第6話 間に合わぬ癒やし手

「ザクト、後続の守兵をひきいて村の東へ行け!」

「任せろ!」

「アト!」

「わかってる父さん、もどるよ!」


 ザクトは駆けだし、遅れて集まってくる守兵をまとめながら東へ走った。ぼくもついていく。村の東側は、すでに倒壊した家や道に倒れた人もいた。


「あそこだ!」


 守兵が民家に押しいったグールを見つける。


「向こうにもいるぞ!」


 ほうぼうにグールがいる。


 ぼくは高台にある自分の家に向かって走りだした。


 息を切らし坂をあがると、ぼくの家と隣は崩れかけている。煙もでていた。


「母さん!」


 家に入ると誰もいない。良かった。


「若いの、離れろ!」


 ザクトの声。家から飛びでる。隣家の物陰から、のそりと巨大な獣があらわれた。雌牛めうしのような姿をしているが、大きくねじれた角が生えている。


 これも上級獣ダーズグールだ! そんな。ニーネはだいじょうぶなのか。


 巨大な口に人の手が見えた。


「ニーネ!」


 突進する。斬った、と思った瞬間、首のひと振りで通りむこうまで弾き飛ばされた。


 背後から守兵の一人が切りつけたが、雌牛は振りむきざま、その人の頭を半分かじった。


 ぼくは弓を拾い矢をつがえる。弦が切れるぎりぎりまで引いた。弾くと同時に弦は切れた。矢が首のつけ根に刺さる。狂ったように暴れだした。


 今よとばかり、守兵たちが切りこんでいく。牙を避けながら、剣で切りつけるも致命傷にはいたらない。


 ぼくも剣を握りなおし、雄叫びをあげて走った。雌牛は向こうをむいている。背中に剣を突きたてた。雌牛が吠えて暴れる。


 暴れた反動で倒された。そこへひづめが。これは踏まれる!


凍結の呪文パガーキ!」


 ザクトの呪文が当たった。強い攻撃呪文だ! 雌牛の動きがとまる。


 倒れていたぼくは、腰の小刀を抜いた。雌牛の乳房へと突き刺す。薬草を摘む時などに使う片刃の小刀だ。


 低い地鳴り声をあげると、雌牛はゆっくりと倒れた。ぱっくりと割れた乳房からは、どす黒い体液が流れている。


 ぼくは息があがり、へたり込んだ。


 むかいの家の女性たちが呼んでいる。ぼくを呼んでいた。ニーネの姿もある。


「ニーネ! 無事だったか、ぼくはてっきり」

「アト! お母さんが」


 母さんが? むかいの家に走った。戸口をくぐると寝台では母さんが横たわっている。


「アト・・・・・・」


 母さんが、ぼくに気づいた。お腹の部分に敷布がぐるぐるに巻かれている。敷布は真っ赤だ。


 寝台の横にひざまづいた。巻かれた敷布のはしをめくり、なかを見る。右のお腹が大きく噛まれていて、はらわたも見えていた。


「私らを助けるために、戦ったんだよ」

「メルレイネ様、しっかり!」

「ファーベはまだかい! 急いどくれ!」


 部屋のみんなが口々に言う。


 癒やし手ケールファーベである母さんは、呪文も使える。あの雌牛と戦ったんだ。だけど精霊ケールの力を借りて他人を治せるが、自分は治せない。


「アト、だれも怪我してない?」


 あえか無きかの声で母さんが聞いてきた。表には多くの守兵が倒れている。でも、ぼくはうなずいた。


「みんな元気だよ」

「そう・・・・・・」


 あいづちの声が苦しそうだった。


「母さん、あいつは倒したよ。最後は母さんにもらった薬刀でとどめをさしたんだ!」


 どう戦ったかを一生懸命に話した。話しながら、すぐに帰れば良かったと思った。


「もう坊やじゃないのね」


 母さんは笑ったが、声が小さい。だめだ! 母さん!


「訓練・・・・・・気をつけて・・・・・・」

「母さん、もうすぐファーベが来るから!」


 ぼくの声は届いてなかった。母さんの手を強くにぎる。小さいころ麦畑の散歩に手をつないでよく行った。あのときの手には力がない。


「母さん、母さん!」


 母さんの目が、ゆっくりと、ぼくを見て笑った。


 だめだ母さん。手が血ですべって抜ける。もう一度にぎった。強くにぎる。だめだ母さん!


「人間のお母さんじゃなくて、ごめんね」


 嗚咽をこらえた。


「アト・・・・・・」


 なにかを言った。小さくて聞き取れない。母さんは少し、ぼくの手をにぎり返した。ぼくの手がにぶく光る。精霊の癒やし。一瞬でなくなった。


 そして母さんは、静かにまぶたを閉じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る