花の魔王の物語~花を美少女化する魔法は、やがて少年を魔王へと至らせる~

作者 長月一

128

44人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

何も出来ないと塞ぎ込んでいた小さな子が、
ちょっとしたきっかけを得て段々と成長し、
いつしか誰にも到達できないような高みに上り詰めたと思ったら、
なんだかんだ最終的にはおいおーい、と。

素敵すぎるお話でした。

花言葉に因んだ能力を持った美少女に変貌させる、という魔法はシンプルでいてスマートであり、
作者様がどれほど花を愛でてきたか、愛でているかを思い知らされるほどであり。
特に最終話あたりに鏤められた数々の花言葉は圧巻。

私自身、花や植物の名前からキャラクターを作ったりすることもあるので参考にさせていただきます。

何はともあれ、完結おめでとうございます。
私は西洋薄雪草、エーデルワイスが好きです。
外伝待っています。
(気にしないでください)

★★★ Excellent!!!

 拝読させていただきました。

 その圧倒的な魔力で、お花を美少女(だけではないですが)に変える魔法を使うエルフ少年のハナ。
優しい彼が魔王になる、というタイトルに惹かれて読み始めました。
 登場する様々なお花さんたちは個性豊かで魅力的。そのくせ持っている能力はとんでもないものばかり。
 その力で、優しいハナを助けます。

 花々の楽しい……時にはハードな展開の物語。
 とんでもない能力もあって、これ、どうなっちゃうんだ?!とドキドキハラハラ。
 あるお花との切ない物語に胸が締め付けられたり、コミカルなシーンに笑っちゃったりと盛り沢山です。
 楽しませていただきました。

 読めばきっと大好きなお花さんに出逢えると思います。
 ぜひ読んでみてください。

 ちなみに、私はネラとニチ子が好きです!

★★★ Excellent!!!

 2021年3月2日時点最新話52話読了時点での感想です。

 国の要職に着き、魔法に優れるエリート一族の中で唯一まともに魔法を使う事ができなかった主人公は一族の中で冷遇される。

 だが、その主人公のハナは実は強大な力を有していた。
 あらゆる花を、その種類に応じて実体化させる事ができ、実体化した花は様々な特殊能力を行使する事ができる。
 武力に優れていたり人の精神を操る能力を有していたりとその力はバラエティ豊か。
 争いを嫌い花を愛する主人公であるハナは、この能力を活かして花屋としての道を歩もうとするが……

 てなストーリーなのですが。
 この花達が実に個性的、というかカッ飛んでいまして中々に曲者揃いです。
「花言葉」やその花の特性を反映した性格や能力になるわけですが、花の中には猛毒を持つものや「裏切り」等の物騒な花言葉を持つものもあるわけで。
 ええ、見事に反映されてます。

 個性的なキャラクター(と花)がわんさか出てくる本作。
物語として楽しいだけでなく花の種類や生態、花言葉についても詳しくなれるので、ファンタジー物語が好きな方はもちろん花が好きな方や雑学好きな方も、一度読まれてみてはいかがでしょう?
 ちなみにこの物語の自分の推し花は「彼岸花」「弟切草」「ケシ」です。

 あなたはどんな花が好きですか?

★★★ Excellent!!!

家族から落ちこぼれとして扱われる主人公ハナですが、火事場の馬鹿力で発動させたのは花を美少女化できるという魔法。
能あるハナは爪を隠していたのですね。
ハナと美少女化した花達のやり取り、全てが可愛いです。
話のテンポも良く、無駄な文章もなく、斬新な設定でも、すぐに世界観に浸れちゃいます。

★★★ Excellent!!!

花が魔法によって人型になるのが新鮮なお話でした。最初はほのぼのした話かなと思ったのですが中盤になってくると話の闇がでてきてクセになります。花言葉もしっかり調べられていてそれに合わせた花達の性格がそれぞれ違いそれが面白いです。