第4話 大好物はピラフィ

 夜明け前に起きた。


 今日は記念すべき訓練の初日。それまでに家事を終わらせないと。まずは水汲みからだ。


 物音で母さんを起こしてしまった。


「もう目が覚めたの?」


 母さんはあきれ顔だ。


 日の出まえの冷えこんだ村を小走りにかけていく。今日は濃い霧がでていた。


 小川の水汲み場まで行くと、同じ年の子がふたりいた。ぼくより先に訓練兵になったふたりだ。腰には剣を差している。


「おはよう」


 声をかけたが、ふたりは答えなかった。小さいときから同じ年ごろの子供と仲良くできなかった。見た目が人間なので、無理もない。


 仲良くされないということで、まわりに怒っていた時期もあった。でも、そんな時は父さんがこう言った。


「好かれていない、ということで、相手を憎む必要はない」


 憎むということは、敵になるということらしい。たしかに同じ村の子供は敵ではない。


「アト、早いな!」


 びっくりしてふり返ると、ホントスだった。


「ホントスこそ!」


 ホントスが剣を見せてくる。


「三日前から守兵になったんだ」


 どうだとばかりに、胸をそらす。


「やったな!」

「ああ!」


 ホントスは半年前から訓練兵として訓練を重ねてきた。小さいころからホントスだけは、ぼくに話しかけてくれた。


「ぼくも今日から訓練所に行くよ」

「アト、ほんとか! よく親父さんが許したなあ」

「やっとだよ」


 ほかの子たちにくらべ、遅れたことに悔やんでいると、ホントスが意外なことを言った。


「でもアトの弓ならすぐに守兵になれるぞ」

「ほんとかい?」

「ああ、剣はからっきしだけどな」

「なにを!」


 ホントスが笑った。ぼくも笑う。


 ホントスは西の見張り小屋で、夜明けからの交代だそうだ。だまっていたふたりは、その見学らしい。


 ホントスたちと別れ、水桶みずおけを抱えながらの帰り道、ふと考えた。


 ラボスの村は、村からだされた守兵と、都から来た兵士とがいる。だけど実際のところ兵士はほとんど仕事をしていない。


 西と東の外れにある見はり小屋を、昼夜交代で守っているのも村の守兵だ。


 父さんは三年前まで守兵長だったのだが、都からの指示で村長の役職を押しつけられた。現在、守兵長は都からの兵士隊長が兼務している。


 守兵副長のトーレスさんが守兵長になるうわさもない。ややこしい何かがあるようだし、僕が守兵になるのを父さんが反対するのも、その辺からかもしれない。


「都の兵士が守兵長。猿にやらせたほうが、まだいい」


 これはトーレスさんから何度も聞いたぼやきだ。隣国の猿人族と仲が悪いので、なにかにつけて猿を引き合いにだす。


「トーレス、それは猿に失礼だ」


 父さんはそう言っていつも返す。都の兵士がどれほど信頼されていないかがわかるが、父さんから猿を使った冗談を聞いたことがない。


「父さんは猿人族が嫌いじゃないの?」


 猿人族と戦った父さんだ。不思議に思って聞いたことがある。


「アト」


 その時、父さんはぼくの前にしゃがみ、真剣な顔になった。


「お前は猿人族になにかされたか?」

「とくになにも」

「ならば、嫌う理由はないだろう」

「でも、父さんは戦ったんだよ!」


 ぼくの言葉に父さんは少し考えた。


「お前は兎が嫌いか?」

「好きでも嫌いでも……」

「兎を殺したことはあるな?」

「あるよ。忘れたの? 昨日だって父さんと狩りに……」

「それと同じだ」


 同じ。あの時の父さんの言葉は、いまだにわからない。だって兎は食べるけど、猿人族は食べれないし。





 午前中に水汲みやまき割りなど、ぼくの仕事を片付けた。


 昼食は母さんがピラフィを作ってくれた。スープと米を炒めた物。具は巻貝とスベリヒユ葉。ぼくの大好物だ。


 みんなから「メルレイネ様」と慕われる母さんは、村一番の癒やし手ケールファーベだ。でも、その手は人々の傷を癒やすだけでなく、料理もうまい!


「もう坊やじゃなくなるのね」


 ピラフィをほおばっていると、ぼくを見つめて母さんが言った。


「ふぁはんとは、しゅへいにはるよ」


 半年後には守兵になるよ、と言いたかったが、ほおばりすぎて言えない。


「はいはい。期待してるわね」


 母さんはそう笑顔で言ってくれた。わかったようだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る