第14話 ふたたびの出立

「アトボロス、何か必要なものがあるか?」


 コリンディアの小さな店がひしめく露店街で、グラヌス隊長が聞いてきた。


「グラヌス隊長、すぐに出発しないのですか?」

「一夜は野宿をせねばならん。腹が減ってはいくさはできぬぞ」


 お腹は空いてなかった。それより、早くバラールに行きたい。


「おお、それからアトボロスは軍人ではない。隊長と呼ばず、気さくに話してくれ」

「ぼくは訓練兵です!」

「そうか。まあ、訓練兵だからな。それほどかまえず、グラヌスと呼んでくれ」


 それでいいのだろうか。ラボスの守兵副長トーレスさんは、訓練所に入ったときから自分を戦士と思え、そう言っていた。


「それで買うものはあるか?」


 ひとつ思いだした。


「弓を壊しました」

「なるほど、弓屋か。こっちだ」


 案内してくれた弓屋は、先日にぼくが見ていた弓屋だった。平台の上に、大小たくさんの弓がならんでいる。


「隊長、どの弓がいいでしょうか?」

「アトボロス、さっき言ったであろう。グラヌスだ」


 そうだった。


「では、ぼくのことも短くアトと」

「わかった」


 グラヌスはうなずいて笑った。少しのんきだけど、この隊長は悪い人ではない。


「グラヌス、どの弓がいいですか?」

「それが……」


 グラヌスは腕を組み、にらみつけるように弓の群れを見る。


「弓は苦手で好かぬ。いや、好かぬから苦手なのかもしれぬが」


 あれほどの剣の腕を持っている人が、弓は駄目なのか。


 目利きしてもらおうと思った人が役に立たないので、自分の目で吟味する。見ていくなかで、ひときわ変わり種がひとつあった。


「鉄の弓?」


 手に取ってながめてみる。薄くて細い鉄の板を曲げて作っていた。見た目ほど重くはない。


「おう、坊ちゃん、お目が高い! それは南方の国から仕入れたものだ。ぶつけたり落としたりしても、壊れることがねえ。こんな珍品を売ってるのは、うちぐれえだろうな」


 店主は自信満々だ。金額は、ふつうの弓より少し高いぐらいか。買えないことはない。父さんから旅費をもらっている。


「では、これをください」

「はいよ」

「待たれよ店主」


 ぼくの横から、ずずいとグラヌスが割って入った。


「ちと、高くはないか。もう少しまけてくれぬか」


 おどろいた! 品物の金額に文句をつけるとは。


「いやあ、これは珍品なんでね」

「では、これに合う矢はどれだ?」

「へい、これでさ」

「これを三本買う。そこで二本おまけしてくれ」


 たしかに、弓はそれぞれに合った矢が必要になる。長さがわかれば、自分で作ることもできるが、ここに売っているのなら最初は買ったほうがいいだろう。


「気持ち良く決めていただいたんで、いいでしょう!」


 店主は五本の弓をだした。こんなやり取りがあるのか。これは都で買物をするなら、気をつけないと。


 ぼくが銅貨をだそうとすると、グラヌスが固辞した。ゼノス師団長からいただいた旅費でまかなうそうだ。


 弓矢を買ったあとは鉄物屋で小さな鍋を買った。あとは食料だ。


 人のあいだを縫うように歩くと、意外な人物に出会った。


「ダリオン……」

「これはグラヌス殿」


 ダリオン第八隊長の背後には、部下らしき人が五人もいる。


「ラボス村へ調査に行くそうで」

「よく知ってるな。父親に聞いたか」

「父親ではない。フォルミヨン第一歩兵師団長と申せ」


 グラヌスは相手にせず、ぼくを見た。


「アト、行こう」


 グラヌスが歩きだすと、またダリオンが口をひらく。


「そちらは辺境の村へ調査。こちらはザンパール平原へ視察。内容の質に差はあれど、お互いがんばりましょう」


 グラヌスはうんざりしたのか、それも答えず歩きだした。あとについて行くと、一軒の店先で止まる。小さな屋根があるだけの小屋には、肉の塊がつるされてあった。


「我が隊の行きつけの肉屋だ。質がよくてな」


 グラヌスは奥で作業をしていた店の者に声をかけた。


「あるじ、干し肉を頂戴したい」

「おお、これはグラヌス様」


 お腹のでた恰幅かっぷくのよい人が笑顔で店先にくる。


「街の者から聞きましたよ。第五隊長への昇進、おめでとうございます」

「うむ。まあ、素直には喜べぬがな」

「旦那は大きく羽ばたいていきますよ。あっしのはらのように」


 肉屋の主人は、おなかをぽんぽんっとたたいた。


「それも素直には喜べんな」


 ふたりが笑った。ぼくは早く出発したい。気があせってきた。


「おお、そうそう」


 肉屋の主人は店の奥から一本のびんを取りだした。


「お客さんからの差し入れで。旦那があらわれたら祝いにわたしてくれと」

「自分にか。すまぬな。よくこの店に預けたものだ」

「へえ。それは、ご贔屓ひいきいただいてるもんで。街の者も知っておるのでしょう」


 グラヌスは封のされたびんを受けとりながめる。


麦酒ビラか」

「へえ。かなりの上物だそうで」

「それはよいな。野宿の夜は長い。これでしのげるだろう」


 グラヌスは干し肉を買うと、隣の店でパンも買った。背中に用意していた背負い袋に入れ、駐屯所に帰る。


 馬房に行くと、見たことのある顔がふたつ。


「イーリク、ドーリク、連れてはいけぬぞ」


 副隊長のふたり。てっきりグラヌスが呼んでいたのかと思った。ふたりはすでに膨らんだ背負い袋をしている。


「隊長、ではそめて、どちらか一人でも」

「ならぬ。これは、自分とアトだけでよい。ふたりには、留守中の隊を預けるぞ。よいな」


 ふたりの副長が、ぼくを見た。あまり歓迎されてはいない。


 グラヌスは手慣れた動きで馬を馬房からだし、くらをつける。素早く馬に乗ると、ぼくに手を差しだした。手をにぎる。あっという間に馬の上になった。


「では行くぞ、アト」


 どう答えていいかわからず、うなずいた。


「はっ!」


 グラヌスが馬を蹴った。この街に入ってきた門とは違い、軍の専用らしい大きくて広い門を駆けぬける。


 みるみるうちにコリンディアの街が小さくなっていく。これはやはり軍用馬だ。ラボス村にいる馬とは速さが違う。


 馬の速さを感じると、あせる気持ちが少し楽になった。この馬なら早いだろう。


 思えば、最初に会ったのがグラヌスでよかったのかもしれない。星のまわりがちがえば、最初に会ったのがダリオンだったのかも。それを思うと、ぞっとする。


 ふり落とされないよう、しっかりとグラヌスに抱きついた。ぼくが抱きついても微動だにしない、それは頼もしい背中だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る