アトボロス獣国記

代々木夜々一

第一章 アトボロス 旅立の風

第1話 千年杉に腰かけて

 ここは、お気に入りの場所だった。


 裏山にある千年杉。太いえだに腰かけ、父さんの帰りを持っている。


 ここからだと、ラボス村がよく見えた。集落の外にひろがる段々畑まで見通せる。こがね色に実った一面の小麦が、風にふかれ波打っていた。もうすぐ収穫だ。


 麦畑のむこうに人影が見えた! たぶん父さんだ。急いで千年杉からすべりおりる。山の斜面を駆けた。


 ぼくの名はアトボロス。


 さっき見えた父さんは、ここラボス村の村長だ。王都アッシリアに呼びだされ、しばらく留守にしていた。


 ぼくは父さんと呼んでいるが、血はつながっていない。それは一目見ればわかる。ぼくは人間で、父さんは犬人だから。


 山をおりて村の道へでると、父さんが前を歩いている。栗みたいな茶色い毛並みのうしろ姿。駆けよって飛びついた。


「父さん、お帰り!」


 背負い袋の上から抱きつき、首のうしろの長い毛に顔をうずめる。子供のころから、こうするとなぜか落ち着いた。


「おお、アト、荷物が重いのに、お前まで飛びつくな」


 ぼくは腕を離して地面におりた。


 犬人族にくらべ人間族は背が低い。十五歳になったけど、父さんの胸ぐらいしかなかった。


 いや、この村に人間はぼくだけなので、人間の背が低いのではなく、たんにぼくの背が低いだけかもしれない。


 人間の特徴はほかにもある。なんといっても体毛がない。ぼくは一五歳になったいまも手足はつるつるだ。頭だけ黒い毛が生えるので、うしろで結んでいる。


 村の人は隠れてぼくのことを


「毛なし」


 とも呼んでいる。


 よく猿人族ではないか? とも言われるが、猿人族はもっと耳が大きく、小さい鼻が上をむいているそうだ。


 村の長老が大昔に一度だけ人間を見たことがあるらしいので、ぼくが人間族であることは間違いない。


 でも、このアッシリア国は犬人族しかいないし、お隣のウブラ国は猿人族の国だ。この村の入口に捨てられていたそうだけど、父さんが拾ってくれなければ、ぼくはこうして生きてないだろう。


「おお、そうだ」


 父さんが何かを思いだしたようで、ぼくの頭をなでた。


「土産に黒砂糖を買ってきた。母さんに堅焼きを作っておもらおう」


 思わず飛びあがった! 前に旅人からもらったことがある。黒砂糖を練りこんで焼いた堅いパンは、それはそれは美味しかったのだ。


「早く帰ろう!」

「おい、アトよ、父さんは長旅でだな・・・・・・」


 父さんの手を引き、家路を急いだ。


 


 夕食時、食卓には黒砂糖の堅焼きパンがあると思ったのに、どこにもない。


 今日食べれると思ったのに、母さんが首をふる。


「せっかくだから、なにか、お祝いの日に作りましょうね」


 がっかりだ。お祝いの日なんていつになるだろう。


 かわりに父さんから雑記帳をもらった。これもぼくの土産にと王都で買ってくれたそうだ。


 雑記帳は高級なパピルス紙を綴じていて、皮の表紙もついている。


「字を書く練習にするといい。日記でもつけてみなさい」


 学術は嫌いだ。でもせっかくもらったので、自分の部屋に帰り机にむかう。


 なにを書こう。この田舎で書くようなことなんて、なにもない。


 王都アッシリアから北へ北へ登ってたどりつくのが、ここラボス村だ。これより北に人は住んでいない。


「死の山脈」


 と呼ばれる万年雪を帽子にした山々が延々とつづく。その手前にある小さな辺境の村、ラボス村。書くことなんてとくにない。


 なにか面白いこと、起きないかな。ぼくは結局、書くことが見つからないので、雑記帳を閉じた。


 この時は思わなかったけど、次の日に、ぼくは大いに反省することになる・・・・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る