第9話 職業変更⑤

上級職に初めて変わってから1ヶ月。迷宮内にトラップなどが増え苦戦したこともあったが、着実に進んで現在81層。


今のステータスはこんな感じだ。


◆◆◆

ユウマ・オオガサキ

職業:上級戦士(MAX)


筋力:82300

魔力:82300

体力:82300

耐久:82300


スキル SP:50350

『職業変更』『成長率超増加』

『格闘術Lv7』『身体能力強化Lv7』

『隠密Lv6』『精神安定Lv7』

『気配察知Lv7』『欲求制御Lv5』

『自動回復Lv8』『睡眠質上昇Lv7』

『体内時計』『剣術Lv6』『幸運Lv4』

『投擲Lv6』『暗記Lv4』『消音Lv6』

『物理攻撃耐性Lv6』『魔法攻撃耐性Lv6』

『暴風魔法Lv7』『火炎魔法Lv6』

『水魔法Lv6』『空間魔法Lv3』

『痛覚軽減Lv7』『害意感知Lv5』

『危機察知Lv6』『気配遮断Lv6』

『筋力上昇Lv5』『魔力上昇Lv5』

『体力上昇Lv5』『耐久上昇Lv6』

『状態異常耐性Lv6』『生成Lv7』

◆◆◆


順調に力をつけ、パラメータの値が10万になるのも近いように見える。


だが、ここで大きな選択を迫られていた。


「……どうしようかなぁ、これ。」


◆◆◆


【変更可能職業】


『卵(1/100)』

筋力:0↑魔力:0↑

体力:0↑耐久:0↑


◆◆◆


そう。もう変更可能な職業が『卵』しか残っていないのだ。


レベルアップはできるのでSPは獲得できるだろうが、パラメータ自体はが無ければ実質成長限界と言ってもいい。


「……うーん。」


確定要素の無い賭け。やるには危険性リスクが高すぎる。


が。


「……やってやるか。 ……よしッ!!」


外の世界がどうなっているのかを知りたい俺には、立ち止まるということを許されていない。こんなギャンブル、一生縁なんて無いと思ってたんだけどな。


決心が鈍らない内に勢いでポチポチッと変更する。


職業の欄が『上級戦士』から『卵』に変わった。


「ああああああッ! やっちまったッ!!」


これが吉と出るか凶と出るか。


その答えは、『卵(Max)』になった時に分かるだろう。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る