第12話 師団長会議

 さきほどのゼノス師団長の部屋より、ひとまわり大きな部屋だった。


 大きくて重厚そうな机にかけているのが、第一歩兵師団長のフォルミヨン。


 その机に向かってイスに座っているのが、ニキアス第二師団長と、ゼノス第三師団長だった。


 三人の師団長のうち、ゼノス師団長が一番の高齢なのが意外だった。フォルミヨンも、ニキアスも、どちらも年は四十から五十あたりに見えた。


「なるほど……」


 フォルミヨンが父の手紙を読み、ニキアスにわたした。


上級獣ダーズグールが現れたとはな。隊を派遣するとして、何人が適正か……」


 フォルミヨンは身なりの上品な人だ。あごに生える毛を伸ばし、それをのりで固めているのか、きれいに細長くとがらせている。


「このグラヌスと少年が出会ったのも、何かの縁。自分の隊に先行をご命令ください」


 グラヌス隊長が言った。ぼくと一緒にゼノス師団長の背後に立っている。


「おまちください、父上」


 フォルミヨンのうしろに立っていた男が言った。第一師団長と同じように、あごの毛を細く整えているけど、若い顔には似合ってなかった。


「ダリオンよ、何か思うところがあるか?」

「はい。私の手の者が仕入れました情報によりますと、ウブラの歩兵隊が運河のむこうに集結しております」


 ウブラ。このアッシリア王国と敵対するウブラ共和国だ。


「それは、ただの演習であろう、ダリオン第八隊長」 

「グラヌス殿、敵は歩兵隊を遠い村に誘い、こちらの兵力を分散させたいのではあるまいか。容姿を見れば、それを疑っても良いものを」


 グラヌス隊長と見あった。ぼくのことだろうか?


「ダリオン殿、この少年は人間である。犬人族ではない」

「なるほど、うまい言い訳ですな」

「うまくはない。細作であれば、犬人族を使うであろう。わざわざ人間族を使う理由がない」


 細作? 味方のふりをして内情をさぐる者。父さんが話してくれた戦争で、そんな役割の者がいると聞いた覚えがある。


「ぼくは、ラボス村の子です!」


 ゼノス師団長が、ぼくに手をかざした。大声を出すなという意味だろう。


「この者の父セオドロス、母メルレイネ、どちらも、わしが知っておる。添えられた書簡にも、この子が自分の子だと書き記しておろう」


 フォルミヨン師団長は机の上にある、もう一通の手紙を見た。


「父上、どこぞのやからとも知らぬ辺境の者、偽物にせものを作るにはたやすいかと」

「ダリオン殿、うしろから見たであろう。正規の軍達にのっとった書式であり、刻印も入っておる」


 ゼノス師団長の言葉に、ダリオンは鼻で笑った。


「では、敵にでも買収されましたかな」


 これはいま、何の話をしているのだろうか。


「そもそも、問題として」


 ダリオンは少し前に出た。


「このような子供を調べもせず、内部に連れてくる。グラヌス隊長は危機意識が欠如されているとしか思えません」

「うむ。そこは一理あるな。尋問はしたか、グラヌス」


 フォルミヨン第一師団長の言葉に、グラヌス隊長は目をむいた。


「子供ですよ! 師団長」


 ダリオンが咳払いした。さっきから、この人ばかりがしゃべっている。


「そう、そこがおかしい。大事な軍達であればこそ、なぜ年端もいかぬ子供に預けるのか」


 ぼくが持ってきた、それが疑われているのだろうか。


「父さんは、ぼくともう一人に手紙をたくしました。こっちにむかっているはずです」

「ほう、大人より子供がさきに着くとは。君の足は馬並みですな」


 ダリオンがぼくにむかって笑った。さっきから、この人は何を話しているんだろう!


「そもそも、派遣された兵士からの連絡もない。まさか、兵士は全滅したなどと便利な嘘はつかぬであろうな」

「馬鹿な、兵士なんて、とっくに逃げ出してる!」


 王都から派遣された兵士が戦っている姿なんて、見たことがない!


「馬鹿とは何か!」


 ダリオンがぼくにむかってこようとしたが、それまで黙っていたニキアス第二師団長が口を開いた。


「ひとまず、次の報が来るまで待機でいかがでしょうか、フォルミヨン様」

「うむ。さすが思慮深きニキアスであるな。今後、あらたな報が入り次第、分析を頼む」

「御意。つきますれば、敵軍の情勢を探るのに、ご子息に視察をお願いしとうございます」


 フォルミヨンはダリオンを向いた。


「行ってくれるか、息子よ」

「はっ。我が国と父には、すでに命をお預けしている身。何を断る理由がありましょうぞ」


 会議が終わろうとしている。そんなことがあるのだろうか。


「待ってください! ラボスを、父さんを助けてください!」


 ゼノス師団長がふり返り、ぼくの肩に手をおいた。


「アトボロスよ、あとで話そう」


 そんな!


「では、これにて」


 フォルミヨン第一歩兵師団長は、まるで今日が何事もなかったかのように、悠々と会議の終了を告げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る