第13話 次の一手

「ゼノス師団長!」


 第一師団長室から出てすぐ、かつて父の上司であったはずの師団長に詰め寄った。


「いまは申すな」


 ふたりの後について行き、また第三師団長室へともどる。


 ゼノス師団長は自分の机には行かなかった。壁ぎわから自ら椅子を三つだして座る。グラヌス隊長も座ったので、ぼくも腰かけた。


「グラヌスを五番隊のおさにしたのが、早かったかもしれぬな」

「自分を?」

「ダリオンは若者のなかでは一番の栄進であったからの。それがグラヌスにぬかされた形になっておる」


 グラヌス隊長は少し考え、あきれたような顔をした。


「五番隊と八番隊、その差ですか!」


 ゼノス師団長はうなずいた。


「あやつ、妙に噛みついてくるのは、そういうことか」

「フォルミヨンも末端とは言え、王家の親族。自身の子には栄達を望むであろう」


 三人の師団長のうち、第一歩兵師団長のひときわ豪奢な服を思いだした。王家の親族。初めて見る。


「くだらぬことで軍務に支障がでるのは避けたいところ。自分は番手にこだわりはありませぬ。八番隊か九番隊を希望します」


 聞いたゼノス師団長が苦笑した。


「お主はこだわらぬとも、ほかがこだわるわ。剣の腕なら第三師団で一番かもしれぬ」

「はっ。これは過分なお言葉を」

「降格しようものなら、副隊長のイーリク、ドーリクあたりが、わしに噛みついてくるわ」


 イーリク、ドーリク。訓練所で見た対照的な歩兵ふたりだ。


「それで、セオドロスの子、アトボロスよ」

「はい!」

「すぐに軍は動かせん。次の報が来るまで、この街で待つか、村へ帰るか」


 軍が来ない。アッシリア王国の領地では、何かあれば国が守ってくれるのと習った。そのために納める租税だと。 


「いますぐ助けが必要なのです」

「うむ。次の報まで待つしかないのでな」

「そんな!」

「帰ったほうが良いであろう。母のメルレイネが心配しておるぞ」


 ゼノス師団長は冗談だったのか、そう言って笑った。ぼくは師団長とグラヌス隊長を交互に見た。


「母は、もう殺されました!」


 父の手紙にそれは書いてなかったのか。ふたりがおどろく。


「アトボロスよ、それは大変に気の毒ではあるが……」

「ゼノス師団長」


 師団長の言葉を、グラヌス隊長がさえぎった。


「自分がアトボロス殿に同行し、見て参ります」

「グラヌスよ、お主の隊が動けば、またダリオンがせっついてくるぞ」

「いえ、隊は動かさず、自分一人が行ってまいります」

「単独でか! ならぬ。それは危険すぎる」


 グラヌス隊長は強い目で、ぼくを見た。


「アトボロス殿、村はいつ出られた?」

「三日前です」

「たいしたものだ。ラボス村なら大人の足で五日はかかるであろう」


 そんなにかかるのか。では、もうひとりの使いが来るまで、あと二日もかかる。


「あのダリオンとは、昔から反りが合わなくてな。それがこのような形で迷惑をかけてしまった」


 グラヌス隊長が頭をさげたので、ぼくはどうしていいか、わからなかった。


「自分の不徳は自分でぬぐおう」


 頭をあげた隊長はゼノス師団長へ向いた。


「大人に勝る勢いで少年が駆けてきたのです。自分は、アトボロスに協力したいと思います。師団長、ご許可を」


 師団長はしばらく考えたのち、立ち上がると自分の机にまわり引き出しを開けた。なかから小さな袋をだす。


「ふたりだけで行き、何かあっても困る。バラールに立ち寄るが良かろう」

「バラール自治領に?」


 グラヌス隊長は立ちあがり、小袋を受けとった。


「フォルミヨン第一師団長には、ラボス村へ調査と伝えておく。お主とアトボロスはバラールに行き、傭兵団を連れてラボス村を救え」


 なるほど。バラールは父さんから聞いたことのある都市だ。アッシリア王国とウブラ共和国の中間にある商業都市。大きな軍隊はいないが、街には傭兵がたくさんいるらしい。


「グラヌス隊長、そのバラールへは、どのくらいかかりますか」


 あまり日にちがかかるのなら、ここでラボス村の使いを待っていたほうがいいかもしれない。


「馬を飛ばせば、二日で着く。すぐに出立しよう」


 それなら早い。ぼくは大きくうなずいた。


 バラールか。このコリンディアという都でも人の多さにおどろいた。まさか、すぐにもうひとつの都に行くとは。


 でも、きっとそこで、ラボス村を救ってくれる人がいるはずだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る