とウブラ共和国の境界線か。では、河の向こうがウブラの領地。


「ダリオンが言っていたザンパール平原が、あのあたり」


 グラヌスが河むこうの少し北を指した。丘のない平らな土地が広がっている。何か建物も見えた。ウブラ国のとりでだろうか。


 そして、そのさらに北。河は左右にわかれている。


 左右にわかれる右の付け根に、ここからでもわかる四角い大きな街が見えた。


「グラヌス、あれが……」

「そう、バラール自治領だ」


 バラールへは年に何度か、ラボス村からも小麦を売りに行くことがある。交易がさかんな街だと聞くが、それもそのはず。バラールは、アッシリア王国とウブラ共和国の、ちょうど真ん中だったのか。


 住民は猿人族が多いらしいけど、犬人族でも自由に出入りできると聞いた。


 そして左右にわかれた川を左に沿って行けば、いずれ、ぼくが歩いたストルマ川に行き着くのか。とんでもなく遠くに来たものだ。


「今日はよく晴れてるな。アグン山の頂上まで見える」


 グラヌスが目の上に手をかざした。ぼくも真似をする。バラールの都から北。山脈のなかに、ひときわ大きな山がそびえていた。


「あれが、死の門・・・・・・」

「よく知ってるな」


 テサロア地方の最北は「死の山脈」によって終わるが、そこを抜ける道もあるという。その一つがアグン山なので、あの山は「死の門」とも言われる。


 グラヌスが低い声で話し始めた。


「死の門をくぐると、鼻の曲がるような臭いが立ちこめ、あたりには無数の骨となったしかばねが・・・・・・」


 思わず、ぼくの喉がごくりと鳴った。


「とまあ、そういう逸話があるが、虚言だと聞く」


 うそなのか。肩の力がぬける。隊長のような勇ましい男が言うと、冗談に聞こえない。


「だが、山には多くの山賊が巣くうという。どちらにせよ悪名高き山だな」


 グラヌスがきびすをかえし、馬にむかった。ぼくはもう一度、アグン山を見た。頂上は剣のようにするどい。ぶるぶるっと身震いして、グラヌスのあとを追った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る