第3話 森で練習

「アト、元気か?」


 トーレスさんが会うたび聞いてくる。平気な顔をしているが、実はまだ体が重い。氷結の呪文パーゴスによる影響だ。


 しかしトーレスさんが悪いわけではない。どちらかというと、ぼくは命を救われたほうだ。もしグールに噛みつかれていたら、腕の一本は喰いちぎられたかもしれない。


 こういう時、ぼくが少しでも精霊ケールを使えたらと思う。まあ、なげいても身体からだが変わるわけでもない。とりあえず弓の腕をみがこうか。




 まき拾いの途中、森のなかで弓の練習をすることにした。


 秋の森は果実の匂いに誘われるのか、小さな鳥やうさぎ栗鼠リスなどをよく見かける。


 ここまで兎を一匹射とめたが、弓の練習には鳥が一番だ。素早く小さいうえに人の気配に敏感だ。


 そう思っていると、右前方のしげみにきじがいるのが見えた。


 ここからでは、しげみがじゃまだ。飛びたつ瞬間を狙おう。弓を下にかまえ、静かに矢をかける。これはどの方向にも射れる体勢だ。


 目を閉じ、神経を集中した。森が静かなのがわかる。


 ばさっと飛びたつ音。目を開けた。弓を絞りながら狙いを定め、放つ。雉の右羽に当たった。落ちてくる。


 つがいがいたのか、もう一羽が飛びたった。後方、左。ふり向きざまに放ったが、矢はむなしく外れた。


 どうも狙いを定めるまでが遅い。目だけで追いかけるのが原因かもしれない。体をもっと反転させないと。


 その時、左の草むらが動いた。思わず弓を向けると動物ではなく人だった。


「ニーネ?」


 あやうく射るところだった。


「この前のお礼に」


 ニーネが持ってきたのは焼きたてのバグラバだった。胡桃くるみと干葡萄が練りこんであるペーストリー。


 ありがとう、と礼を伝える前にニーネは帰ってしまった。




 夕食時、父さんから思わぬ言葉を聞いた。


「アト、明日からトーレスに弓を習いなさい」

「父さん、ぼくが練習してたの知ってたの?」


 思わず母さんをにらんだ。秘密にしてくれるはずだったのに!


「あなた、どうして知ってるの?」


 母さんもおどろいている。父さんは笑った。


「なかなか上手く隠してはいた。ただ父さんは、そろそろ鶏肉とりにく以外を食べたい」


 しまった。それでばれたか。捨てるにはもったいなく、ここ一ヶ月は射ってきた雉やヒヨドリばかりを料理してもらっていた。


「でもそれって、訓練兵になってもいいってこと?」


 父さんは、ぼくが戦士ポレミテースになることは反対していた。戦士にも色々あって、まずは地方を守る守兵。都を守る兵士。その上には騎士や近衛兵このえへいなどがある。


 また、この国にはいないが、領主や国から雇われる傭兵、神殿を守る神官兵など。


 とりあえず戦士になるには、まずはどこかの訓練兵にならなければ。でも、父さんにいつも反対された。


「しょうがない。これ以上放っておくと鶏肉を嫌いになりそうだ。」

「本当、いいの? ありがとう!」


 やれやれ、とばかりに父さんはため息をついた。


「だが訓練場で午後から夕刻まで。午前中に家事は済ますことだぞ」


 おっと、よろこんでばかりもいられなかった。これは忙しい。


「ははぁ。必ずや」


 宮廷式に深々とうなずくと、二人はご飯も食べられないほど笑っていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る