罪の花は狂い咲く

作者 湖城マコト

貴方も抱くその感情が、呪いになる。

  • ★★★ Excellent!!!

怖かった――
読みながらずっと感じていたのは、このひと言でした。

本作品では、とある廃村に訪れた人たちが不可解な死をとげる。呪いによって。
その異様なまでの死に様と、人なら誰しもが抱く日常的な「あるもの」に呼応して、その呪いは発祥します。

日常の中で、避けることのできない恐怖。
むしろ、抑え込もうとすればするほど、強く成長していくその「あるもの」にフォーカスを当てたからこそ、読んでいていつもビクビクしていました。

その呪いにどうやって立ち向かい、戦ったのか。これも本作品の魅力のひとつなので、皆さまもぜひお読みになられてくださいね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

にぎたさんの他のおすすめレビュー 266