朱に交われば紅くなる

作者 蒼風

2.辛いってのは生きてる証拠だよ。」への応援コメント

このエピソードを読む

  • Twitterから参りました。学生相談室という珍しい舞台で、なにが起こるのかと楽しみに読み進めていたところ、カップ麺争いが始まってとても面白く感じました。食べ物の恨みは怖いとよく言いますが、なかなか買えない物となると、そのつらみが一層増しますよね(笑)私もカップ麺は長めにするタイプなので、今度短めに挑戦してみようと思います。
    また、先生が妙にゆるくて子供っぽくて、いいキャラしてますね。私の親が教師でもっとかちっとしたタイプだったので、こういう先生だったらいろんなこと話しても見逃してもらえそうだな~と勝手に思ってました。是非カップ麺かお酒を差入れて、お近づきになりたいものです。
    序盤のみですが楽しく読ませていただきました。これからも頑張ってください。

    作者からの返信

     ありがとうございます。楽しんでもらえたら何よりです。

     実は、作品自体はかなり長い尺となってまして、「2」が連載中とかそれ以前にかなりずーっと続いていくお話ですので、また機会を見て覗いていただけると嬉しい限りです。
     
     先生に関しては自分が作るともうずっとこんな感じになってしまうのは、多分「こんな先生がいいな」という思いがこもっているからなんじゃないかなぁと思っています。いいですよね、こういう緩い感じ。
     
     余談ですが、先生がこれだけ緩いのは「それくらい紅音の味方となる大人がいないと話的に危ないから無意識にバランスとってる説があったりします。無意識なのでそうなのかは分かりませんが。

    2021年4月14日 21:57

  • すべてのエピソード 4
  • はじめに
  • シリーズ作品リンク集
  • 0.物語は突然に。
  • 1.カップ麺、2分で作るか?4分で作るか? 1
  • 2.辛いってのは生きてる証拠だよ。 1
  • 3.AまたはB。あるいはそれ以上。
  • 4.青い春と書いて青春と読むんだよ、少年。
  • 5.幼馴染は名アシスト。
  • 6.あんたはここで私たちと野球をするのよ。
  • 7.いわゆる一つの「主人公特権」ってやつ。
  • 8.エブリデイ後ろ向き。
  • 9.三か月交代制の花嫁。
  • 10.正しい友達の作り方。
  • 11.やはり朝霞の旅行計画は間違っている。
  • 12.その時紅音は陽菜を全力で煽り倒していた。
  • 13.事務連絡よりも無味乾燥。
  • 14.ん?今何でもするって言ったよね?
  • 15.趣味ですか?友達探しを少々……。
  • 16.踏み込まれない、踏み込ませない。
  • 17.汚部屋と少年と女教師。
  • 18.俺の妹はこんなに可愛い。
  • 19.されど物語は終わらない。
  • 20.変わるもの、変わらないこと。
  • 21.その目が訴えるのは。
  • 22.二人を結ぶ、七色の橋。
  • 23.青春、初めました。
  • あとがき~お詫びと告知を添えて~ 2