第5話 訓練所

「訓練所に入った時から、自分を戦士と思え」


 これはぼくではなく、トーレスさん、いやトーレス副長のお言葉。


 今日は副長みずから指導をしてくれるとのこと。これはきっと、父さんの人徳がありがたくない形で現れたのだろう。


 ぼく以外に五人の訓練兵がいた。非番の守兵も何人かいて、おのおの技をみがいている。


 最初の訓練は剣術。


 木の刀を使い模擬戦を行った。


 六人の訓練兵は本物の戦士ポレミテースであるトーレス副長には、まるで刃が立たない。何度も何度もたたかれた。


 とくに、ぼくはひどかった。犬人族にくらべ力の弱いぼくは、剣を受け止めるとよろけるのだ。


 訓練兵同士で戦っても、それは顕著けんちょだった。最後には、やけくそで大振りして頭からつんのめり、笑われる始末。


「こりゃ兵士になるしかねえなあ」


 林檎ミーロをかじりながら見ていた中年の守兵が口を開いた。初めて見る顔だ。座っているが、体躯はがっしりしているのがわかる。口ぶりは粗野だけど、顔は父さんと同じように精悍な顔立ちだった。


「兵士」と言われた。それは都の兵士を指す。仕事をしない、戦わない兵士になれと言われているのだ。


「よし、少し弓もするか」


 トーレス副長は弓矢を持ちだし、訓練場のはしにあるまとに向かって射ると、中央付近に当てた。おおっ! と訓練兵から歓声があがる。


「射ってみろ」


 トーレス副長が僕に弓を差しだす。


 的までだいたい四〇フェムト(四十歩約三十メートル)の距離だろうか。矢を放つと、副長が射った矢の少し外側に当たった。


「ザクト殿、その林檎ミーロを」


 トーレス副長は、ぼくを兵士となじった人から林檎ミーロを受け取る。


「今度はこれを撃て」


 いきなり訓練場の外、林の上に投げた。


 遠のく標的には速さのある矢が必要になる。目一杯に弦を引きしぼった。放つ。すこし山なりの軌道を描き、なんとか当てる事ができた。


 気づけば周囲は、ぽかんと口を開けている。副長がにやりと笑いながら言った。


「弓は少し使えるようだな」


 これは、ぼくに見せ場を作ってくれたようだ。でも少し照れる。


 その時だった。


「トーレス副長!」


 いく人かの守兵が訓練場へ駆けこんできた。


「何事か!」


 守兵が荷車を引いていた。運ばれている守兵が二人。その内の一人はホントスだった。


「ホントス!」


 ぼくは駆けよったが、すでに絶命していた。右のわき腹と左足がない。


 守兵の一人が言った。


「西の見張り台がグールに襲われたもようです。狼煙のろしが見えて駆けつけた時にはもはや・・・・・・」


 副長は聞くやいなや、矢継ぎ早に指令をだした。


「セオドロス村長に連絡! ここにいる者はすぐに出立するぞ、武器を持て!」


 まわりにいた非番の守兵が武器庫に向かって駆けだす。


「他の守兵は非番もふくめ全て訓練所に集合、セオドロス村長の指示をあおげ!」

「副長、王都のやつらには?」

「知るか! ええい、そうとも言えぬか。だれか行って奴らをたたき起こしてこい!」


 トーレス副長が憎々しげにホントスを見た。


「くそう! だから見張り台に四人は必要だと言ったんだ。名ばかりの守兵長に従ったら、このざまだ!」


 訓練所にいた守兵たちは兵倉を開け、いそぎ剣を取り、革の盾や腕当てを着けていく。


 ぼくもついていった。弓を使いたいので盾はやめ、両の腕に革当てをつける。


 守兵とともに駆けだした。先頭を走る副長は、まわりの村人に大声で指示をだしている。


「おい、お前さん、何やってんだ」


 ふり返ると、さきほどザクトと呼ばれていた守兵だった。ぼくの横に追いつき、一緒に駆ける。


「訓練兵には無理だろ。家に帰んな」


 ぼくはかぶりを振った。


「ホントスの仇は討つ!」

「やられたのは、知り合いか?」

「友だちだ!」

「気持ちはわかるがな・・・・・・」


 前方から村人がさけび声とともに逃げてきた。


「火だ! 火だ!」


 村人が口々にさけんでいる。


 前方に大きな影が二対あらわれた。いや二対ではなく、それは獅子のような頭と山羊のような頭を持った双頭のグールだった。


上級獣ダーズグールだ!」


 だれかがさけんだ。ぼくは生まれて初めて、目の前にグールの上級種を見た。


「若いの、さがれ!」


 ぼくの前にザクトが立った。盾をかまえ古代語をとなえる。薄い膜のような物がふたりを包んだ。


水膜の護文アフロース?」


 思わず口からでた。それも、相手を攻撃する呪文じゅもんではなく、守りに使う護文ごもんだ。ザクトは精霊戦士ケールテースだったのか!


 膜がふたりを包むと同時に、双頭のひとつである獅子の口が火の咆哮ほうこうを放った! まわりの守兵が倒れていく。


「若いの! 大丈夫か?」

火の精霊ヘラクレイトス? グールが!」


 前方の副長は、大きな盾をかまえていて無事だ。しかし、盾を持ってない守兵はひどい火傷をしていた。


「後方、前列に援護!」


 トーレス副長が指示すると、ザクトもふくめ後方の数人が唱え始める。すると、最前列の副長たちのまわりに水の膜ができたように見えた。


「かまえー!」


 トーレス副長たちが突撃のかまえをした瞬間、左手の家の屋根にうごめくものが見えた。


 屋根の上からグールが、それも数匹現われた。先月に現れた土竜もぐらのようなやつだ。ぼくは叫びながら弓を引いた。


「屋根の上、グールだ!」


 一体に矢を当てたが、ほかのグールは隊の中ほどに襲いかかった。そこへ上級獣ダーズグールも躍りこんでくる。


 上級獣ダーズグールは、ほかのグールがいようが、おかまいなしに火の咆哮を放った。


 混乱をきわめた現場に援軍が駆けつける。先頭は父さんだ!


「アト、何をしている。もどれ!」


 ぼくを見つけて怒鳴った。


「父さん、ホントスがやられた!」

「ああ、わかってる。でも今のお前にはまだ無理だ!」

「父さん!」


 その時、わあと村の東からも悲鳴があがった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る