流星のサクリファイス

作者 松田ユウ

36

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ようやく最終話まで読み終えました。感情がぐっちゃぐちゃです。怒りや悲しみ、そして希望が混ざり合ってもうよく分かりません。ただ、素晴らしい。こんなに感情を揺さぶられたのは久々でした。

あまり語るとネタバレになってしまいますので控えますが、オカルト要素を上手に扱っており、予想外の展開に驚かせられっぱなしでした。
序盤で散りばめられた謎が、終盤で一気に繋がり、一枚の絵になる様は圧巻の一言です。
生々しい悪意が渦巻いているので、それが大丈夫な方は是非読んでみてください。
感情がぐっちゃぐちゃにされますから。

★★ Very Good!!

タグからも分かるように、ミステリ要素が非常に強い作品。手に汗握る展開が気になって前のめりで読んでいくと、間違いなく作者の術中に嵌ること請け合い!

また俗に「イヤミス」と呼ばれる作品にありがちな「読後感の悪さ」のようなものは無いため、そういうのが苦手だと言う方でも安心して読むことができる。確かに厳しい展開は多めだが、それを乗り越えてラストに辿り着こうとするだけの価値が、この作品には秘められている。

単に1つのミステリ作品として読むのではなく、その背景にある主人公たちの境遇や葛藤と言った部分を注視しながら読み進めるのが、この作品を最も楽しめる方法なのではないかなぁと愚行したりするのだが――どうするかはこれからこの作品を手に取るアナタ次第。

タイトル・『流星のサクリファイス』にこめられた想い、どうかアナタも受け取ってほしい。

★★★ Excellent!!!

「これは心臓に悪い!!」と、思わず何度も叫んでしまった、秀逸なホラーエンタメ小説です。
どんな枠にもはまらない、予測不能のホラーサスペンス。
まさに度肝を抜くシナリオ。恐らく誰の予想をも裏切ってしまうでしょう。

ある事件がきっかけで未知の肉食獣のように豹変してしまった主人公・光の彼氏、海。
光の周りには悪意に満ちた人間が次々に現れる。
それが一人・また一人と、海の牙にかかって消えてゆく。

次に消えるのは、一体誰?
光を取り巻く大きな憎悪の連鎖とは?
そして彼女自身が抱える深い闇とは……。

心臓に自信のある方はぜひ読んでみてください。
壮大なトリック、ラストのどんでん返しに唸ること、間違いなしです!!

★★★ Excellent!!!

すごい! 読んでから暫く放心していました!

響きの良いカッコいいタイトルだな、しかしあらすじの内容は不穏だし『イヤミス』のタグが付いています。

冬の北海道が舞台。主人公の光の彼氏が借金取りに恫喝され、そのときのショックで彼氏がゾンビのように鬼畜化し、借金取りを襲うところから話はスタートします。

最初は、ゾンビが人々を襲うパニックホラーを想像していたのですが、良い意味で大いに予想は裏切られます。

光は彼氏を守るため、また女優という職業もあるため、この一連の事件をなんとか隠匿したいと考え、親友であるナオミと知恵を絞りますが……。

ナオミも含め、ここに登場するほほすべて人物が不穏な空気を纏っており、誰一人信用できないような人間関係の中、光も嫌々ながら懐柔され、作者さまの巧みな心理描写、背景描写、加えておどろおどろしい新興宗教団体まで登場して、終始『イヤミス』にふさわしい恐怖を読み手に与えます。

そして謎めいた様々な登場人物があるところで線でつながる姿は圧巻。加えて、その真実を知ったときのやるせなさに嘆息します。

しかしまだ終わりません。こう来たか、といま放心しております。

余談ですが、『イヤミス』と言えば、湊かなえさんの「告白」を思い出しますが、それをはじめて読んだ時に近い衝撃を感じております。
それくらいのクオリティーの高さが、WEBで読めてしまっていいのか(書籍化しても良いくらいでは)と思っています!!
是非ご一読ください!

★★★ Excellent!!!

恋人の借金トラブルに巻き込まれた光。
瀕死の重傷を負った彼は人食いの獣に変貌する。

頼れるのは親友のナオミだけ。
けど――彼女もどこかおかしくて…………?

一人称視点で繰り広げられるサスペンスホラーミステリー。
光の見えていない世界で闇の陰謀が進んでいく。
妙にリアリティのある悪人たち、生々しいクズさ。
そして、どんどん殺されていく裏で暗躍するナオミの存在。

全ての謎が繋がったとき、衝撃のどんでん返しが待っています。

果たして。
光とナオミの友情は本物だったのか。

★★★ Excellent!!!

人気に翳りの見え始めた女優・光。
クズ彼氏・海の借金トラブルに光が巻き込まれたところから、お話は始まります。

冒頭からショッキングな展開で、一気に惹き込まれました。
光は親友であるナオミの手を借り、人を喰う怪物と化した海を匿うのですが。
光に関わってくる人々、どいつもこいつもクズだらけです。
そのクズたちは、海に襲われて——いや、どうもナオミの策略で、海に襲わせるように仕向けられ、どんどん死んでいきます。

光の一人称で語られていくため、事実は一面しか見えません。
それが中盤、ある事実が判明することにより、一気に物事がひっくり返ります。
まるでパズルのピースが一つずつ嵌まっていくように、少しずつ明かされていく背景や過去。

読んだら絶対に最低の気分になるだろうと分かっていたのに、読み進めずにはいられませんでした。
覚悟していたはずなのに、よもや予想を大きく上回る衝撃を受けることになろうとは。

人物造形や人間関係に素晴らしくリアリティがあります。
特に、宗教法人で権威を振るっていた「まさ美おばさん」。リアルにこういう事件あったよね……と胸糞悪く思い出しました。

凄いもの読んでるな……と、辿り着いた最後の最後。
更に驚くべき事実が明かされて、思わず声が漏れました。マジかぁぁ……!と。

こんなに壮絶なことがあったのに、ラストは胸が詰まるように切なくて、どこか清々しい余韻が残ります。
凄いもの読んだ……(2回目)
ちょっとしばらくこの衝撃で動けそうにありません。
すごく、すごく面白かったです!!

★★★ Excellent!!!

ホラー、サスペンス、ミステリー。色んな要素があります。


元全国区の女優とその彼氏。
彼氏は、ヤミ金から借金をしていて、悪い人たちに金をかえせと言われます。……そこからの、彼氏、人を喰う化け物に変身という思わぬ展開です。


緊迫感。
恐怖。
ヒロインに関する事実。
謎の宗教団体。

繋がっていく謎。ミステリ要素も面白いです。



次が気になる展開。

読みやすいです。

切なさ。

力作です!

ラストの終わりかた、素敵でした!