第2話 グール

「なにか起きないかな」


 と昨日に愚痴ったせいだろうか。ラボス村はちょっとした騒動だ。


 日が暮れた今もまだ解決しておらず、村の人たちは総出で見まわりをしている。


 各家も今夜は灯りをともし、万事にそなえていた。ぼくもこうして油燭のそばで日記を書きながら、となりには弓矢を置いている。


 それは昼過ぎのこと。


 西の森へ、女の人たちがきのこ採りに出かけた。そこで普段ならめったに見かけないグールと遭遇したのだ。


 グールは呪われた生き物だ。どの動物にも属さない。獰猛かつ凶暴。人でも家畜でも、見れば襲ってくる。


 運よく女の人たちは逃げ出し、知らせを聞いた守兵が森をさがした。でもグールは見つからなかった。遭遇したひとりの話では、小鹿ほどだという。


 小さいからといって油断はできない。グールであれば、大人の戦士が二人がかりでも危ない。数年に一度は、このあたりにもグールが出没する。


上級獣ダーズグール


 と呼ばれるさらに強い獣も、遠い異国の地にはいるらしい。


 なにか起きないかな、などと昨晩に思った自分をしかりたい。


 村長である父さんは、村の中央でかがりいて待機している。朝まで悪いことが起こりませんように。


 豊穣の神デーメ・テールに祈りをささげ、ぼくは寝よう。




「いたぞ、そっちだ!」


 だれかの声で目が覚めた。寝床から飛び起き居間にいくと、父さんがいた。


 テーブルの上に食事がある。夜食を食べにもどってたみたいだ。父さんは腰に剣を差して家をでようとしている。ぼくも壁にかけてある自分の弓をつかんだ。


「おまえは家にいなさい」

「そんな! 山鳥コリュドスだって打ち落とせるのに!」

「家を守りなさい!」


 父さんが本気で怒った顔をした。あきらめたほうがいいだろう。


 しぶしぶと父さんが食べていた残りのムサカを食べる。ジャガイモとひき肉の固め焼きだ。


 冷めていても母さんのムサカはおいしい。そう思っていたら、となりから女の子の叫び声が聞こえた!


 弓をつかんで飛びだす。隣の家を見ると、窓の外からグールが前足をかけてよじ登ろうとしている!


 すぐに弓をかまえ、無我夢中で放った。胴体のやや下に当たる。ぎゃっと獣は叫び声をあげ、落ちるやいなや、今度はこっちにむかって駆けてきた!


 あわてて矢をつがえようとしたが、間に合わない! そのとき、うしろから冷たい水を浴びせられた感覚になった。


 だれかが水の精霊呪文をかけた。そう思ったが、そのまま気が遠くなっていった。




 気がつくと、父さんがいた。


 倒れたぼくの頭を父さんが抱きかかえている。


「大丈夫そうだな、アト」


 頭がぼうっとした。上半身を起こしてみる。たぶん大丈夫だ。


「許せ、アト。味方にも『氷結の呪文パーゴス』を当ててしまうとは」


 そう声をかけてきたのは、村で一、二を争う戦士であり、守兵副長のトーレスさんだ。


「トーレス、気をつけろ、この子は人間だぞ」


 村のだれかが注意したが、父さんがその声をさえぎった。


「いや、息子は精霊ケールを使えないが、弱いわけでは無い」


 父さんがぼくをのぞきこんだ。


「アトボロス、起きれるな?」

「もちろん」


 ぼくは立ちあがった。少しふらついたが、ラボス村の男は弱音を吐かない。


「父さん、グールは?」

「いい腕してるぞ、アト」


 ぼくより少し年上のホントスが、矢の刺さったグールをぶらさげて来た。


 ホントスは半年前から訓練兵で、今夜も見まわりに参加していたらしい。


 ぼくが射たグールは、小鹿というより形は土竜もぐらに近かった。ただし、針のような歯が三列にならんでいる。その凶暴な姿に、女の人たちは顔をそらした。


 村の人が口々に漏らす声が聞こえる。


「見たことがない種だな」

「北の山か?」

「いや、こんな種は山にはおらん、西の谷じゃなかろうか」


 今までのグールとは違うらしい。


 グールがどこから来るのか、どうやって生まれるのかは謎だった。異種交配の呪いによって生まれると言い伝えられている。


「アト、母さんに湯を沸かしてもらいなさい」


 父さんは、そう言ってぼくの背中を押した。家に入ろうとしたら、となりに住む女の子、ニーネに抱きしめられた。あの悲鳴はニーネだろう。無事でよかった。


 お風呂に入りながら、今日の一日を考える。


 ぼくも精霊が使えればいいのに。まったく精霊が使えない。うそだろう、みんなはそう思うだろう。


 犬人族なら水の精霊アルケーが得意だ。物心ついたあたりから、水玉遊びはだれでもする。でも、ぼくは水玉どころか、一滴の精霊すら扱えない。


 父さんがいろいろ調べてくれたけど、人間はどうやら精霊ケールが使えないらしい。これがほんとに悔しい。


 父さんは昔、優秀な精霊戦士ケールテースだったらしい。母さんは今でも村で一番の癒やし手ケールファーベだ。血はつながってないけど、両親のどちらも優秀な精霊使い。なのに、息子はまったく使えないなんて。


 でも精霊ケールが使えなくても戦士ポレミテースなら、あれぐらい倒すだろう。


 自分の非力さがくやしい。まあ、ニーネが無事だったので、よしとするか。


 氷結呪文を受けていたせいか、ニーネはとても温かかった。それに女の子で細い身体だった。彼女を守れるぐらいにはなりたい。


 なんだか、むしゃくしゃしてきた。目を閉じて、ざぶんと湯船の中に頭までもぐる。


 今日の一日を忘れるまでもぐってみよう。そう思ったが苦しくなってすぐに立ちあがった。


「ぶはっ!」

「アト!」


 湯小屋の戸が開いていて、母さんがのぞいていた。


湯甕ゆがめで遊ばない!」

「はいっ!」

「明日は水汲みしてね」

「……はい」


 怒られてしまった。でも自分が使ったのでしょうがない。起きたら小川まで水汲みにいこう。


 村の高台にある家は、見晴らしはいいけど、水汲み場まで遠いのが難点だった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る