Night tale

作者 香原 翼

俺たちは歴史を信じすぎているのかもしれない。

  • ★★★ Excellent!!!

この物語主人公:氷磨はコミュ障だ。
悪い奴ではないのだろうけれど、他人と上手く関係性が築けない以上、他人からはその容姿も相まって悪くみられてしまう。幼馴染にでさえどこか心を閉ざしている。
そんな氷磨の元に謎の少年:ハルが現れたことで物語は動き出す。
氷磨とハルの関係が徐々に変化していく様子がいじらしくて良い。


ハルとの出会いに翻弄されながら、当たり前に信じていた歴史の謎に立ち向かっていくストーリーにワクワクした。

全体を通して「歴史を信じすぎていないか?」というセリフが印象的。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

たうゆのさんの他のおすすめレビュー 33