第7話 出立

 グールとの戦闘で、村の守兵は半数に減ったらしい。


 訓練兵は、ぼく以外死んだ。


 都から派遣されていた兵士は十人。その内、三名の遺体は見つかったが、あとは行方不明だった。


 グールが何匹も同時にあらわれた。それは例がないらしい。この村に上級獣ダーズグールが出たことも初めてだと言う。


 火を吐くダーズグールは、あと一歩のところで取り逃がしたと聞いた。上級獣は知能を持つといわれており、またこの村を襲ってくることが予想されるそうだ。


 ぼくは大人たちが片付けをしているのを、広場に立ってながめていた。


「アト!」


 声をかけられ、ふり返ると父さんだった。


「アト、これを頼む」


 父さんが出してきたのは、一通の手紙だった。


「コリンディアという東の都に、この国の歩兵隊がいる。その隊長にわたすのだ。できるか?」


 コリンディア。ここからいくつかの村を過ぎてやっと着く、大きな街だ。


「父さんは?」


 聞き終わる前に首をふった。


「父さんは村長だ。村のみんなを守らないといけない。アト、頼めるか?」


 自分の身が守れるまで村から出るな。そう常に言っていた父さんだ。出ていいのだろうか。


「家から荷物を取ってきなさい。すぐに出立だ」


 家にもどり、荷造りをした。家のなかはグールが暴れたので散乱している。自分の服をさがし、背負い袋に入れた。


 水袋をさがしに調理場に向かう。土壁で作った焜炉こんろが崩れていた。なかに焼けた堅焼きパンがあった。握りこぶしほどの大きさで六つ。ぼくが食べたいとぐずったパン。母さんは、初訓練のお祝いに用意してくれていたんだ。


 堅焼きパンは、すべて背負い袋に入れる。東の都まで何日かかるだろうか。


 荷物を持って広場にもどると、父さんとザクトが話をしていた。


「だから、セオドロス」


 父さんの名を言った。ザクトは流れ者だと思っていたけど、父さんを知ってたのか。あらためて剣と盾を持ったザクトを見つめる。この人は守兵ではない。


 守兵は、家の農業をしながら兼務する人がほとんどだ。この人は、根っからの戦士。そんな雰囲気が匂ってくる。年齢も父さんと同じころに見える。かつての戦友だろうか。


「コリンディアは遠い。子供に無茶をさせるな」

「そうは思わん」

「メルが死んで、やけになっているのか?」


 メル、母さんのことだ。ザクトは母さんも知っている。


「メルがいない今、俺には、アトがすべてだ。あの子がいるから、俺はまだ冷静でいられる」


 ザクトが何か納得したようにうなずいた。


「お前、そういうことか。この村から離す気だな」

「そうだ。だから一緒に」

「ここを動く気はない」

「俺は村長で動けん。頼む!」

「この状況で去れるわけがなかろう。お前を置いて」


 父さんとザクトが見あった。ふたりの会話の意味がよくわからない。


「行くよ、父さん。ひとりで」


 声をかけると、ふたりはおどろいてふり返った。


 父さんが平気な顔をしているのが、不思議だった。それは間違いだ。あのとき、ぼくのあとに父さんが来た。部屋から出され外で待っていたが、戸口に掛けられた布の隙間から見えた。


 父さんは耐えているんだ。ぼくも耐えなければ。あのときの父さんの背中、小さく震えていた。平気なわけがない。


「アト……」


 父さんは、ぼくの前に膝をついた。


「お前のほかに、もうひとり、大人の使いをだす。どちらかが着けばいい。だから無理はするな」


 ぼくはうなずいたが、心に決めていた。その人より早く着いてみせる。


「気をつけてな」


 父さんが、真剣な顔で言った。


 ぼくは荷物を背負い、コリンディアに向かい歩きだした。


 村長である父さんの命により、アッシリア軍の派遣をお願いに行く。一日も早くコリンディアへ行き、軍をつれて帰る。それが今、ぼくにできる精一杯の役割だと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る