カクヨムロイヤルティプログラムでお小遣いを稼ごう!〜ついでに小説うまくなろう〜

作者 涼森巳王(東堂薫)

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 読まれる小説3 設定集を書こうへのコメント

    初めまして、ひょんな拍子から小説を書き始めたド素人です。
    途中までしか読んでませんが、とても参考になってます。
    まぁ、私が書いてるのはテンプレ異世界物ですが。(笑)

    文章の書き方の基本だけでも勉強しようかな〜と思いつつ、はや一年が過ぎてしまった感じです。

    本格的に小説の勉強をする気には中々なれませんが、ここの話しは分かり易くかつ面白いので、とてもありがたいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    お役に立てれば嬉しいです。

    僕も本格的に勉強したわけではありません。が、以前、公募ガイドの特集で、よくやってた小説の書きかたとか、新人賞に送るには、みたいなのは読んだので、それは参考になってるかなと思います。

    まずは書くことを楽しめれば上々ではないでしょうか。

    2022年11月14日 08:55

  • 読まれる小説6 人称のゆれと会話文へのコメント

    同じ相手との会話の中で、俺、オレ、おれとやってる人がいて、それはさすがに読みにくかったので、そんなレベルの話かなと思ってしまいました。

    作者からの返信

    ああ、同じ『おれ』なら、どれかで統一してほしいですよね。口調のニュアンスを表現したいのかもしれないですが、あまり成功してるとは言いがたい。

    返信遅くなりすいません。

    2022年8月26日 18:43

  • 読まれる小説2 流し読みに耐える 後編へのコメント

    舞城王太郎の文体は、短いセンテンスを、ほとんど改行なしでつなげてゆくのですが、文章自体が面白くて、漢字の散らし方も巧いからざっくり読みでも引きこまれるんですよね。
    『煙か土が食い物』の試し読みでもざっとながめてみれば、説明するよりあーなるほどなんですが。
    ただしネット向きではないので、この話題には合わないのですが。

    乙一はインタビューで、漢字がつづくと読みにくくなるから、前後で漢字変換した単語でも、そこだけはひらがなにしたりと工夫しているようなことを言ってました。

    プロの個性派でも、リーダビリティのために気をつかっている部分が、句読点と改行、漢字の比率ですね。

    作者からの返信

    読みやすさはプロの人たちにとっても必須なんでしょうねぇ。
    難解であれば文学ってわけでもないし、大事なのは内容ですからねぇ。表現したいことがダイレクトで伝わるかどうかで、読後感が違ってくるわけですし。

    乙一は——
    の話題ですが、これはプロだから許される贅沢ですね。
    もちろん、ただwebサイトに投稿するだけなら、場所によって漢字カナ使いわけは自由なんですが、アマチュアが運よく短編アンソロジーに掲載してもらえるときには、表記ゆれ判定されて、一度でも漢字で書いたものは、どんな場所であれ漢字にしかしてもらえないんですよ。強く言えないから我慢するしかないんですが、ほんとはそこ平仮名にしてほしいんだよなぁ……ってことがありました。

    2022年8月26日 18:42

  • ベラベラ書く方法8 楽しみながら書くへのコメント

    ソリティアは悪魔のゲームです。
    あの悪魔めが、自分の休日をどれほど食いつぶしてくれたことか。
    数独も悪魔です。あの(以下略)
    工程ににつまると、別の作品に手を出すのはモノづくり人間には超あるあるですね。

    作者からの返信

    (´▽︎`*)アハハ
    悪魔のゲームですねw
    今のスマホに機種変した直後にそれまで使ってたソリティアで熱暴走起こしてから、ソリティアはしてないんですが。でも、今はファーボに時間をとられてます。

    ミステリーを書いてるときの脳みその働きが、ああいったパズルゲームやってるときにすごく似てる気がするんですよね。

    2022年8月25日 17:33

  • ベラベラ書く方法7 夢見る力へのコメント

    明晰夢というと思い出すのが、ノーベル賞物理学者のリチャード・ファインマンのエッセイです。
    無意識の夢を意識的に操作しようとして成功、電車の中でストリップショーをやっていて、その車両を通りすぎてもどったらストリッパーはいなくなっていた。
    さびしく思ってふたたび車両移動して、もう一度もどって彼女たちを見た、というような内容が書いてあって、自分も挑戦してみました。
    おっと、ストリップが見たかったわけではないですよ。
    結果的には成功したのですが、ストリップはみられず、その明晰夢自体があまり面白くもなかったので、やめてしまいました。
    ですが面白いことに……おっと文字数がオーバーしそうなので、ここまでにします。
    ただの雑談でした、申し訳ありません。

    作者からの返信

    明晰夢はほんと楽しいですよねぇ。昔は自由自在にあやつれた……今は疲労のせいで、そもそも夢をほとんど見ないしなぁ。ふつうの人になったもんですw

    2022年8月25日 17:30

  • ベラベラ書く方法6 こんな人が向いてい…へのコメント

    メンタルは、モノ作ってるうちに鍛えられますね。
    正当な評価だなと思う方が多い中でも、書いてない事を読み取って怒る人なんかは、ちょっとお相手はできないし。
    少し前の内容にもどりますけど、作品の批評を欲しがる方は、自分の作ったものに自信がないからこそ評価を欲しがるのでしょう。
    アマチュアの、それも初心者はレビューなんか欲しがらない方がよろしいでしょう。
    時間おいて読み直せば、悪いところなんか幾つでも見えてくるものだから。

    作者からの返信

    初心者のころは相手がどのていどの腕前なのかもよくわからないですしね。すごい上から目線で言われて平伏したら、相手も初心者同然だった、なんてことも起こりうるので。
    自作を冷静に見れるようになってからじゃないと、他人の批評やアドバイスはムダになりますね。

    2022年8月25日 17:28

  • ベラベラ書く方法4 けっきょくストイッ…へのコメント

    記憶力は全く自信のない自分ですが、プロットは書いた事ほとんどないなあ。
    構成力は描写力よりもオトナな技能なので、なる早で身につけるべきですね。

    作者からの返信

    プロッターかパンツァーか。
    たいていの人は初心者のころは何も考えずに書き、次にプロッターになり、最後にパンツァーに移行するって感じじゃないかと思いますね。

    どっちにしろ、たくさん書かないと育たない技術ですよね。

    2022年8月25日 17:25

  • ベラベラ書く方法2 短編長編それぞれの…へのコメント

    星新一作品なんか、キャラクターはそれぞれ立場だけのものですね。
    あのアイデアをあんなに短く提供してくれる気前のよさと思いつくその数はすごい。
    外見、しぐさ、情景描写一切なしのいさぎよさも素晴らしいと思います。

    作者からの返信

    ショートショートだとキャラクターの個性がストーリーのジャマになりますからねぇ。
    むしろ、そういう描写は必要ないんでしょうね。

    ショートショートの名手は、長編の作家とは同じ小説家でも、脳の構造がまた違うんだろうなと思います。

    2022年8月25日 17:19

  • 第6話 自分でできる宣伝方法へのコメント

    表現すること自体が好きなら、「ストイック」じゃありませんよね。同感です。以前、漢詩を作っていたら、職場の同僚から物好きだと言われました。自分でもそう思います。まとまらない感想ですみません……

    作者からの返信

    ああ、自分が好きなことでも他人はわかってくれないことってありますよね。
    それでも自分が好きならいい!

    2022年8月24日 20:14

  • 第1話 まずは近況ノートに書いた私見へのコメント

    個人的に(年齢的に)、ラノベを書くのが苦手なので、素直に共感できました。

    作者からの返信

    ラノベをムリして書いても面白くなるわけではないですしねぇ。好きなものを書くのが一番です。

    2022年8月24日 17:57

  • 第6話 自分でできる宣伝方法へのコメント

    多くの場合パクられるのは、優れたモノを出したからだと思います。
    とはいえ長年温めてきたものを安易に真似されるのは、腹立たしくなる気持ちはわかります。

    作者からの返信

    お星さまいただいてましたね。ありがとうございます!

    長年ってほどではなかったですね。思いつきでサッと書いたものでしたが、評判もよかっただけに腹立たしかったです。

    まあ、正直、他人のネタをとらないないと書けない人は一流にはなれないので、哀れだなと思っていますが。

    2022年8月24日 12:42 編集済

  • 第4話 ②か③の選択へのコメント

    もっと武者小路実篤の白樺派的なものを連想していたので、星爆に星剥ぎ、笑いました。
    直截なやり方で稼ごうとする人も出てくるのですね。
    大変興味深いです。
    実際の商業連載も、一話以降ほとんどがじわじわと人気が落ちてゆくそうですから、あらすじよりも前話次話への誘導のできるネットは、とても便利だなあ。

    書くことは生きることでもありますが、趣味ですから、感想を入れたからと読んでもらう発想はなかったです。
    でも感想をくれた方の作品は、確かに興味がわきます。

    作者からの返信

    今は星爆や星剥ぎに対する処罰がすごく厳しくなってますね。
    とくに星を剥ぐことは理由はどうであれ基本的に禁止されてるようです。

    それでも、一人二人「この人、星爆だなぁ」と思う人いるんですけどね。一日になげる星の数を少量にして、それを毎日くりかえすことで目立たないように星を集めてるようです。

    そのうち一人は通報されちゃったみたいなので、警告は受けたんじゃないかと思いますけどね。

    罰則を厳しくしても、やりかたをちょっとずつ変えて、そういう人って出てきますね。

    2022年8月24日 06:52

  • 第3話 ②と③に共通の注意点(アドスコ…へのコメント

    面倒なので、いわゆるネット小説のヒット作をいくつか端から文字数を調べると、大体1500〜3000文字だったので、それをそのまま採用しています。
    ただクライマックスのエピソードは一気読みしてほしいという欲求が、こちらにも生まれますね。
    そういう時は、どうしても文字数がかさばって、最大4500文字ほどになったことも。

    作者からの返信

    やっぱり1500〜3000くらいがベストですよね。それ以上続くと自分でも読むのが苦痛になってきます。

    クライマックスは書くほうもいっき読みしてほしいですしねぇ。
    僕は一話の文字数はそのままにして、二話三話同時公開してます。ただし、予約投稿の場合、時間を一分でもいいのでズラして予約しないと、更新通知がフォロワーさんに届かなくなるようです。

    2022年8月24日 06:45

  • 第1話 まずは近況ノートに書いた私見へのコメント

    グラフを読むとPV数はともかく、参加作家が顕著に増えているようには見えませんね。
    お金をもらおうがもらうまいが、自分たちのようなニッチな書き手は、思いつくままに書くだけではないかと感じます。
    そんなに器用なら、おっしゃる通りメインストリームの作風受け入れてライトノベルを書くんじゃないかなと。

    作者からの返信

    この最初のほうを書いたのは二、三年前なので、今とだいぶ事情が変わってきました。あとのほうには書いてありますが、先日、リワードが五百円からAmazonギフト券に交換できるようになったんですよ。手数料なしです。

    ハードルが低くなって、多くの書き手さんが、初めてリワードを交換できましたと近況に書かれてました。
    ニッチなままでもお小遣いを貰える環境にはなったかなと。

    なので、好きなものを好きなように書いていきましょう! それが一番ですよね。

    2022年8月24日 06:42

  • AIに書かせてみる?へのコメント

    AI、いつかやってみたいです。

    でも本当にお遊びの域を出ないなぁ。
    自分の方が多分発想力はあるのかも。
    でもプロット通りに書く力は負ける自信があります!

    書くこと自体が嬉しいので楽しいので、それをAIに取られるのはヤダナァ。
    チェスや将棋はもうAIに勝てませんからね。
    その内、やな時代が来るのかも・・・
    そうならないように頑張ります。

    作者からの返信

    小説のほうはまだ当分、人間のほうが優れてる気がしますが、そう言えば最近、AIに絵を描かせるアプリが話題になってますよね。現状、英語でしか操作できず、商業利用するためには月額1300円ほどかかるみたいですが。

    こちらの絵は何人か載せてる人いましたが、本格的なデジタル油彩画で、かなりキレイでした。しかも描くのが速い。絵柄の好みはわかれるとこだけど、ほとんど人間に遜色ないですね。

    2022年8月20日 09:06

  • ノベルピアというサイトへのコメント

    海外ものは堂々と情報を盗みますと規約に書いているものとかありました。
    怖いので慎重にいくべきでしょう。

    またとある別の小説サイトに登録した時、コンテストで選ばれるものは、趣味が合わない同じような話ばかりということもありました。
    多様性は非常に大事だと思います。

    作者からの返信

    ですよねぇ。まあ、小説投稿サイトでゲームアプリと同じことをやるかどうかと言えば疑問ですが、慎重になるのは悪いことじゃないと思います。

    カクヨムは人気ジャンルとは無縁の妙なイベントを乱発してるので、なんとか多様性を保とうと四苦八苦してる感じはします。R15と言っときながら、ちょいエロの恋愛物を募集したり、夫にはナイショとか、カップ麺とか、何がしたいのかわからないときがあります。が、たぶん、いろんな作家さんをつなぎとめておきたいのかなぁと。

    2022年8月19日 21:58

  • AIに書かせてみる?へのコメント

    AIが書いたものを自分の作品って言ってしまえる精神はすごいですね……、正直、ナイです……。

    漫画家の話、すごく納得です。
    まことしやかに聞いたことのある話ですね。

    AI作品読ませてもらったことありますが、私が見たのは普通につまらなかったです。
    それでも売り方で売れてしまう可能性はあるのでしょうけど。

    作者からの返信

    やっぱりナイですよね。僕も絶対にナイです。現状、たぶん、AIには僕のテンポで書けるとも思えませんし。

    えっ? ほんとですか? 漫画家の話。自分的にはたとえ話のつもりだったんですが……まあ、ありうるかもしれませんね。週間だとものすごいハードスケジュールだろうし。

    今ならAIが書いたことを売りにすれば、多少は売れるんでしょうね。ただ、人間が書いたものとして売るには、もっと上手くて面白い人がいくらでもいますよね。

    2022年8月18日 20:59

  • AIに書かせてみる?へのコメント

    AIのべりすとは遊びの領域で、作品を仕上げる事に使う頭はありませんでした。
    こういう冒頭だとこういう傾向の話が多いなとか、展開すごく早くて余韻を感じないなとか、そういう勉強にはなりました。

    AIのべりすとのコンテストがあるので棲み分けていくのかな?と思いつつ、だからといってその作品を自分が生み出したとは思えません。
    自作とは別物ですから受賞しても嬉しくないですし、金銭を絡めたくないですね…。
    ちょっと言い方悪いですけど、AIを使えば誰にでも書けちゃいますよね。
    その誰にでも書けちゃうものではなく、自分だけが書けるもので今後も勝負していきたいなと私は思います。

    作者からの返信

    ですよねぇ。
    それが普通の人の反応だと思うんですけどね。

    ほかのかたの近況ノートでも、AIが人間を超えられるのかどうか、いつその日が来るのか。そういうことは書かれてましたが、まさかのそれを掲載します宣言にめちゃくちゃ驚きました。そういう人もいるんだなと。

    こういうAIが話題になるとき、いずれ人間のできるすべての仕事はAIにとってかわられる、みたいなしめくくりになるじゃないですか。
    いや、創造の分野でだけはそうはならないと、僕は信じてただけに、あっけなく創造性を放棄する人もいるんだなと。だとすると、ほんとに人間はなんにもしなくなっちゃう可能性もあるなとか、いろいろ考えさせられました。

    けど、自作にプライドを持つ人も少なからずいると思います。
    自分の書けるもので勝負。まさしくそのとおりですね。

    2022年8月18日 20:52

  • ヒット作に学ぶ 最愛へのコメント

    以前吉高さんのユリゴコロを見たんですが、衝撃的なヒロインでした。
    ミステリーには衝動が必要だなと感じたのを思い出しました。

    作者からの返信

    ユリゴコロは僕も読みました。
    かなり特殊な精神性なんですが、しっかり丹念に描かれてるので納得できました。
    ほんのり切ない。
    いい作品でした。

    2022年8月16日 12:28

  • 大ヒット作に学ぶ 僕のヒーローアカデミアへのコメント

    ヒロアカも鬼滅も娘の愛読書なんで本棚なにあるんですが、どちらも10巻くらいで挫折しました。面白いんだけど、あの絵が駄目で。

    アニメの方が可愛いので今度見てみようかな。
    今の流行りを知っておくのは大事ですよね。

    作者からの返信

    絵柄はけっこう左右されますよね。受け付けない絵だと、どうしても楽しめないし。
    約ネバの絵が僕はどうも苦手でした。アニメは見たけど。

    2022年8月16日 12:27

  • 大ヒット作に学ぶ2(ベルセルク 未完の…へのコメント

    未完で思い出すのが、多田かおるさんです。
    続き読みたかったなぁ。
    彼女の遺作は、後に完結したんですが、何故か読めませんでした。
    だって構想メモは出版社の意図が盛り込まれて、純粋な作品ではないような気がしたんです。
    それなら自分で妄想してた方が楽しいし。

    好きな作家さんには長生きしてほしいですね。

    作者からの返信

    寿命ばっかりはどうしようもないんですけどねぇ。ほんとに長生きしてほしいものです。
    やっぱり作品のことを一番わかってるのは、作者さんご本人ですし。
    ベルセルクもお弟子さんが続きを描くらしいんですが、どうなるのかなぁ。

    2022年8月16日 12:26

  • クライマックスが近くなると書きたくなく…へのコメント

    そうだったんだ!
    ちょっと頑張ってみる。

    作者からの返信

    クライマックスあたりで筆が止まったり遅くなるのは、書き手あるあるなんですよ。
    気負わず、リラックスしつつ、がんばってください。

    2022年8月16日 09:25

  • 読まれる小説13 ミステリーのコツ(後…へのコメント

    ミステリー書いてみたくなりましたよ。

    作者からの返信

    ミステリー、まだ書いたことがなければ、最初は短編がお勧めです(*^^*)

    2022年8月15日 16:38

  • 読まれる小説2 流し読みに耐える 後編へのコメント

    「会話には読みやすさの魔法がかかっている」(`・ω・´) キリッ
    かっこいい締めですね。

    はじめまして。
    まだここまでしか進んでませんが、とても参考になるお話ありがとうございます。
    今、繁忙期中なので、コメントはなかなか書けませんが、休み時間に読み進めさせていただきます( ̄^ ̄)ゞ

    作者からの返信

    はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    web小説ってやっぱり特殊なんですよね。紙の本と同じつもりだと読まれないので。
    参考になれば嬉しいです。
    お時間のあるときにでも、ゆっくりご覧ください(*'v'*)

    2022年7月26日 09:55

  • オマケ 読まれる小説を書くにはへのコメント

    7/19/13:06
     終盤に書いていらした、小説の腕が同じくらいだとお友達になりやすいとのご意見はすごく分かる気がします。

     私がカクヨムを観察していて気が付いた一例として精神疾患を持った作者同士のクラスタがあります。クラスタと言っても規約に触れる相互評価を組織的に行っているという訳ではありません。仲間内で読み合ってその結果☆を投げ合っているだけに見えますから。因みに精神疾患の根拠ですが、彼らが自ら近況ノートの交流で書いています。

     精神疾患を持った作者は妙に自分の作品群に一貫したテーマ性を持たせる傾向があるように私は個人的に感じております。そして、そこを見抜けるごく一部の、賢く観察眼に優れた健常作者が彼らを褒めることによって効率的に好意を得る構図が出来上がっているように感じます。テーマが一貫していることによって、流し読みでも感想が書けるから、交流目的の読み手からすれば楽ではあるのです。「いつも〇〇さんの作品は愛に溢れていますね、ここのシーンでそうおもいました」と書けばほぼ的は外さないで好意を得られますから。私は健常作者を賢いなと思って観察しております。

    7/19/15:17
     彼らと交流している健常作者について、誤解を招いてしまっていたと思うので追記致します。
     私の主観ではございますが、例に挙げた健常作者さんも交流を目的にして近づいた訳ではないと思います。どちらかと言うと、交流している作者が精神疾患持ちであると分かってからも変わらず交流を続けているだけに感じます。むしろ「この作者さんは持っているな」と感じ取って以降は、持っている作者さんのテーマ性を優しく褒め称える配慮をしているように見えます。
     結果として持っている作者さんから確固たる好意を得ているように思えるのです。
     私が健常作者を「賢い」と評したのが悪かったですね。

    作者からの返信

    小説の腕があまりにも違うと、何度説明しても、こっちの言うことを理解してもらえないんですよね。

    エブリスタではけっこういろんな人にアドバイスしましたが、小説を読んで「この人は才能あるな」と思った人は、飲み込みもすごく早いんですよね。
    「ここをこうしたらいいですよ」と教えると、そのあとのことをさらに自分で考えて、この次に言おうと思ったことをすでにやってしまわれるんですね。

    同じようにアドバイスしても初心者のかただと、「はあ、そうですか」で終わり。直そうともしないし、そもそも、アドバイスをありがたいとも思ってないみたいです。

    精神疾患のある書き手さん、カクヨムには多いですね。近況ノート見てるだけでも感じます。ご自身で自分がそうだと気づいてない人もおられて、大丈夫かなと思うんですが。
    前に精神疾患のある書き手さんにネットストーキングされたことがあるので、個人的にはそういう書き手さんはさけてます。小説のアドバイスしてくれって話だったので、一回だけのつもりでアドバイスしたら、まさかあんなに粘着されるとは……もしかしたら、まだ僕のこのエッセイもひそかに読んでおられるかも?

    みんながみんな、上記のような人だとは思いませんが、精神的な疾患のある人は、やっぱり広い視野で自分やそのまわりの状況を見ることができないんだなと思います。

    そこを利用……と言ったら語弊があるかもですが、健常者が交流目的で近づくのって、ある意味怖いもの知らずだなぁと。

    まあほとんどの疾患のある書き手さんは、おとなしい善良な人なんだろうと思うんですけどね。

    2022年7月19日 14:02

  • 最近モヤモヤする自主企画へのコメント

     自作執筆のために女言葉のチャプターを拝見しに来たところ、興味深い当トピックが増えていたので寄り道しました。

     宣伝目的のコメント魔はいますね。多数の作品の一話に「また遊びに来ます」の定型文でコメ爆している人がいます。「全然遊びに来ないなー」と思って、その人の作品の一話を読んで応援❤を付けると、翌日には私の別作の一話にまた「また遊びに来ます」とコメントしてましたね。

    作者からの返信

    ああ、やっぱり、その人、界隈で有名なんですねぇ。
    同じ人かどうかはわかりませんが、たぶんだけど垢BANを食らったあと? 転生して同じことをくりかえしてる人がいると、前にもコメント貰ったので。
    迷惑ですよねぇ。

    前日、返礼星しなかったら24時間以内に回収に来られた人もいましたし。
    今はどんな理由であれ、星を剥ぐ行為は基本的に禁止らしいので、通報きたらその人は垢BANか、その手前の警告かなとは思うんですけどね。面倒なので放置してます。

    2022年7月17日 21:19

  • 最近モヤモヤする自主企画へのコメント

     こんにちは。以前企画にご参加いただいた者です。「10万字以下のミステリー&サスペンスを読みたい」…だったかな。
     初めに謝罪。実は企画に参加いただいた作品(ジゴロ探偵)まだ完読しておりません。というのも好みの作風だったので、1から順番に読ませていただこうかと…。他の作家様の作品を先に読み進めていて、まだ少し先になるとは思いますが、必ず読みに伺います。遅くなってすみません。

     読み合い、疲れますよね。一度カクヨムに作品を投稿し、読み合いに疲れてアカウント抹消した経験があります。6月に意を決して再登録し、初めて立てた企画がご参加いただいた「企画者が一方的に読みに行く企画」でした。参加作品が多くいまだ読み切れておりませんが(汗)個人的には凄く楽しかったです。見返りを求めない分、純粋に他作家様の作品を楽しむことができました。ごく少数ですが拙作を読んでくださった方もいて、そういう方とは現在も細々と繋がっております。こういう付き合いができるのなら自主企画も悪くないな、と。その後通常の読み合い企画に参加もしてみましたが、やっぱりしんどい…。

     今後も読み合いを目的としない「読みたい欲求を満たすだけの企画」を立てていく予定ですので、またどこかでお会いできると幸いです。まずジゴロ探偵は全て読みますので!ブロマンス、大好きなんです!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます(*'v'*)

    覚えてます。あの企画の主さんですか。
    じつはあれに参加した『黒薔薇館の謎』本編は86000字ほどなんですが、そのあとオマケで足した短編のせいで10万字超えちゃってるので、出そうかどうか迷ったんですよね。
    まさかのシリーズ最初から読んでくださるとは、ありがとうございます。
    最初はブロマンス要素薄いですが、じょじょに強くなっていきます。というか、主役がパンセクシャルなので、死んだ恋人とは完全にBLなんですよ。BLはちょっと……と思われたらどうしようかとプロフを確かめさせてもらいましたが、BLも大丈夫みたいでよかったです。ホッとしました。

    読みあいは疲れますよね。エブリスタはそれも原因でやめたようなものだし。書く作品と読む作品が違うジャンルってことありますよね。僕は書くのはおもにミステリー、読むのはホラーなので、まだ近いほうかもしれませんが。
    僕もカクヨムに移ってからは自分が興味ひかれるものをたまに読んで、これはいいなと思ったものにだけ星つける感じでちょうどいいなと思ってます。
    たまにいかにも相互目的で星なげてくる人いますが、アレも迷惑なんですよね。この前は僕が返礼星しなかったら24時間以内に回収しに来られましたw

    ムリない読みでうっすらとつながるくらいが僕もほどよいと思います。自分の書く時間をキープすることが最優先ですし。


    ではまた、どこかで会えるといいですね(*゚▽゚)ノ

    2022年7月14日 14:51

  • カクヨム豆知識(謎現象)へのコメント

    う~ん。難しいですねぇ。一言に『小説を書くのが好き』と自分では、勘違い(?)してましたが。ここまで、書くことが好きなんだぁ。とまず、大変驚きました。私は先生の
    【グールゲーム】から凄い方だと思ってましたが。やはり換金されてる!!凄い!と思えました。私は、まだまだだなぁ。これはとても勉強になる!!と素直に感じました。辛口の意見交換とか、失敗談とか?エブリスタの名前は、聞いたことがある程度です。
    初心者丸出しで、すみません
    私も、プロットよりかは、パンツァー寄りの頭でグルグル駈け巡り話を展開して、そうですね、このシーンを書くためには?と逆算して物語を作ったり。たまには言葉が降りてきたり。そして、ひらめいたりと、バラバラです。
    私の作品は、まだまだ稚拙ですが、今後も頑張ります😊😊

    また、読みに来ます!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    (´▽︎`*)アハハ
    僕はたぶん、カクヨム内でもズバ抜けて小説を書くことじたいが好きです。小説を書かないと生きていけない病にかかってます。ほかの人が呼吸をしないと生きていけないように、僕にとっては小説を書くことがあたりまえで必須の行動なんですよ。

    ほかの人の近況ノートを見ると、人気が出ないからこの作品は打ち切りにしますとか、もう書くのやめますとか、筆を折りますとか、かなりの率で言われてるので、自分のほうが特殊なんだなというのは、なんとなく理解してるんですが。

    あっ、グールゲーム紹介してくださって、ありがとうございます。

    プロットは最初は作ったほうが書きやすいんですけどね。
    僕も初心者のころは書いてなくて、あるていどなれたころに書きだして、もっとなれたら、また書かなくなりました。自分のやりやすい方法が必ず、それぞれにあるので、それを見つけるまで試行錯誤ってことですね。

    そして、先生はやめてほしいw

    ではでは、執筆、楽しんでください(*'v'*)

    2022年7月11日 17:57

  • 注目作品の選出方法が変わった!へのコメント

    私はエッセイを中心に読んでいるので、エッセイばかりが表示されるようになりました。でもエッセイとか評論は分母が少ないので、必然的に同じものが表示される率は上がっています。
    もうそれ読んだよっていう。。。
    そういう意味では人によるのかもしれません。

    作者からの返信

    ああ、なるほど。たしかにエッセイだとそうなるかもですね。
    エッセイって実体験(海外旅行とか)や、知識系のほかの人には書けない作品があって、作品を書く上で参考になるので、たまに読んでます。

    いっそ星がつかなくてもピックアップされるようになれば、もっと幅広く選出されるようになるんですけどね。現状は近々で一個でも星がついた作品じゃないとあがらないので、必然的に同じ作品ばっかり出ることになりますよね。

    個人の好みでお勧めを決めるというなら、星にこだわらなくてもいい気がします。むしろ、今は忘れられた古い完結作品があがってくれると嬉しいかも?
    運営さんに要望出してもいいかもしれませんね。

    2022年7月6日 12:42

  • 注目作品の選出方法が変わった!へのコメント

    こんにちは。
    さすがお気づきになるのが早い、と感心しきりでした。

    この仕様なら次は温めていたSFにしようかな、なんて思ったりしてます。

    作者からの返信

    (´▽︎`*)アハハ いつも星四桁のラブコメだったのが、急に星一桁のホラーになったので何事かとw

    今はお勧めのピックアップ作品だけを読んでいくと、どうなるのかなと思い、ピックアップのなかで好みそうな話を読み進めてます。
    やっぱり、どんどんホラー色が濃くなっていく。
    そして、ついさっき、もろに自分好みのホラー作品に出会いました。
    新機能、自分的には嬉しいかぎりです。

    SFもいいですよねぇ。好きなジャンルです。長編はなかなか読む時間ないんですが……

    2022年7月6日 12:36

  • 注目作品の選出方法が変わった!へのコメント

    なるほど、お知らせで告知してたんですね。
    正直、人気作ばかり出てくるのを変えてくれたのは有り難いです。
    割と読みたい作品は人気作以外になるので。

    作者からの返信

    二時間前なので、十二時すぎくらいにお知らせがあったみたいですね。

    届けたい人に届くのは、過疎ジャンルの書き手としては嬉しいかぎりです。

    読み手としても気になる作品が探しやすくなるわけだし。

    変化があってから、同じ作品が一日に五、六回出てたので、そのぶん、求める人に届きやすくなっただろうなと。

    嘆くのはいつもトップを独占してた人たちだけですね。

    2022年7月5日 14:52

  • 大規模通信障害とピックアップ作品の関係性へのコメント

    目からウロコというか、忘れてました。
    基本中の基本でしたが、すっかり忘れて外してました。
    どうりでタイトル変えてから一切トップに上がって来なくなったわけです。
    とっても実感してます。

    作者からの返信

    ああ、タイトルやキャッチを変えて反応見る。それで見えてくることもありますよね。

    ピックアップされたときにすぐにフォローが入ったり星ついたりすることもあるので、やっぱりトップ画面に載るって影響は大きいですよね。

    2022年7月5日 12:27

  • 5分で解決探偵考察、〆切前にできること…へのコメント

    戦うイケメンコンテスト、長編が可能か?だったので、それならいっそ長編として書いてしまえ!がやらかしたかもです(汗)
    文章などがまだまだなのは当たり前なのですが、第一章までで、俺たちの戦いはこれからだ!みたいな感じで終わりにしたんですよね。
    出し惜しみせず、しっかり解決まで導ける一つの戦いをテーマにした方がよかったなと思いました。
    1話目にしてすごい人数のキャラ出されている方とか、もう真似できない凄さだとも思いましたし、出されたテーマの魅せ方を研究しようと思います。

    作者からの返信

    そうなんですよね。受賞した人が二人、近況ノート書かれてて読んだんですが、これから書籍化のため長編に書きなおしますってことでした。
    長編化が前提なら長編のイベントにすればよかったのでは? と思ったんですが、長めのあらすじみたいな感じで中編を求めたのかもですね。指定した文字数のなかにしっかりおさめるのも技術ですので、そういう力も見られてたのかなと。

    あと、お一人は星4個しかついてなかったので、ほんとに星評価の数は関係ないともわかりました。
    相互でたくさん星集める人がいますが、読者選考のときにはその手段有効だけど、そうでないときにはまったくムダだよと。

    出し惜しみはよくないですよね。その一作で作品の魅力を全部だしきらないと、選者に伝わりませんからね。
    賞の求めるコンセプトをつかめるかどうかが勝敗をわけた、みたいなこと、総評にも書かれてました。
    その賞に狙いをあわせる研究って大事だと思います。

    こういうことに気づけるかどうかも今後に大きくかかわってきます。
    執筆、がんばってくださいね٩( 'ω' )و

    2022年6月26日 09:57

  • 話題の垢BANについて(後編)へのコメント

     今一度この後編の投稿日時と心あたりのある★爆さんがアカウント停止になったと言っている時期を見比べたところ、時期が異なりました。その方は今年の一月末の停止だそうなのでどうやら私の思い違いの様です。
     確かカクヨムコン7が始まった頃だったでしょうか。その方の作品を10話くらいまで読んで❤を付けていたところで、「拙作を読んでくれるのは嬉しいが、自分が英語は嫌いだからあなたの作品は読みたくない」とのコメントを受けてこちらも続きを読む気が失せた印象が残っており、「もしやあの人のこと?」と思いました。

    作者からの返信

    ああ、違いましたか。
    星爆さんはほんとに多いですからねぇ。とくにカクヨムコンの読者選考期間は、星を求めてなげまくる人増えますし。

    ただ、星爆に関しては運営さんの反応が早くなっていますので、その点は安心ですかねぇ。

    それもこれもユーザーからの通報が基盤になっていると思いますが。

    2022年6月13日 21:56

  • 話題の垢BANについて(前編)へのコメント

    数話に立て続けにハートを押しましたがちゃんと読んでおります。後編で触れていらっしゃる★爆のお方に心当たりがあったので興味を持って読みました。

    作者からの返信

    あのときの星爆さんはいろんなかたが近況ノートに書いてたし、けっこう目立ってましたよね。

    星爆さんは今でも定期的に出てきますね。つい先日もアカウント消されたという人がいましたし。

    営業は許されて星爆はダメという線引きもあいまいですしね。

    2022年6月13日 21:24

  • 最近モヤモヤする自主企画へのコメント

     初めまして、斑猫と申します。
     実は結構シコシコと自主企画を建ててるのですが……最近はもう趣味に全振りしてますね。自分の作品(特にメイン連載)が該当し、尚且つ自分の好みに合致する条件を提示する。そんな感じで本棚企画を作ってます。
     実は年末に読み合い企画を立ち上げたりしましたが、特に企画主としてのメリットはありませんでしたね。以降自主企画は「企画主も参加者も負担の少ない企画」というのをモットーに立ち上げてます。本棚企画なので読み合いは無いですし、正直企画主も立ち上げてるだけーというのはありますね。
    ※読み合ってもOK! と大体書いてますね。これも読み合い判定になっちゃうんでしょうか(汗) ちなみに企画主は読みに行かない可能性大と書いてます。怒られてもいやですからね。

     後やはり、企画のサイクルが早くなっているのを感じます。2月中頃からその傾向が顕著になりましたね。私も企画が埋もれてしまうので、最近は実施日を短くしちゃってます(涙)
     
     そして姑息な手段を取る人は多いですね。「企画から来ました!」というコピペ文を投げる輩も私も見ました。ちなみにそいつはまた転生して戻って来てますね。そして同じ事をしていると。
     それよりも悪質なのは「更新詐欺」「完結詐欺」を繰り返しているユーザーです。「更新しました」「こちらもどうぞ」というダミーページの更新を日に2~3回繰り返し、それでPV等を荒稼ぎしているんですね。しかも読み合い企画を主宰し読み合い企画に寄生(活動履歴を見るに他作品を読んでない感じです。しかも作品制限のない企画には4本くらい自作を入れているですよ)しているので、そこそこ星も貰っているみたいですし……
     文章はそこそこ良い文章を書くので尚更腹立たしいですね。小細工せんでもイケるやろ、と。

     そんなわけで、自主企画は読み手として面白い作品を探すのに立ち上げるという感じですね。
     長文失礼しました。

    作者からの返信

    返信遅くなり、すみません。

    自主企画を自分で立てるときは本棚企画くらいのほうが労力がかからなくていいですよね。
    前に読みます企画をやったら、すごく大変だったわりに、自作を読み返す人どころか、かなり長文レビューを書いても『いいね』ポチッとしただけで、とくにお礼とかもなく、なんだか虚しくなったので、もう二度とやりたくないなと。お返しを期待してたわけじゃないけど、レビューのお礼も言われないのは、徒労感がすごかったです。

    たぶん、読みあい企画の場合、作者が全作読んで星なげまくるくらい、あざとくしないとメリットはないんでしょうね。それで上手に星を集めてる人は確実にいますし。

    読みあってもオッケーくらいなら、読みあいではないと判断できると思います。だけど、「読みあいではないですが、読まれたら必ず読み返して。これ常識」と書いてる人がいて、いやいや、それは読みあいだからってw しかも強制の。

    企画短くなってるのはたしかですね。出すほうも短いと次々に出せるから嬉しいんですが、いつも似た企画が上部を占めてるのが困りもの。

    コピペの人、転生してるんですか…こりないなぁ。ただこの人は一回垢BANされてるので、次に通報されたら永久追放の可能性が大です。

    更新詐欺、完結詐欺もよく聞きますよねぇ。正直、そんなことして人を集めても、読者は離れていくだけだと思うんですけどね。狼少年的に、だんだん信じてもらえなくなるというか。
    その人がどのジャンルを書いてるのかわかりませんが、カクヨムだけでも書き手はひしめいてるので、そこそこ上手いていどでは、書籍化まではたどりつけないんですよね。ほんとにそこを目指してるなら、内容をおもしろくする努力をするべきなんですけどね。読まれればそれでいいというなら話は別ですが。

    困った人はほんとに多いですよねぇ。僕も新作公開するたびに毎回、最初か最後の一話だけ読んだふりをして星一個なげてくる人がいるので困ってます。確実に垢BAN案件なんですが、極度のめんどくさがりなので放置してますが。

    企画はムリない範囲で管理できるもの、気軽に誰でも参加できるものが一番ですよねぇ。

    2022年5月22日 09:44

  • 話題の垢BANについて(前編)へのコメント

    この文章と作品を、私の近況ノートで紹介して宜しいでしょうか。

    件の出来事に、関心のある方々が居ますので・・・。

    その方々も、何故アカBANされたのか気になっている見たいで、答えを欲してますから。

    作者からの返信

    そうですね。当事者やそれに近い人たちは気になるでしょうし、しかたないですね。

    ただ、この部分の情報は近況ノートから得ただけですので、じっさいには違うところもあるでしょうし、分析も僕の個人的な意見です。運営さんの基準とは異なる場合があります。

    その点はご留意ください。たぶん、こうなんじゃないかなという推察にすぎませんので。

    なるべく客観的に書いたつもりですが、もしも気分を害されるかたがいれば、すみません。
    その場合はこのエピソードを非公開にするなり対処しますので。

    2022年5月10日 08:51

  • 最近モヤモヤする自主企画へのコメント

    こんにちは。

    私も、参加中のが終わったから新しい自主企画に投げようか。と一覧を見ては「うーん」となっています。ちゃんと読まないと、実は読み合いだったとか。

    あまりにあんまりなのでいっそのこと作っちゃおうかと検討したりも。



    営業活動の否定はしませんし、現状では仕様の範囲内なんだと理解しています。
    でも、正直ちょっと迷惑に思ってしまいました......

    この仕様の隙間、いずれ埋められるかもですね。

    作者からの返信

    そうなんですよねぇ。以前は本棚と言えば置きっぱなしが常識だったのに、本棚と言いつつ、よく見ると読みあいって書いてある…
    困りますよねぇ。
    長文の一番下に、つけたしみたいに「読みあいです」とか書いてあるとガッカリします。

    以前ほど「面白そうな企画だな」と思うものがない気がします。
    本棚企画、立てられましたら、ぜひ参加させてください。

    営業するならツイッターとかで仲間を募ってほしいですよねぇ。ほかの人の迷惑になる行為はひかえてほしいなと。

    じょじょにガイドラインが厳しくなってるので、いずれ企画についてもメスが入ることになるかもしれません。

    2022年4月27日 15:28

  • 最近モヤモヤする自主企画へのコメント

    ほんと、読みあい企画ばかりになりましたよね~。出せる企画がぜんぜんない……。たまにいい感じの本棚企画があってのぞいてみると、参加作品はみおぼえのあるものばっかりだったりしますしね。読みあい嫌いな人が集まる……笑

    しかしたしかに、営業をやってる人で長く続けてる人を見たためしがないです。BANされる人もいるし、自発的にアカウント消しちゃう(しょっちゅう転生する)人もわりと多い印象です。義理で読まれてるという感触だけでは、やっぱり長くは書き続けられないですよね。

    作者からの返信

    ですよね〜
    僕も出せるのがなくて困ってます。

    (´▽︎`*)アハハ たしかに、僕も自分が出すやつには「あ、またこの人か」って人が多いですよねぇ。
    僕はそういうので読み専さんに見つけてもらいたいので、「またこれ」と思われないように、なるべく違う作品を入れようとは思ってるんですけどねぇ。

    転生かぁ。何が楽しくて書いてるんでしょうねぇ? 一発ガンと当てて書籍化なんですかね? カクヨムコンなら絶対に長く続けて仲間をたくさん集めてる人のほうが有利なのに、それをリセットするんですね。

    ほんとに面白ければ、じわざわとでも読者は集まるので、書くことに専念したほうが、ムダな営業するより絶対いいと思うんですけどねぇ。

    2022年4月26日 22:54

  • プロローグ、読む、読まない問題へのコメント

    こんにちは。
    コメント失礼致します。

    ソラノさまより、こちらで涼森さまのアドバイスを頂けると教えて頂き、飛んでまいりました。
    件の近況ノートの石濱ウミです。
    よろしくお願いします。

    こちらのエッセイ、大変勉強になりました。
    プロローグ問題で少し(?)もやもやしておりましたので、納得のお話でした。

    面白い話を書くのが、何よりではあるのですが、その中でも『自分らしさ』を大切に、しっかりと精進を重ねて参りたいと思います。

    ありがとうございました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    こちらこそ、断りなく話題を使わせてもらってすみません。

    プロローグ問題も、プロローグとエピローグしか読まれない問題も、みんなモヤモヤしますよねぇ。

    営業ありきでやってる人たちは、平気で人が嫌がることをされるので困りものです。

    ただ、最近は運営さんも厳しくなってきて、前はちょっと読んで評価する人はとくにお咎めなしでしたが、このごろは一日に大量に星投下すると、たとえ一話だけ読んだとしても、アカウント消されてしまうようです。一日50作以上に星なげるといけないみたいですね。50作でも充分多いと思うけど。

    僕は自分で読むときにも面白い話が好きなので、そこを重視してるんですが、書き手によって自分らしさはそれぞれみんな違ってくると思います。

    自分がほんとに書きたいこと、譲れないことは守りとおしてください。それが一番大事です。
    その上で譲れるところを改良していくことが、より広く読まれるためのコツだと思います。

    2022年4月19日 14:52

  • プロローグ、読む、読まない問題へのコメント

    私の小説は最初は序章より一話のPV数が多かったので「一話から読む方が多いんだなあ」と思っていたのですが、今は序章のPV数が一番多いです。
    書き手としては序章から読んでいただいても、一話から読んでいただいても、途中から読んでいただいても、なるべくわかりやすいようなストーリー構成にしています。
    前話より次話のPV数が多いのは面白いと感じます。

    ネット小説の構成としては、どこからでも読める仕様なので、好きなところから読んでもいいと思っています。エッセイは、興味がある部分だけ読むことも多いです。

    読み手としては基本的に、一番最初から読み、序章が無理だと思ったら速やかに引き返します。でも、一作品だけ「序章に書いてあることが、理解不能」と思って一話から改めて読んて面白いと感じ、本編を途中まで読んだら序章に書かれている意味が判明したということがあります。

    作者からの返信

    返信遅くなってすいません。

    最近、ふつうにプロローグから読む人が増えましたよね。いいことだと思います。

    ただ、連作短編とかエッセイならどこから読んでもかまわないんですが、さすがに長編や大長編になると、どこからでも読んでいいってわけにもいかないので、プロローグと一話、そこからの一区切りまでで、ずっと読んでくださるように仕掛けないといけませんよねぇ。

    とくにミステリーは伏線を複雑にからませてるので、どれか一つかけても推理がしにくくなるんですが……まぁ、だからwebではミステリーって流行らないんでしょうね。全部読まないとわからない上に、最後まで読まないとほんとに面白いかもわからないし。

    2022年4月19日 14:09

  • プロローグ、読む、読まない問題へのコメント

    プロローグ問題、はっきりとした事がわからず、もやもやしていました。
    ですので、涼森さんの考えも教えてもらえて、とても有り難いです。

    まさかプロローグの事をそんな風に言っている方がいたなんて、驚きました。
    意味のない文章なんてないと思うのですが、そういった認識が広まる事が悲しいですね。

    あと、始まりと終わりの数話だけを読む方も、なるほどと思いました。
    書き手の方からされるからこそ、嫌な気持ちになります。
    自分の物語をそんな風に読まれて嬉しいの?と思ってしまうので。
    これからも気にしてしまうとは思いますが、それ以上に物語の質を高めていこうと思います。
    プロローグも一話目も、これは読んでみたい!と思っていただけるよう、これからも頑張ります!

    すごくすっきりしました(笑)
    ありがとうございました!

    作者からの返信

    あはは…すいません。
    そうなんですよ。じつはヒナさんたちが話しておられた話題なんです。

    プロローグとばされても、まあしょうがないかと思いますが、プロローグとエピローグだけ読まれるのは、ほんとやめてほしいですよねぇ。

    読み専さんはだいたい最初から最後に向かって普通に読まれるんですが、書き手にかぎって妙なことをする人が多いですよね。プロローグだけ読んで星三つなげてきたり。

    僕も自分がされて嫌なことは相手にすべきじゃないと思いますねぇ。

    そういうことをする人って、ほんとに自作を大切に思ってるのか疑問ですよね。自作に同じことされても、星さえ集まればどうでもいいんですかねぇ?

    なんにしろ、創作で大事なのは『人は人、自分は自分』だと思います。自分らしさを大事にしていれば、自然といい作品が書けるんじゃないかなと。

    おたがい、執筆、がんばりましょう〜*\(^o^)/*

    2022年4月17日 23:28

  • プロローグ、読む、読まない問題へのコメント

    プロローグ不要論は、Web小説界隈ではかなり昔から見かける言説じゃないでしょうか。私がカクヨムで書きはじめたときには、すでにありました。(影響を受けて、私もプロローグ消しましたw)

    暴論かもしれませんけど、小説を書いて日の浅い素人の書く小説のプロローグは、ないほうがいいことが多いんだと思います。なにかこう、意味ありげなポエミーな回想シーンとかを書きがちじゃないですか。それなら最初っから読者を引きこむ一話目を書けよっていうことなんでしょう。昔の自分も含めて笑

    涼森さんみたいに高い水準で作品を作られてる作家さんは、そもそも気にする必要がない言説だと思います。

    (蛇足ですけど、発行するかわからないリアナの同人書籍には、プロローグを入れる予定です。これは第一稿とはちがって、ちゃんと結末と対になっているんですよ(*´∀`*) 書籍ならではのお楽しみという感じで)

    作者からの返信

    そっかぁ。僕はwebで小説しだしたの、かなり遅いんですよね。と言っても、すでにエブリスタで五年、カクヨムで三年なんですが。

    そういえば、このエピソードを書いたあと、グーグルで調べてみたら、なろうでもプロローグ読まれないって言われてるみたいなので、ラノベサイトでより顕著なのかもしれません。

    プロローグって長編や大長編ほど書いちゃいますよね。
    たしかに昔の僕が書いたプロローグはなんとなくポエミーだったかもw

    結末と対にかぁ。最後まで書いたからこそできる技ですよねぇ。
    同人書籍、自力で作れるのスゴイですね。

    やっぱり小説は趣向をこらす楽しさっていうのもある気がします。

    2022年4月17日 23:19

  • 1ギフト143リワードだった件へのコメント

    私は消失してしまうリワードを『ギフト』として贈り合うことができたらお友達が多い書き手の方には嬉しいのではないかなと思うのですが、逆に人間関係が破綻してしまうのでしょうか……。

    作者からの返信

    その方法はやりたいって言われてる人、前々から見かけます。
    どうせ、消えてしまうなら誰かに役立ててもらいたいっていうのは自然ですよねぇ。

    ただ、サポパスの登録に必要な最低額が580円なので、リワードから出すとしても、580リワード持ってる人しか使えないことになるんじゃないかなぁと。

    運営側としては、消えるリワードはそのまま自分たちの利益になるので、たぶん、「いいでしょう。やりましょう」とは言ってくれない気がします。今のまま消えてほしい、というのが本音じゃないかなと……。

    2022年4月16日 13:26

  • 1ギフト143リワードだった件へのコメント

    おおー、ギフトってそんな感じのリワードなんですね。換金するのにちょっと足りないっていうくらいの作者さんに送ってあげたら喜ばれそう。

    ちなみに、サポパスは登録も解除も簡単でした。登録はスムーズでも解除しようとするとめんどうなサービスが多いなか、解約しやすいのはハードル低くてGoodだなと思いました。毎月課金したいわけじゃないけど、たまにギフトを送りたいっていう場合もありますから。

    作者からの返信

    そうそう。そこ大事ですよね。せっかくギフトあげても絶対に一年で換金できない…年間リワードを500くらいしか得られない人にあげても消えるだけなので、貰ったほうも心苦しいかも。リワード2900たまったのに、もうちょい足りないって人なら大喜びですよね。

    リワードの換金できる額を低くするって話も公式から何度か出てるけど、いっこうに発表になりませんよね。キリのいい額だと思うから、2000リワードになるのかなって思うけど。1000リワードだったら、イベント駆使すれば、かなりの人が換金できるようになります。

    解除が楽なのはいいですよね。たいていはぬけさせないために、すごくめんどくさくなってますもんね。
    あとは支払いがクレカだけじゃなくなったら、もっと需要が高まるのかなと。

    2022年4月16日 12:19

  • レイティング考察(後編)へのコメント

    初めまして。
    この問題って、確か2010年の都条例の全面抗争で決着してなかったかです。自主フィルタリング相当の妥結だったと思いますけど。そう諍いなんて、すっかり忘れた頃に蒸し返されるものなのですね。

    作者からの返信

    都条例ですか。
    都民じゃないので、ニュースでなんかやってたかな、くらいの認識しかないです。
    たぶん、多くの人がそうなんじゃないですかねぇ。

    忘れられたころに、そういう論争って再燃するんでしょうね。

    2022年4月15日 13:22

  • レイティング考察(後編)へのコメント

    私は、カクヨム様で読んでいた小説に『高校一年生同士で同棲していて性行為をしていることが明白』という描写があって「カクヨム様はおおらかだなあ。同人販売サイトではR18カテゴリーでもアウト(販売不可)な描写なのに」と思っていたのですが、その後、該当の描写ががっつり削除されていたので「カクヨム様もきっちり規制しているんだな」と認識を改めました。個人的にはこれ以上の規制は不要ではないかと思います。

    作者からの返信

    カクヨムはこのところ急激に新規参入してきた人たちがいるので、ガイドラインがR15だってことを知らずに、エブリスタやアルファポリスで載せてるR18作品をそのまま投稿する人がたくさんいるんですよね。

    そういうのを規制してもらうためにも、R15のラインは保ってほしいなぁと思います。

    2022年4月13日 13:46

  • レイティング考察(後編)へのコメント

    今回の考察も勉強になりました。
    全くもって同意ですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます*\(^o^)/*

    R18にしちゃうと、読者層も今と変わってしまうと思うんですよね。

    2022年4月12日 22:45

  • レイティング考察(後編)へのコメント

    レイティング問題提起の作品、ちょろっと読みました~。私も涼森さんとおなじ意見です。R18カテゴリができると、よけいにそこのすれすれを狙って書くような人が出てきちゃうので(なろうみたいに)、かえって過激化するんじゃないかなぁと思いますね。性表現では自分も人のことは言えませんが(;'∀')

    作者からの返信

    ですよねぇ。
    むしろ、R15まで置いていいけど、レイティングはR12あつかいにして、12歳以下は閲覧できないってしたほうが、たぶん、今より健全になりますよね。
    僕の作品はほとんどレイティングになってしまいますがw

    今でさえ、R15のギリギリを狙ってますって人がけっこう多いのに、R18オッケーにしたら、どうなるか目に見えてるんですけどね。

    2022年4月12日 22:28

  • 読まれる小説10 興味をそそるのは長文…へのコメント

    こんばんは。はじめまして。
    ゆっくり読ませていただいています。

    わたしは、長いタイトルは好きではないのですが、どうも、みなさん長くされてるのと、ある程度の話の内容がわからないと読んでもらえないような気がして(とくに長編は)、正式なタイトルの後ろに、サブタイトルをつけるようにしています。
    例:令和モラトリアム★ボーイ -貧乏性の御曹司は、DIYでリフォームした家で年下執事と暮らしながら、本当の自分を探す-
    こんな感じです。
    たぶん、正式なタイトルだけだと、クリックもしてもらえないんじゃないかなと思ってます。かといって、サブタイトルだけだと、わたしの中のなにかが「それは、だめ」と騒ぎたてそうだったので、こういう形になりました。

    突然、失礼しました。

    作者からの返信

    はじめまして
    コメントありがとうございます。

    今のラノベの流れだと、どうしても長文タイトルじゃないとウケが悪いですよねぇ。
    ピーク時にくらべると短くなってきてるって噂もありますが。

    僕も同じように、メインタイトル+サブタイトルの形にしてますねぇ。けど、やっぱりほんとの長文じゃないので、あんまり新規読者をゲットできてません。

    あと、長ければいいってものでもなくて、カクヨムの読者層である中高生男子の関心をひきそうなワードが入ってないとダメなんでしょうね。そういう意味では、僕の作品のタイトルには、その層に訴えるワードは皆無ですから。

    いえいえ。コメント嬉しいですよ。
    作品を真剣に考える皆さんの声は貴重です。

    2022年4月11日 23:01

  • ネタはどこから降りてくる?へのコメント

    おぉ、今日の話題も面白い。舞台・ストーリー駆動かキャラ駆動かということですね。(場面はストーリーの一部と考えて)

    私は今は舞台かストーリー駆動型かなぁ。昔はキャラが下りてきて……というのもありました。残念ながら、キャラを作る力は年々弱くなっている気がします。今動かしているキャラの原型は、ずっと昔に作ったキャラにあって、今のはそれの亜型のような。でも、小説としてのおもしろさは今のほうが高いと思うので、このへんトレードオフなんでしょうか。

    リアナもスーリもストーリー&舞台が先にありましたが、シリーズが進むにしたがってキャラの力で物語がドライブされていく気がします。涼森さんはそのあたり、いかがですか?

    作者からの返信

    ああ、キャラを作る力かぁ。
    昔のキャラの亜型というのが、僕が言うキャラの型のことなんだと思いますね。
    僕もこのごろは、まったく新しい型って、なかなかできないですね。たいていはすでにある型のなかから選んでる感じ。でも、清美と穂村先生は新しい型かなぁ。両方脇役だけど。このごろは脇役のほうがいい味出してるかも。
    だいたい、主役級はすでに自分の好きなタイプが決まってるので、新しく作りようがないんですよねぇ。どうしても好きなタイプを書いてしまうので。

    新しい作品を作るときって、世界観から来るんですが、シリーズ作品は「このキャラにあんなことさせたい」っていう欲望で動いてますねw

    ただ、青蘭のシリーズのように、最初に思いついたときに、ラストが明確に見えてる話もあって、そのほうが作品全体の質は高いかも。

    2022年4月1日 21:29

  • ネタはどこから降りてくる?へのコメント

    私は場面からですね。
    場面→キャラクター→世界観ですね。
    場面で登場するキャラクターとそれが構築される世界観が描かれて広がっていく感じです。

    作者からの返信

    やっぱり人によって違うんですねぇ。
    場面から思いつく人はけっこう多いのかな?

    僕もシリーズ作品の場合は「このキャラにあんなことをさせたい」っていう場面から思いつくことが多いです。
    まあ、この場合はすでにキャラクターも世界観もできてるわけですがw

    2022年4月1日 20:05

  • パンツァーとプロッターの書くときの違いへのコメント

    一回編むとほどくことはできない物語、かっこいい!(*´∀`*) 涼森さんの作品の完成度の高さは、この緻密な編みこみによるものなんでしょうね~!

    西は場面入れ替えちゃう未熟者です~。追加・削除もよくやります笑 たぶん完成度が高くないからでしょうね。伏線投げっぱなしも多くて。わはは。

    そして、プロットのほうが文章書くより疲れるのは私もそうです! プロッターの特徴じゃないでしょうか。プロットができあがると頭のなかでは映像になってるので、あとはそれを文字起こしする感覚です。(アドリブにまかせるパートもあるし、書いてるうちにプロットが変わっちゃうこともよくあるんですけど)プロットがないと伏線処理ができない……。

    もっと習熟してきたら、私もパンツァーになれるんでしょうか(*n´ω`n*)夢がありますね。

    作者からの返信

    なんかもう、みんな勘なんですけどね。そろそろシリーズ全体の伏線も必要だなぁとか、恋愛に動きつけとこかとか、次に入れるべきものがわかるんですよ。

    まあ、一冊ぶん書いたら頭から読み返して、細かい矛盾は整えていくんですけどね。たまに最初と後半で間取りが変わってたり、名前が間違った。とかします。

    今日の夜、僕らさのメイキングについてのエピソード出しますので、そっちにもっと詳しく書いてます。

    そうなんですね! やっぱりプロットのほうが大変なんだ。
    やっぱり書きながら考えるのと、書く前に考えるっていう違いなんですね。

    あっ、僕も書きながら映像が見えてますよ。プロット編んでるときも映像なので。考えなくてもいつも映像で浮かんでくるっていうか。自作品、書きあげたあと読みなおすと、その映像が映画のように浮かんできます。

    たぶん、脳みその使いかたの慣れなんでしょうねぇ。慣れれば誰もがパンツァーに!w

    2022年3月31日 12:46

  • 気になるカクヨムコン有効応募数へのコメント

    カクヨムコンの規約で『カクヨムコンの中間選考に落ちたら他の賞にエントリー可能』と記載があったので『カクヨムコンにエントリーするならカクヨムコンだけにした方が安全かなあ』と思って私はカクヨムコンに応募する前に他サイトでのコンテストへの応募を取り下げました。
    私が応募していたコンテストの要項に『全年齢対象、残酷な描写は不可』というようなことが書いてあったのに、エントリー作品の一定数に『暴力描写有り』『残酷描写有り』のキーワードがついていて首を傾げました。
    あと、私が読んでいる長編小説の作家様が『カクヨムコン(短編)』に応募されていたので「間違えちゃったのかなあ。親しくも無いのに指摘するのは失礼かもしれないし、早く気づいて長編部門に応募し直してくれたらいいなあ」と思っていたのですがわざとかもしれないのですね。うっかりミスだと信じたいです……。

    作者からの返信

    近況ノートを見ると、中間結果によって他サイトはとりさげればいいやという考えの人もいるみたいですね。同じ作品をあちこちのイベントに出したけど全部落ちた、みたいなこと書かれてたり。
    エブリスタでは中間結果のとき、最終候補とそれ以外の優秀作品って形で出してくれるので、落ちたにしても自作が多少なり脈があるのか、まったくダメだったのかわかるんですが、カクヨムコンは読者選考のあとすぐ最終結果なので、編集部のなかでどのへんまで残ったのかわからないんですよね。大雑把でいいので二次選考の結果は出してほしいなぁと思います。毎年ぜんぜんダメなら他サイトのイベント優先するので。

    要項読まない人多いですよねぇ。どっちみち選考で落ちるとは言え、真剣に応募してる人にとっては、条件にあわない作品を見るの不愉快ですよね。

    長編を短編部門に……たぶん、そのかたは間違えたんだと思います。書籍化がかかってるイベントでワンチャン狙って短編を押しこんでくる人はいるけど、せっかく条件を満たしてるのに短編のほうに出してチャンスをふいにするメリットはまったくないので。

    2022年3月30日 10:02

  • カクヨムコン7中間結果〜へのコメント

    そうだったのですね、ホラー部門はそんな状況だったのですね。
    私はホラーは怖いのがダメなので、書くのも読むのも出来ませんが、書籍化を狙う方はそういうのもアリですね。

    作者からの返信

    毎年、過疎部門にジャンルの違う作品を、あきらかに読者選考突破狙いで入れてくる人いますよねぇ。

    でも、今回はほんとに怖いホラーを求めてるのかなって運営さんの意図が見えました。結果がどうなるかですねぇ。

    ホラーは苦手な人には鬼門ですよね。ただ、狙いめではある、と思います。

    2022年3月29日 12:56

  • 第5話 編集さんに気に入られると……へのコメント

    以前、カクヨム 公式レビューを頂いたのですが、確かにどこかに晒されたのかしら…と震えたほど、一気にフォロワーさんとPVが増えました。
    今は落ち着きましたが、更新は週一で、PVは1日あたり結構あるんです。だけども全く皆様無反応で、とても寂しい気持ちになっておりました。
    なるほど読み専(含未登録)さん多いから、仕方ないのねと納得です。
    …寂しいけど、もうお小遣い稼ぎだ!と割り切るしかないですね。

    作者からの返信

    おおっ、公式レビュー貰ったんですか。おめでとうございます。
    カクヨムの公式レビューは四人ずつなので選ばれるのはほんとに低確率ですからね。

    読み専さんはほんとに無反応で黙々と読まれることが多いです。
    でも、最新話まで追ってくださる人があれば、確実に面白いと思ってるはずなので、それだけで自信を持ってよいです。

    2022年3月19日 08:49

  • 第4話 ②か③の選択へのコメント

    へー!
    へー!
    へー!

    とへぇ人形化しております。
    アカベコに転生できそう…

    一年前の記事ですが、つい最近の自主企画で、アカウント消されて反省したという方の企画を見て、???になってました。
    なるほどぉ、そーゆーことだったんすね。

    毎度勉強になります!ありがとうございます!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    垢BANについてはあとのほうでも詳しく考察を書いてますが、最近、カクヨム運営さんはやけに垢BANされるんですよね。星爆さんに対してはすごく迅速になりました。

    その自主企画、僕も見ましたよ。そのかたの垢作りなおしたときの近況ノートも見ました。読まずに大量に星なげたせいみたいです。

    違反が重なると消されるみたいなので、注意しないといけません。

    2022年3月19日 08:44

  • 書籍化についてのあるノートへのコメント

    こんにちは。

    とてもすごい実例だと。思わず「おおっ」と声が出ました.

    結果を出すには実力・精神力・人脈・運・流行など沢山の要素が絡んできますが、自分で伸ばせるところを伸ばし、どうにもならない部分とはうまく付き合う所存です。

    作者からの返信

    そうですよね。
    運、人脈要素はかなりのウエイトを占めてると思いますが、自分で努力できるところはしておきたいですよね。

    打診は目をひくタイトル、内容の斬新さ、あたりですね。

    ただ、打診はほんとに待つだけなので、公募メインの攻めになりますよね。その場合はやっぱりアイデア、面白さを磨くしかないかと。

    この場合の面白さは自分にしか出せない面白さ。流行をとりいれるのはいいけど、流行にふりまわされるのはいけないですし。

    意外と誤字脱字は受賞には関係ないんですよね。

    おたがい、がんばりましょ〜

    2022年3月15日 12:52

  • 書籍化についてのあるノートへのコメント

     応援していた作品が、★8000でもコンテストに落ちて、書籍化されず完結してしまいました。その作者は、別作を書き始めてしまい、もう更新もされないみたいです。
     web小説の評価と書籍化は、比例しないと思います。
     低評価で書籍化される作品もあれば、★一万を超えているのに書籍化されない作品もありました。
     私は、「誰か一人の編集者の目に留まれば、書籍化される」と思っています。項2ですね。それが最短だとも思うのですが、確率はどのくらいなのでしょうか……。
     項1のコンテストであれば、最低限は読んで貰えると思っています。(下読みがいるらしいですが)
     最終的に、「内容次第」なのは、同意します。結局は、アイディア勝負なのでしょうね。

    作者からの返信

    今はweb投稿サイトができたことで、書籍化の道が広がったのはいいんですが、そのぶんwebは人気操作できてしまうところなど、何かと歪みが多いんでしょうねぇ。

    誰か一人の編集さんの目にとまれば——
    まさに、そうだと思います。
    まず自分自身が出版社の編集をしてて、そこから作家に転じる人って、昔はけっこういたんですよ。今はどうか知らないけど。
    けっきょく、編集時代のコネやツテを使って……ってことなんじゃないですかね? 一作本になっただけで消える人もいるわけだし。

    編集経験者以外でも、菊池秀行さんは出版社に何度も原稿持ちこみして書籍化に至ったって話ですし、心霊探偵八雲の作者さんも、たまたま知りあった編集さんと親しくなって、書籍化させてもらったって、あとがきに書いてありました。

    小説の上手い下手とか、面白い面白くない、ではないんですよね。いかに編集さんと親しくなるか。言ってしまうと、最終的にはそこなのかなと。

    だからと言って、みんながみんな持ちこみで成功するわけではないし、むしろ追い返される人がほとんどだと思います。
    波長のあう編集さんと、そのとき出会えるかどうかも運でしょうね。

    確率はどのくらいなんでしょうねぇ。
    出版社からの打診という形で書籍化する人は、たしかにいるけど、きわめてまれだと思います。
    たとえばカクヨムなんかは10万だかユーザーが登録してるらしいですが、そのうち五分の一が書き手だとして、二万人のなかのほんの数十人じゃないですかね? 年間にして。多くても百人くらい。
    まあ、1%ですかねぇ? じっさいにはそれより少ないかも。

    コンテストは下読みいますねぇ。webの公募でさえ下読みいます。下読みってどんな人がやってるのか、イマイチわからないですが(新人賞の万年最終候補とかに頼むって聞いたことあります)、その人の趣味だけで落とされたなかには、傑作もあっただろうなと。
    そこも運……。

    最後は運ですね。
    とは言え、まずはその運をつかむために、内容は重要でしょう。

    2022年3月14日 23:26

  • 第3話 ②と③に共通の注意点(アドスコ…へのコメント

    あーっ!

    >その場合、カクヨムのトップ画面に、デカデカと警告文が載るらしいです。

    >修正依頼はメールで来ます。

    自主企画で警告を喰らったことがあります。
    ビックリしました。
    最初、PCを立ち上げたら、画面いっぱいの警告に、椅子からガタン!と立ち上がってしまいました。
    メールを読んでも、具体的なものがわからなくて、未だに企画を立てる時には戦々恐々としています。

    >どうもカクヨムさんはエピソード一つの適度な文字数は2000字と考えておられるようです。

    …はるかに越えている…
    短いものでそれくらいで、考察になると一万楽勝で越えてます…
    史料なので、小説ではないのですが、読みにくいですよね…
    次回公開予定なのが、既に一万字に近づいてきているので、途中で切っていこうと思いました。
    ありがとうございます。





    作者からの返信

    自主企画でですか。たぶん、星確約か、相互評価確約か、なんかそういう規定にひっかかったんでしょうね。
    確約を明言するとアウトなんですよ。
    とくに気に入った作品には評価もするかもです、くらいの表現ならオッケーだと思います。自分の作品に反応あったかたには、こちらの反応もよくなるかも、とか。あいまいさが大事ですね。

    または二次創作関係とか? カクヨムは許されてる二次創作が限られてるので、それ以外の二次創作を集めようとしたら、企画も参加作品も消されますね。以前、近況ノートで見ました。

    あっ、文字数の話題はこっちだった!
    さっきの返信に書いてしまいました。すいません。
    人によっては千字こえるとツライって言う人もいますが、僕はあんまりひんぱんにページ送りさせられるのは、それはそれで面倒なので。1500〜2500くらいがベストかなと思います。区切ることができるなら、いくつかに分割されるといいですね。

    2022年3月8日 19:30

  • 第2話 目標がどこなのかが大事へのコメント

    ありがとうございます。

    私はメインで戦国史料エッセイを書いています。当初は読んでもらえるだけで嬉しかったのですが、昨今古文書を買うお金に困るようになり、ロイヤルティプログラムに参加することにしました。

    ニッチな分野だけに、どうしようもない部分はあるんですが、工夫できるところを教えてもらえて、とてもありがたいです。いや、ほかのチョビチョビ書いてる作品でも!

    確かに拙作でも「男色」「下着」「子作り」はPV高いです!
    …戦国時代の男色は政治なので、あんまり面白くないとは思うんですけど…タイトルに惹かれてくださるのかなぁ?

    また引き続き読ませていただきます、ありがとうございます♪

    作者からの返信

    なるほど。ロイヤルティプログラムで換金するには一年で3000リワードためないといけないんですが(一年すぎたリワードは無効になる)、今ならプロフィールの読者へのコメント、サポーターへのコメントを記入する、サポーター限定近況ノートを作成する、の二つをするだけで抽選で1000リワード貰えるので、お勧めですね。そちらもう作成されましたか? 21日までだそうです。

    あとKACのウィークリー賞で500リワード、こちらは必ず貰えます。第一週めはすでに一話めの〆切がすんでますので、まだなら二週め以降で頑張らないといけないですが。

    まあ、毎月最低3000のアドスコアがついていれば、だいたい一年で換金額には到達しますよ。
    大丈夫。もっとたくさん読まれてる、というのであれば、ロイヤルティプログラムはぜひ利用すべきです。

    男色、下帯、子作りですか。なるほど。ちょっとのぞいてみたくなるんでしょうね。カクヨムはR15なので、修正依頼来ないていどの線引きであれば、多くの読者の興味をひく力になりますよね。

    僕の話のなかにも一話一万字とかのが少しありますが、一話離脱率が他にくらべてものすごく高いです。
    やっぱり小分けにすべきですねぇ。

    ではでは、コメントありがとうございました。

    2022年3月8日 19:22

  • 読まれる小説9 女言葉を使いこなすへのコメント

    時間があるときに読ませていただいてます。
    とても楽しく、かつ、勉強になります。
    本項の「こんな口調でしゃべらないよ。そうだよね?」ですが、最近はこんなのも見かけませんか?

    「こんな口調でしゃべんないし。あんたもそう思うし」

    特にギャル系が使ってるイメージですが、いざ書いてみるとえらく違和感を感じるんです。
    今風って難しいと思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます(*^^*)

    ギャル語とかはすぐ新しいものに次々変わるので、使うなら要注意ですよねぇ。

    じつは、僕はそのせいもあって、あえて流行語は使わないようにしてるんですよね。ここにリアリティを求めると、かなり短いサイクルでひんぱんに手直しが必要になってくるし、流行ってるものほど、それがすたれたときの『これもう古い』感が強いので。

    まあ、僕はキャラクターにギャルがいないから、それで成り立つんですが、今の子をリアルに描きたい青春物とかラブコメとかを書く場合は、自分で調べるなりなんなりしないといけないですよねぇ。

    2022年2月28日 18:04

  • 妄コンのコツ オマケへのコメント

    ここまで丁寧に書いて下さってありがとうございます!
    私はまだヨムもカクも足りていないので、さらに意識していこうと思います。
    長編はわりと自由に書けるのですが、短編は自分の得意な事でチャレンジできるものがいいのかなと思いました。
    書く気はなかったのですが、公式自主企画が創作でもいいと書いてあったので、ショートストーリーを書いてみたんです。
    ですが、私にはほのエロは無理でした(笑)
    書いてみないとわからない事も、まだまだありますね。

    あと、驚いたのは表紙の件です。
    どこまで作品を売り込むか、みたいな熱意まで向こうの評価対象になるんですね。

    今回もたくさん勉強になりました。
    迷ったり悩んだりしたら、またこちらにお邪魔して読み直しますね。

    作者からの返信

    短編が得意な人、長編が得意な人はたしかにありますよね。
    僕も以前は長編ばっかりで短編は苦手だったんですが、妄コンでたくさん書いたので、今は自由自在ですねw

    短編はネタ一つ、オチ一つで書けば、けっこうキレイにまとまりますよ。オチはバレないように、最後の最後で明かすようにして。

    最初は得意なことからなれていくのはいいことだと思います。
    書いてみて初めて気づくことってありますよね。

    表紙は最初に目を止めてもらうっていう効果だけかもしれませんが、やれることであれば、やらないよりはやったほうがいいですよね。

    今回は妄コンについてでしたが、サイトごと、イベントごとに求めてるものって違うので、毎年やるイベントであれば、いろいろ分析して対策を練ってチャレンジしたほうが絶対に有利になります。
    これは、っていうのがあれば、ぜひ研究してみてください。

    では〜

    2022年2月19日 22:29

  • 妄想コンテストのコツ(前編)へのコメント

    わーっ、しばらくご無沙汰しているあいだに、連載再開&おめでたいお話が!!

    ジゴロ探偵シリーズは未読なんですが、短編として独立して読める話で、しかも書籍収録なんてすごすぎますね! たしか以前にも出版ご経験ですよね?! ひゃー、すごすぎて言葉が出ないです。やっぱり実力がある人は出版社が放っておかないってことですね(*n´ω`n*)

    そんな物語巧者の創作論が読めて、しかもアドバイスまでしていただいたりして、ありがたいに尽きます(*’ω’*) 発売楽しみですね~~!

    作者からの返信

    こんにちは〜*\(^o^)/*

    書籍化のお話じたいは何ヶ月も前にもらってたんですけどね。なかなか告知解禁にならなくて、そのあいだずっとモゾモゾしながら、地道にジゴロ探偵書いてましたw

    このシリーズはSF味は皆無なので、西さん的にはどうかなぁ?
    主役のキャラクターを好きか嫌いかっていう、ただそれだけなんですよね。好きな人は大好きだと言ってくださるし、嫌いな人はどうしてもダメらしいです。たぶん、浮気を許せる、ふところの深い主婦層かその年代の女性じゃないとダメなのかなと。

    エブリでは短編アンソロジーの書籍化イベントが多かったんですよ。今は妄想コンテストだけになってしまいましたが、前はホラーの短編を集めるイベントをしょっちゅうやってたので。短編アンソロジーでもいいから本になりたいって人には狙いめだったと思います。僕は六冊本になってて、今回が七冊めですねぇ。

    アドバイスは受け手の器もよくないと、うまく伝わらないんですよね。西さんは優秀なので、こっちもどんどんアドバイスしたくなります。アドバイスしなくてもすでに水準高いですし。

    ではまた〜

    2022年2月19日 16:18

  • 妄想コンテストのコツ(前編)へのコメント

    おめでとうございます!
    素敵なお知らせをありがとうございます!

    お題の使い方、とても参考になります。
    少ない文字数の中だからこそ、その使い方が目立ちますもんね。
    関連付けられる事には積極的に絡めて書く。
    これは気を付けて書いていこうと思います。
    あとは、主催側が何を求めているのかを読み取れるようになる努力ですね。

    どれもこれもまだまだですが、やれる事から地道にやっていきます。

    追記
    決められたお題で、っていうものがなかなか書けなくて(自分で決めたものなら書けるのですが)、ここの苦手意識を克服したくて短編は書いています。
    カクヨムとなろうにだけ登録していますが、主にカクヨムのコンテストや自主企画に参加する時も意識する事は一緒だなと思いまして、すごく勉強になります。
    続きも楽しみにお待ちしています!

    作者からの返信

    ありがとうございます(*'▽'*)

    短編アンソロジーでもいいから書籍化したいという人には、妄コンは手の届く範囲の賞かなと思いますね。と言っても、やっぱり入賞はなかなか難しいんですが。

    ソラノさんも妄コン出しておられるんですか?
    ソラノさんなら爽やかな青春物とか、よさそう。女の子視点のほうが編集さんの共感得られやすいかなぁ。

    あと五話ほど妄コンのコツ続きますので、参考にしてみてくださいね。

    2022年2月15日 15:43

  • ロイヤルティプログラム第二弾へのコメント

    もともと求心力ある作者さんの利益がさらに伸びそう。これは皆さん想像するかと思います。

    私はお金を落とすほど熱心なファンがいる作品・ジャンルを早めに探知するのに役に立つシステムではないかと考えます。

    一番安いプランでは月にギフト一つ。有効期間は一か月。読者視点では「推し作者」に毎月贈るのが主な形になるのでは。
    とするとニッチなジャンルの作品はむしろもらいやすい可能性?
    「いなくならないで! 応援するから!」と。
    作者からすればプレッシャーですが、いやなら受け取りオフにしてくださいってところでしょうか。


    頑張ってカクヨムの意図を想像し、うまくいけばいいねえと眺める所存です。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    まあ、カクヨムはとても書きやすいので、サイトが長く存続してくれるためにも成功してくれたらいいですよね。

    ただ、僕は熱心に応援してくださるフォロワーさんたちには、すでに「投げ銭しないでくださいね」と言いましたが。

    2022年2月4日 21:24

  • ロイヤルティプログラム第二弾へのコメント

    これは投げ銭もらっても困りそうですね。
    メリットが見当たりませんね。

    作者からの返信

    まあ、ほとんどの人はわざわざ課金しないと思いますしね。
    読者層の多くが中高生なら、なおのこと。

    2022年2月2日 23:19

  • ロイヤルティプログラム第二弾へのコメント

    今回のKLPみたいな、サイト全体に課金する方式はおそらく、うまくいかないと思います。読者のメリットがほとんどありませんから。広告非表示のみのプランでよかったのでは。先駆者のサイトがうまくいってるかどうかは知らないのですが……エブリもおなじようなプランがありましたよね?

    読者さんがなんらか、課金したくなる方法があるとしたら、Pixiv Fanboxみたいな方向性、つまりお気に入りの作品や作者さんを直接応援できる方式だろうなあ。だけどそれくらい尖った作品を小説サイトで見つけるのはけっこう難しいですよね。Pixivは漫画がメインなので、課金したくなる要素があるように思うんですが。

    かように私にはメリットがないKLPですが、カクヨム自体には長く存続してほしいです。ほんとに書きやすいし、読者さんからの反応ももらいやすくて、書き手にはいいサイトなんですよね~。

    作者からの返信

    広告非表示だけでも、うまくいかなかったと思いますよ。
    僕のフォロワーさんのなかにお一人、極度に広告に拒絶感をおぼえる人がおられまして。
    カクヨムが有料で広告非表示にできますよと教えてあげたら「本来、無料で読めるものにお金を払うのも、なんだか」と言われたので。アルファポリスやノベルデイズで読めるから、カクヨムでなくてもいいみたいですね。ちなみにアルファの広告位置は見なくてもすむ場所にあるんだそうです。ほとんど気にならないと。

    エブリにも課金制度ありますが、ただあそこは有料作品があるんですよ。月額を払ってるプレミアム会員には、有料作品を読むための図書館が一定枚数配られて、それを使って読むことができるんです。なので、有料作品を読みたい人にはメリットがあるなと。

    つまり、限定近況ノートに、有料作品相当のスゴイ作品をおけば、ギフトは得られるかもしれないですが、ギフトってたぶん一個につき100円とか、50円とかの価値しかないと思うんですよね。

    それか、ギフト数に応じてアドスコアからリワードに還元するときの率をよくするとかですかね?
    今は無条件でランキング上位の人にだけサービスポイントが入ってて、同じリワードでも僕らの倍の金額が受けとれるんですよ。それをギフト数に変えるつもりか。
    もしそうなら現状より換金率が減る人がいるかもしれません。それだけ読まれてる人にはギフトが集まると、運営は見込んでるのかもですが。

    pixivの課金についても、イマイチと言ってる人を二人知ってますよ。フォロワーさんなんですがw
    要望した絵を描いてもらえるだけで、しかもその絵に別の人も課金できるし、描いてもらったからと言ってその絵の使用権がもらえるわけでもないし、課金してまですることなの? と言われてました。

    要するに世の中の人は無料のサイトに余分なお金は使わないってことですよね。

    そうなんですよね。カクヨムはほんとに使い勝手がいいです。最高です。

    使い勝手はカクヨムで、読者層はエブリで、リワード還元率はアルファで、運営の誠実さはノベルデイズってサイトがあったらいいねって、つい最近、とあるかたと話したとこだったんですよw

    2022年2月2日 21:45

  • 読まれる小説9 女言葉を使いこなすへのコメント

    ……おじゃる言葉が難しいです……

    作者からの返信

    おじゃるですか。難しいですね…(^_^;)
    女房詞ですよね。
    古文のときに先生が頭文字に『もじ』をつけるとか言ってましたよねぇ。しゃもじとか、かもじとか。

    ただ今はネットで調べると、たいていのことはわかるので、小説はグッと書きやすくなったなぁと思います。

    2022年1月9日 23:58

  • 読まれる小説8 連想させる(後編)へのコメント

    すごいなぁ。
    私には到底真似できない。

  • 読まれる小説6 人称のゆれと会話文へのコメント

    私の作品は戦国物なので、もうモノローグとセリフはまったく別個のキャラが多い。
    でも幸いなのか、年齢層が高そうなので気にしないで読んでくださってるようです。
    流し読みの方は多いですがww
    こっちは気にしません。

    作者からの返信

    社会人なら時と場合で人称変えることくらい、経験的に知ってますからねぇ。
    会社で上司に向かって『僕』って言う人が、じゃあ自分の父親と話すのに『僕』かと言えば、そんなわけないですよね。

    流し読みされることじたいは悪いことじゃないと思います。流し読みしてでも、さきを読んでくれさえすれば、web小説としては成功ですよ。

    2022年1月9日 23:47

  • 読まれる小説5 直すより書け!へのコメント

    初めまして!

    とても参考になります。
    21年9月から書き始めて、毎日1話書いていたら200話近くなっちゃいました。
    幸い多くの方に読まれているのですが、推敲する余裕がないです。

    でも既に50回以上読み返しているのですが、荒が目立って。
    仰る通り最後のシーンを決めて書き続けておりますが、慣れないせいで主人公始めキャラが暴走します。
    まあキャラが設定どおりの行動しているので問題ないのですが、この後どうなるやら。

    もう歳なので、新たな作品を作るのは厳しいかなぁ。
    書き終わったら少し直しつつスピンオフを書いていこうと思っています。

    作者からの返信

    初めまして
    コメントありがとうございます。
    少しでも参考になれば嬉しいです。

    まあ、書きかたって人それぞれなので、どれが正しいとは言いがたいですが、個人的には推敲をくりかえして未完のままで放置するよりは、とりあえずどんな形でも完結させてから推敲するほうが効率的だし、小説を書く力がつくと思ってます。

    とくに長い話だと、途中で直しても、どうせラストまで書くあいだには、また何度も矛盾が生じたり、新しい思いつきが出てきたりするので。
    それならあとから、いっきに直したろうが結果的に早いですからね。

    キャラクターがまったく動かないより、暴走するくらいのほうがストーリーが生き生きすると思いますよ。
    まあ、手綱はあるていど、にぎってないといけませんが。

    ではでは、執筆、がんばってくださいね。

    2022年1月9日 23:40

  • つかみの大切さ(一話の文字数について)へのコメント

    序盤の離脱率! たった150字で違いが出るとは、ものすごく興味深いです。「引き」のところで終わらせるより、文字数を減らすほうが効果があったというのも、なんとなくわかる気がします。

    涼森さんの作品は序盤からしっかり動きがあるから、続きも読もうという気にさせられますよね。そのへんが本当に巧みだな~!と思います。

    ただ、1話→2話の離脱率の高さは、逆に言えば「タイトルやあらすじで1話を読んでみようとした人の多さ(キャッチ―さ)」をあらわしてる気もするんですよ。悪いことばかりではないと思うんです。

    自作で恐縮ですが今回、スーリの話は3話目までの離脱率は低めですが、そこからずるずる減って最新話は残念な感じです。リアナのほうが、1話目→2話目の離脱率は高かったですが何話か続けて読んでくれた人のその後の持続率は高かった気がしてます。もしかして、連作短編だとひと区切りごとに離脱者が出るのかも?

    作者からの返信

    150字のなかでも、とくにいらない部分だったんだと思うんですよ。キャラクター設定の細かいこととか、ふんいき作りの風景描写とか。紙本ならあってもいいんだろうけど、web小説的としては蛇足なんでしょうね。

    昔はガッツリ紙本仕様だったので、ネット投稿サイトに載せたとき、まったく読まれなかったんですよ。カクヨムよりは文芸よりのエブリでですからね。

    なので、そこから、つかみに気をつけて書くようにしてたんですが、それでもまだ甘かったんだなと。

    なるほど。キャッチやタイトルの呼びこみ力ですか。ただ、僕のは言っても序章で130とかのPVなので、たいして集客力はよくないんですけどね。流行りのざまぁとかだと、一話めだけで一日五百のPVがついたりするじゃないですか。けっきょく、ラノベっぽさが前面に出てないとダメってことですね。

    連作短編は一段落の切れめで…ってのはありますよね。青蘭の話も三話で短編一作ですが、そこから次に移るとき、やっぱり減ってますから。
    10〜20%ずつくらい一作ごとに減る感じですかねぇ。その場合は単に遅読で追いついてない人も何割かいると思います。

    やっぱり短編だと長編ほどの引きの強さはないんですよね。

    でも、おとついに公開したジゴロ探偵は、連作短編だけど、今のところ変なPVがついてるんですよねw

    冒頭から最新話まで、ほとんど離脱がなく、しかもあいだの何話かは周辺にくらべて三倍くらいのPVになってるんですよ。
    もともと前から公開してるシリーズの最新作だから、心待ちにしてくれてたフォロワーさんがいるのかな? で、好きなシーンを何度も読み返してくれてるのかなぁ、と考えてるんですが。

    あと、「続きから読む」を選ぶと、前回読んだエピソードをひらくので、その回だけPVが2つくんですよね。なので更新を止めたところだけ、ちょっとPV上がりますよね。

    ほかのユーザーさんで、一話離脱率が90%くらいって話をしてる人もいたので、離脱率50%はまだいいほうなのかもしれませんね。

    2021年12月29日 23:28

  • つかみの大切さ(一話の文字数について)へのコメント

    これは勉強になりました。
    早速、作品のブラッシュアップを致します!

    作者からの返信

    ほかの書き手さんの話を読んでても、たしかに4000字超えると「もういいや」って思いますからねぇ。
    読み専さんはそういうとこ、もっとシビアなんだろうなと。

    ブラッシュアップ、がんばってください。

    2021年12月29日 21:27

  • 古巣の二次創作さわぎ(その後)へのコメント

    コミカライズまで、、、。
    まさに何故誰も気付かなかったんだ、ですね。
    キーワードで検索して確認とかしなかったのでしょう。
    体質的にいつか起こり得たことでもありそうです。
    盗作許すまじで。

    作者からの返信

    なまじっか編集長さんが文学畑だったがゆえの……なんでしょうね。小説以外のことはさっぱりだったんじゃないてしょうか。

    会社の体系が変わったことで変化してほしいところですねぇ。

    2021年10月28日 21:46

  • カクヨムがいよいよ投げ銭システムを導入…へのコメント

    同じように、投げ銭システムには不安を感じます。
    投げ銭が余ったリワードとか、負担が無いものならアリかもしれませんが。

    アルファポリスは書きづらいですね。
    カクヨムが1番書きやすいのは間違い無さそうです。

    作者からの返信

    そうなんですよね。
    近況ノートを見ると、単純に喜んでる人もいるんですが、僕はなくてもいい機能かなと思います。

    あまったリワードはいいですね。あげたい人にあげるっていえのはアリかも。
    ただ、今のところあまったリワードって運営さんが没収してるので、言ってみれな運営さんの財源の一つでもあるんですよ。年間3000リワード以上じゃないと換金てきないつていうのも、そこを徴収しやすく設定してるんじゃないかと深読みすることもできますし。運営さんがすすんでそれをやるとは、ちょっと思えないかなぁ。

    アルファ…なんであんなに書きにくいんですかねぇ? 半日放置しとくと強制ログアウトさせられてるし、サーバの容量が小さいのかなぁ。

    2021年10月28日 00:14

  • カクヨムがいよいよ投げ銭システムを導入…へのコメント

    エブリは女性読者も多いし、星やスタンプも定期的にくれる人がいて、いいですよね。本来なら私もあっちのほうが……と思うんですけど、なぜか、カクヨムに居ついています。投稿管理がしやすいからかな?

    アルファポリスは、PCからでも面倒です。途中でめんどくさくなって放置してしまってます……

    投げ銭、noteでもらったことあります。読者さんからお金を欲しいとは思いませんが、「お金を払ってでも読みたい」という人がどれほどいるんだろうかと知りたくなり、PixivFanboxで続編連載しようかと思っていた時期もありました。おつきあいで~とか惰性で読んでもらうのもあんまり嬉しくないですしね。涼森さんの作品なら、お金を払っても読みたいという読者さんはけっこういそうな気がします(*´∀`*)

    作者からの返信

    ですよねぇ。エブリは主婦層も多いし、それに書き手には男性もけっこうおられますが、社会人が多いので、ほとんどは礼儀正しく、交流しやすい人たちです。

    コロナ自粛あたりで以前より学生が増えて、メンヘラさんが多くなってしまったって話も聞きましたけど、そういう人って長く続けてるとは思えないので。

    そうですか! アルファ、パソコンからでもやりにくいんですね。うーん。使いにくいサイト……収益化しやすいとか、ポイントたまると書籍化申請できたりとか、いい面は多いんですが、投稿しにくいのはダメですよね。

    僕もカクヨムに居付いてるのは、けっきょく書きやすい、投稿しやすい、管理しやすいってとこなので。バックアップまでとれるし、書き手のかゆいところに手が届く仕様ですよねぇ。

    そうなんですよ。読者からお金貰うのって、なんか抵抗があるんですよね。有料で出してる話じゃないんで。

    よく電子書籍化しましたって書いてる人いるけど、あれって素人の書いた有料の話を買ってまで読んでくれる人いるんですかねぇ?
    だって、無料で面白い話書いてる人いっぱいいるのに。僕なら買いません。

    むしろ、買ったものなら酷評してもかまわないと勘違いしてる人がおられるんで、そういうののターゲットにされるだけなんじゃないかとマイナスの面しか思いつかないw

    以前、じっさいに近況ノートで、KADOKAWA発行のラノベ書籍について「自分で金払って買ったものだから」って言って、近況で酷評書いてる人いましたし。それは正規で発売された書籍化の話だけど。アマゾンのレビュー? にも同じこと書いたら消されたとか書いてあった。ようするに、このていどのもんを本にすなっていうようなことですよね。

    あの人も途中で消えたけど、バンされたのかなぁ?

    話がそれまくりましたw

    なんか、ギフトをくれた人にだけ送れる特別な近況ノートみたいなのがあるみたいだけど、そこで小編でも書けってことですかねぇ?

    2021年10月25日 19:51

  • 大ヒット作に学ぶ ワイルドスピードの徹…へのコメント

    映画って小説よりお金もかかってるから、どんな作品でも一本見るとなにか気づきがありますよね。私もノートに気づきを書きためてます。
    最近、漫画『ザ・ファブル』を読んで面白くて、映画も配信されてるらしいので見てみようかな~と思いつつまだ未視聴です。ながら見できるのうらやましい! 私はどうも手が止まっちゃうんですよね~。

    作者からの返信

    映画は元手が巨額ですよねぇ。お金かけてるわりに、「え? こんなもん?」ってのもありますがw

    ザ・ファブルって、ちょっと前に映画の1をテレビでしましたよね。そのときに見ました。もちろん面白かったんですが、よくも悪くも最近のニーズにあわせた映画だなと思いました。あれが昭和の映画なら、女の人はもっと悲惨なめにあって、家族なんか皆殺しにされて、血染めの部屋でグッタリしながら泣いてるとこに、やっと主役が助けに来る感じですね。しかも、主役の胸のなかで死ぬw
    昨今はそこまでハードな内容は求められてないんだなと思いながら見てました。

    あっ、ネタバレしてしまってたらすいません。たぶん、マンガで言えば一、二巻とかそんなところだと思うので、大丈夫だろうと思うんですが。

    2021年10月18日 22:20

  • 鬱展開の需要へのコメント

    例が具体的でとてもわかりやすいです。
    予想できる展開をひっぱりすぎるのがダメっていうのは、恋愛に限らずかもしれませんね。
    自分が読みやめてしまった漫画や小説の恋愛展開を思いだすと、「二人の関係性が恋愛の一歩手前で落ち着いてしまっていて、この先進展がなさそう」「三角関係で当て馬の男性が脱落してしまった(←だいたい当て馬側が好きだから……)」「ライバル役の女の子がかわいそうすぎるor性格が悪すぎる(ヒロインに都合よく描かれすぎて興ざめ)」あたりが多い気がします。

    でも自分では、ヒロインのハード展開好きで書いちゃう……w ドアマット展開っていうんですかね、読むのも書くのも好きなんですよね……

    作者からの返信

    たしかに恋愛以外でも、わかりきってる展開が続くのって読むのが苦しいですよね。
    さすがにそこがプロかなと思うのは、紙の本で「もうさき見えてんだけど。早く進めてくれ」って思うことは、そうそうないですよね。まれにありますがw

    恋愛小説って、個人の好みがもろに出る気がしますねぇ。
    人それぞれにツボがあるんだろうけど、それを一般受けにまで高めないと、読者はついてこないんでしょうねぇ。そのためには、展開の妙は大事ですよね。あんまりウダウダしてると「もういいや」って思う。

    当て馬のほうがお好みなんですねw

    ドアマット展開っなんだろうと思って調べたら、ふみつけにされる主人公なんですねw
    なるほど。納得。

    ずっと前に、ナーロッパ舞台で、戸籍上父と娘なんだけど、もしかしたら妻の浮気でできた娘かもしれないっていうヒロインを美形の若い親父がいびりたおすっていう話を思いついたんですけどねぇ。親父は侯爵なんですが、自分の娘じゃないと思ってるから里親に預けてたんですけどね。女の子のもとにある日とつぜん貴族からお迎えが来るってとこから始まって。でも、ヒロインがかわいそうすぎて、途中で挫折しましたw

    2021年10月17日 23:33

  • 短編が書けない人のための短編プロットへのコメント

    私が短編苦手なのは、たぶん、アイデア勝負というのができないタイプだからかな。ストーリーだけでは短編にならないんですよね。なにかこう、ひとひねり読者を驚かせたり腹落ちさせるようなものが必要な気がします。
    でも中編(10万字くらい)も難しいw いま虫干ししているやつ(「ブラックドッグ・フェアリーテイル」)は詰め込みすぎて失敗したな~という中編でした。もっとそぎ落とす練習をするといいんでしょうね。次書くやつでも練習してみます(*´∀`*)

    作者からの返信

    ワンアイデアで書くのって、何もないとこからだと難しいですよね。
    たぶん、僕も妄想コンテストはお題が毎回決まってたから、それで書けたんだと思います。

    10万字でも中編w
    たしかに公募だと原稿用紙500〜800だの、800〜1200だのってのザラにありますからね。

    つめこみすぎの話は整理しなおして、もっと長く書けば、ほどよくなるかもですねぇ。
    長さに対して要素が多かったってことなので、描写で薄めればw

    西さんのリアナシリーズ以外の話も興味あるなぁ。(まだリアナも全部読めてないのに……)

    2021年9月24日 21:24

  • 長編が書けない人のための長編用プロット…へのコメント

    ショートストーリーのミックスで長編を仕立てる方法、例もふくめてとてもいいですね!
    私は長く書くの自体は平気なんですが、短くするのが苦手で……(;'∀')
    だいたい詰め込みすぎて話がわかりにくくなってしまったり、盛りあがるポイントが読者に伝わってなかったりするのが悩みです。プロット段階で削るよりは、一度完成させたあと涼森さんみたいに寝かせて校正して出すのが正解なんでしょうか。

    いま、リアナと関係ない新作長編を一本書いていて、わかりやすくするためにオムニバス方式にしようかと思っていましたが、ミックス方式に心が動きました(〃ω〃)

    作者からの返信

    長編派、短編派っていますよね。

    僕も前は長編はいくら長くても平気だけど、短編が苦手でした。
    エブリで妄想コンテストにチャレンジするために、たくさん短編を書いたのがいい練習になりました。

    あと、文字数制限が1200字以内っていうショートショートのイベントがあって、それのために40話くらい書いたときに、不必要な飾りを全部そぎとる感覚が養われましたね。
    あれ以降、短編用の長さで書くにはどのていどのストーリーで、描写はこのくらいとか、わかるようになりました。

    やっぱり練習ですかねぇ……けっきょく、それしかない(^_^;)

    短編はとにかく、ネタ一つで書くことですね。オチを決めておいて、それだけのために書く。あと、キャラクターを走らせない。短編には個性的なキャラはあんまりいらないです。登場人物の数は必要最低限にまとめる、とか。

    長編がいかに周辺の飾りをたくさんとりこんで、まとめるかが大事なら、短編はそれを落とすことが大事なので、根本的にプロットの組みかたが違うんだと思います。

    新作ですか。いいですね。
    まだリアナも全部読めてないですが、そろそろ夏のホラーから頭が離れてきたので、またそのうちおジャマしますね。

    2021年9月21日 07:50

  • ストーリープロッターというアプリへのコメント

    この手のアプリは私もたくさん利用してきましたが(ArtOfWords、scrivener、yWriter、Evernoteなど)、保存形式がアプリに依存する問題があって、あまり使わなくなってしまいました。そのアプリでしか文書を利用できないということが、ままあるもので……ひらめきを与えてくれる面はあるので、最初のアイデア出しとかに使うぶんにはいいのかも。
    プロットまで作成できたら、そこから先は汎用性のある保存形式を使うほうがいいと思います。カクヨムなどの簡易マークアップ言語は広く普及しているので、そこは便利になりましたよね。(カクヨム形式のルビが、よそでも使えるようになっている)

    作者からの返信

    じつは僕自身はぜんぜん、この手のアプリ使ったことないんですよね。頭で練るのになれてしまったので。

    カクヨムとエブリはルビとか傍点とか同じですよね。ノベルデイズも同じかな。
    なろうは違うみたいですが、全部のサイトでそろえてほしいw

    2021年9月19日 23:07

  • 仏の顔は二度まで。三度めはない。へのコメント

    おしりのアップばかりを表紙に……って、なんだかフェチを感じて面白いですね。でも盗撮は犯罪だなあ。
    そういえば私もこないだ、またエブリで強制非公開になりました。表紙ですね、まあすけすけの下着みたいな服を着せてたので、しかたがないですw あれ、アップ直後に消されたりすごくレスポンス早いと思うんですけど、どうやって弾いているんでしょうね?

    三回で垢BANされるのはなろうもそうでしたね。カクヨムはエロでBANされた人をあんまり見ない気がしてましたが(警告・非公開は増えましたけど)、厳しくなってはきてるんですかねえ。

    作者からの返信

    エブリは絵やコメント欄のチェックはほんとに早いですね。僕も例のモロー、寝る前にあげて、朝起きたらもう非公開になってました。

    なんかコメントのやりとりで、ふだんから仲よくしてたユーザーさんが、じつは比較的近所の人だとわかって、「今から会おう」「よし。会おう」と言う会話をしてる途中で、いきなりアカウント停止にされた人がいます。本人からちょくせつ聞きました。両者とも主婦で、出会い系がわりに使ったわけじゃないと説明したら、なんとか二週間のアカウント利用禁止だけでアカバンはされずにすんだってことですけど、話してる途中で発覚するってスゴイですよね。

    AIで自動検知してるのかなんなのか、とにかくエブリは二十四時間、真夜中でも監視がついてます。カクヨムは夜中や土日祝日など、運営が休みの日は野放し状態じゃないかなと思います。あきらかに不適切な内容のノートがずっと残ってるので。

    エブリは絵についてはR15ていどでもアウトの気がします。表紙絵はレイティングに関係なく、小学生でも誰でも見れてしまうせいかなぁと思います。

    カクヨムはまだそのへんは甘い気がしますが、そのうち厳しくなるんですかねぇ?
    ただ、文章じたいについては、どんどんエロが許されていく感じですよね。というか、去年あたりに「カクヨム、ついにオッ〇イが受賞作だ。もうダメだ。撤退する」と近況書いてる人がいましたが、最近の書籍化作品はエロ要素がないものはないんじゃないかって気がします。
    ほんとにR18サイトとわければいいのに。

    なろうが今、女性向けのほうが人気あるのは、大人向け、全年齢向けとわけた結果じゃないですかねぇ?
    男は全年齢を読まないw

    2021年9月18日 22:02

  • キャラクター造形、遺伝と経験へのコメント

    かなり参考になります。
    が、私結構年なのに、人間観察できてないのかな。経験値は確かに少ないのかも。
    なんか知り合いになった方はよく分析しますが、知らない方を見るのが苦手。目を合わせるのも苦手。なんか申し訳なくなる。なので、基本、知らない人を観察できない私です。
    思うに私自身の人間が浅いから深い人間像が作れないのかなと思います💦
    魅力的なキャラがいればそれだけで読んでて面白いですものね。私はキャラ作り最後なんですよね。ストーリーが先で。

    本当勉強になります。

    作者からの返信

    このあたり、キャラクター造形の話だからしかたないとこもあるんですが、小説を書くこと=キャラクターがすべてではないので、人間観察が苦手なら、ムリしてする必要はないのかなと思います。

    僕は単に観察したり分析したりするのが好きなので、それも書き手さんの性格それぞれなのかなと。

    カクヨムの公式連載に、フィルムアート社の『ズボラな人のための小説講座』かなんかいうタイトルのエッセイがあります。それのキャラクター造りのとこで、「キャラクターに必要なのは個性でも過去でも趣味嗜好でもなく、物語のなかの役割だ」と言ったことが書かれてるんですよ。

    短編ではそっちのほうがストーリーを活かせるだろうし、人によってはそういう造形法のほうが向いてるかもしれません。

    天音さんの話でナルシストのお姫様と犬にされた王子の話がありましたよね。ああいうやわらかいふんいきのファンタジーのほうが、もしかしたら天音さんには書きやすいのかなと思ったり。

    あれなら人間の汚い部分や、切り裂くような痛みをがんばって描写する必要もないですし、ほんわかして楽しく、優しい気持ちになれる作風は、今のweb小説の主流の一つでもありますし。

    天音さんのコメントを見てると、自分を辛いほう、辛いほうへ追いこんでおられるような印象を受けるので、小説に関しては、気楽なほう、気楽なほうへ考えてみてもいいんじゃないでしょうか?

    もしも、それで物足りなければ、それはそれで、自分はシリアスなヒューマンドラマが書きたいんだなと、あらためてわかると思いますし。

    2021年9月22日 19:32

  • 自作のキャラを愛してますか?へのコメント

    『大豆田とわ子と三人の元夫』、私もとても好きでした。味があるというか。そうか、東堂さんのこの文読んでなんで惹かれたかが分かりました。

    そして、うわー、私みたいな方、やっぱりいるんですね。
    私かと思うぐらいですよ。
    まさに自己投影しすぎて、嫌いになるパターンです。
    そうですね。私は自分以外の人が好きです。小説にもそれが出ちゃうんだな。

    痛いです。

    確かに主人公を友人にすれば愛情湧きそうです。自分と似てても他人と思えればまた違うかも。
    今回もとても興味深かったです。

    作者からの返信

    大豆田とわ子、よかったですよね。
    最終回まで見ましたが、毎回、うっすらと泣ける素敵な話でした。

    三番めの夫が「僕は君のこと今でも愛してるよ。でも、君が愛してるのは僕じゃないんだ」と言ったシーンが、すごく印象的でした。

    生きていくって、みんな思いどおりにならないじゃないですか。それがあたりまえなんですよね。

    三番夫はとわ子を好きで、でもとわ子は一番夫を好きで、その夫に自分じゃない好きな人がいると感じて別れた。その相手がじつは親友だった、とわかった瞬間に親友のとつぜんの死。

    誰の恋もうまくいってないのに、それをすべて受け入れる優しさや、人生ってこんなものだっていう前向きな諦観みたいなものが、作品全体に流れていて、切ないけどあたたかい、これまでのどの本やドラマとも違う後味がありました。

    一回ずつ見たら消してしまったのが悔やまれます。

    2021年9月22日 19:07

  • キャラを崩壊させないギャップの作りかたへのコメント

    ううーん。うなってしまいました。
    確かに。
    私、キャラクター愛が欠けてる!

    そして、なるほど。理由があるギャップは確かに性格崩壊にはならないですね。短所も魅力的に見せるって素敵です。

    キャラクター愛、もっと育てます。

    あの、お忙しいと思いますから、返事は遅くてもなくても大丈夫です。

    私も時間によって読んだり読まなかったりさせていただきます。

  • キャラクターを崩壊させないギャップへのコメント

    ワレスさん、3回回ってワン!しなさそう、本当に。想像するときっと可愛いのに、絶対嫌がりますね。

    私のキャラクターの悩みは、主人公の存在感が薄いことです。なんか一人称で書いてると自分とダブってきて、自分のことが好きでない私は主人公が好きでなくなってしまうと言うか、他のキャラの方に力が入る癖があります。
    あと、作ったキャラにギャップがない人が多すぎる。効果的なギャップの使い方がわからないんですよね。
    なのでこちらで勉強させてもらいます。

    昨日は近況ノートに温かいコメントをありがとうございました。
    あの、私、自覚がないんですが、よく無理してるとか、自責が強いとか、真面目とかリアルでも言われるんですが、文章にも出てしまってるんでしょうか。いけませんね。そういう主人公は面白くないし、読んでてきつそう。でも、図星をつかれてます。そうなんです。最近、書いてて楽しかった感覚が分からなくなってて。でも書かないと書けないから書かなきゃと思ってるんです。なんだろう。自分でもどうしていいか分からず。書きたいと言う気持ちはあるのに、書き出すと辛くなるんです。あまりに書けなすぎて。そして、「これ、よんでも面白くない」と書きながら思ってしまうので、余計に進まなくなります。人間は好きです。でも、自分で書くとそれがちっとも魅力的にならない。題材を考えてるときはワクワクするのに書き出すと、自分にがっかりしてしまいます。
    グダグダになりましたが、東堂さんが感じてることは当たってると思います。それでもがいてます。感覚で書けていたのが感覚がにぶってきてるのもあります。
    それでも書きたいから、どうにかしてこの壁を打ち壊したいです。
    いつも温かく、そして的確なコメントありがとうございます。感謝です。ありがとうございます。

    作者からの返信

    返信遅くなり、すいません。

    小説って「書こう、書かなきゃ」と思うと、逆に書けなくなる不思議なものなんですよね。

    なので、面白く書こうとは思わずに、最初は日常的な風景の描写などで、文章を書くことじたいの感覚をじょじょに取り戻してみてはいかがでしょう。

    エッセイとか、日記風なものとか。素敵だなと思った風景の描写だけでもいいと思います。

    文章力と構成力って別物なので、まずは文章力だけ練習する感じですね。

    そのあと、自作の旧作を改稿してみるとか、童話などの骨子のある話を自分なりにアレンジしてみるなどして、書くことを楽しむ感覚を思いだす……とか?

    筆慣らしが必要なのかなと思います。

    2021年9月22日 18:53

  • 一人称で個性を出すには?(後編)へのコメント

    勉強になります。
    私は一人称でほとんど書くので、主人公が自分に似てしまうのが悩みですから。
    キャラ作りが甘いと自分でも感じています。
    あんまり細かいことを決めないで書いてるとき多すぎです💦

    作者からの返信

    たぶん、僕は他の人になりきるのが楽しいんでしょうね。
    演技者の才能はある、と思ってますw

    2021年9月13日 17:11

  • 書籍化って、ほんとはどうなの?へのコメント

    私、実はアルファポリスさんがドリームブッククラブというのをやっていた時に、載せたノンフィクションの作品を書籍化していただいたことがあるんです。
    アルファポリスさんは、今はどうか知りませんがそのときは(10年以上前)かなり良心的でした。本屋さんに入れた分は売れなくても払ってくださったんです。私は営業活動ほとんどしてませんでした。でもアルファポリスさんが新聞に載せてくれたり、担当の方が頑張ってくださって。なのに、あまり売れずにかなり返品され……。でも、その分の印税も払ってくれてたので、今でも申し訳なく思ってます。売れなかったというのがアルファポリスさんで活動し辛くなり、しかも、一応書籍化された作者ということで、毎月のジャンルコンテストに参加できなくなってしまい、結果、新作を出しにくくなってエブリスタに移ったわけですが……。ウェブで小説化されても単発で終わるパターンそのものになってしまいました。私は職業にしたいとは思っていませんでしたので、ラッキーな出来事だったのかもしれませんが、アルファポリスさんからはたぶん二度と書籍化してもらえないだろうなあとは思ってます💦
    小説家として食べていける方ってライトノベルでは難しいですよね。力ある方は公募に応募して、文芸デビューした方がいい気がします。
    ただ、私はそんな力はないので、フィクションで一冊くらい書籍化してもらえないかな、なんて恐れ多いことを夢見てます。
    って書けない状態の今はそんなこと夢のまた夢ですね💦本当に東堂さんの言うように面白い作品を全力で書くのが一番いいと思います。

    東堂さんは長編でシリーズものをいくつも書いているので、いつか書籍化されるのではと勝手に思ってます。

    作者からの返信

    エブリで書籍化されたアンソロジーで、僕も載ってるやつが、この前アマゾンで10円で売られてたんですよw
    中古とかじゃなく、新刊です。だいぶ余ったんだなとw

    まあ、無名の素人が書いた短編の寄せ集めなんて、そんなもんです。

    でもそれは最初から覚悟の上で出版社は出してるだろうし、作者がそこまで気にすることはないと思います。売れなかったなら企画がイマイチだったんじゃないでしょうか。

    本を出せば魔法のようにパカパカ売れるとは、出版社の人も考えてないのでは?

    2021年9月13日 17:20

  • どんでん返し考察の続きと読者選考のある…へのコメント

    いや、もっともだと思いながら読んでました。
    精進せねばですね。

    作者からの返信

    読者選考は問題も多いし、課題が残ってますよね。
    たぶん、今年のカクコンもまた制度が変わってくると思いますが。
    アルファポリスのように投票権一人三票までにしたらいいのにとは思います。

    2021年9月13日 17:13

  • カクヨムコン6中間結果でました(後編)へのコメント

    私はカクヨムコンは不参加側に回った者の一人です💦
    東堂さんは凄いなあと感じるのは読み専さんが多くついてるところ。
    私は2019年のカクヨムコン参加しましたけど、読み専さんはほぼいなくて、自分に星が欲しいために投げてくる人ばかりだったので嫌気さしてしまいました。
    読み専さんの割合が一番多いのはどこかわかりませんが、私は今、全く小説更新してないので逆に私の小説の需要はカクヨムにはないんだなあと感じちゃってます。だあれも来ない。エブリスタではノーネームさんが時々来られてるみたいなのでその方たちが読み専なんだろうなと思います。でも数少ないです。いかに自分の小説に魅力がないかがわかり、ううむと唸りたくなりますが💦
    交流は交流で楽しい時もあるし、アドバイスは凄くためになるからいいのはいいのですが、一度交流すると読んでくれたから読まないとだめかなと思うのが負担になってきます。そして、今みたいに何もしないで放置してると作品も放置されるのはそれで寂しい。
    自分がどのサイトで一番需要があるかが分からないので難しいですが、今度新しいサイトに登録するときは違うペンネームで交流は全くしないでやってみようかななんて考えたりします。そこまでのエネルギーがまだありませんが💦

    カクヨムも少しずつ変わろうとしているのかもしれませんが、親しくしてるから読む図はやはり健在なのかなと感じますね。
    後はやっぱりジャンル、SF、ミステリーを消すのはどうかと思ってます。どんでん返しというあいまいなジャンルで、後から「こんなのを」というなら最初から絞ればいいのにと思ってしまいます。
    現に、東堂さんのように「なろう系」でなくて、ミステリーホラーだけど、読み専さんいっぱいついてる実力者がいるんですから、そういう方たちに的を絞ったジャンルのコンテスト欲しいですよね。
    拾い上げの制度は知りませんでした。

    長々すみません。

    今更なのですが、一次通過おめでとうございます!

    作者からの返信

    カクヨムは圧倒的に男性読者が多いし、編集者もほとんどが男性です。もともと母体がラノベ編集部だったそうですし。
    なので、それ以外の女性向けの作品や一般文芸に近い作品は日の目を見ないんですよね。
    そういう点ではエブリのほうがいいのかも。
    アルファポリスは女性向けって言うけど、内情は悪役令嬢物ばっかりで、子ども向けですし。なろうは女性編集者さんが多いんだそうで、カクヨムとはまた読者層が違うみたいです。似てるけど、女性向けのファンタジーなら、なろうがいいのかも。
    あと、ステキブンゲイって文芸メインのサイトがあるみたいですね。

    ほんとは自分の作風にあったサイトで活動するのが一番いいんだと思います。

    カクヨムは今後ますますエロい男性向けラノベが盛況になっていくと思いますし。

    カクヨムがなろうみたいに大人向けと子ども向けでサイトをわけないかぎり、その傾向がずっと強まると思いますね。

    2021年9月13日 12:22

  • 酷評の闇へのコメント

    こんにちは。

    まだ書かなきゃと思ってる天音です😅が、最近、心境に変化がありました。実は一過性の脳梗塞をやってしまいまして、しびれは取れたのですけど、なんか、もしかしたら私って色んな自病あるし、長くないのかも? なんて思うようになり、だったら書きたいこと書かなきゃいけないんじゃないかと。
    それで少し書いてみたんです。そしたら進まない進まない。なので、書いてないと書けなくなるかもと怖くなり、少しずつでいいから何か書かなきゃと思うようになったわけです。

    っと、ズレましたが、酷評の企画ですか。
    私は豆腐メンタルなので、自分から参加できそうにないですね。でも、アドバイスされることは多いのでそれはありがたく頂いたものと思って改善しようと試みるタイプです。時々、書かれたことを忠実に書き直し過ぎて誰の作品か分からなくなるときがありますが😅
    でも、単なるストレス解消の誹謗中傷ならともかく、ちゃんと読んでくださっての意見ならこちらもちゃんと聞きたいです。東堂さんのおっしゃる通り、的を得てる時が多いと思うし、何より自分で読んでたら気付かないことって多いから、ありがたいことだと。
    私の場合はアドバイスを活かせる時と活かせるだけのスキルがなくて、直せないときがあるのでそれが歯痒いかなあ。
    東堂さんから頂いたMRの小説と、恋人ごっこに対するアドバイス、今でもよく読みます。その度になんとか活かしたいなあと思うのに、小さな手直ししかできてない感があって自分にがっかりします。まあ、譲れないところはあるけれど、そこは譲らなくても、内容全部譲れないなら、酷評なんて必要ないですよね、そもそも。
    人間の心理が見えるなあと思ったのでした。
    でもある意味そこまで自分の作品に自信が持てる方は羨ましいですけどね。

    作者からの返信

    お返事遅くなりました。
    脳梗塞ですか、それはいけませんね。よくなりましたか? お大事にしてくださいね。

    僕は先天性の大きな病気があって子どものときに手術してるので、人間はいつか死ぬものだという感覚はほかの人より強かったです。
    健康な人でもコロナや交通事故で、とつぜん今日明日に死ぬかもしれませんし。

    なので二十歳くらいのときには、その日一日一日を悔いのないように生きようと思ってました。

    僕がベラベラ小説を書きまくってるのはそのせいもあります。
    とにかく書けるうちに書かないと。

    だからこそ、楽しんで書くというのが大事だと思ってます。
    誰かにムリヤリ書かされてるわけじゃなく、自分が自分のために書いてるんだという自覚を持って楽しんでます。

    自分の人生だから、やりたいことをやればいいんです。したくなければしなくていいし、やりたいなら、とことんやらないと。

    2021年9月13日 12:16

  • ベラベラ書く方法2 短編長編それぞれの…へのコメント

    また読ませて戴きます✨🤗✨✨✨

    作者からの返信

    参考になりましたら幸いです。

    2021年9月8日 00:20

  • ところで、みなさんはガイドラインって読…へのコメント

    利用規約はきっちり読まないと駄目ですね。
    前のことですがゲームとかでも、さらりとあなたの情報は当社が好きに利用させて頂きます的なこと書かれてました。
    当然、ダウンロードしません_(:3 」∠)_

    作者からの返信

    ゲームアプリは怪しいの多いですよね。

    とくに外国産のやつは、メアドを勝手に取得します、くらいは当たりまえだし、ヒドイのになると、無料アプリと言っときながら、最初の1か月をすぎると自動で有料契約に変更になり、週300円、月1200円を勝手に引き落とされる。しかも、アプリを削除しただけでは退会したことにならず、アプリからは行けないパソコンでホームページへ行き、すごくすみっこの見つけにくい場所にある解約手続きをしないと、ずっと引き落としされ続けるってものまであります。それもたしか、あの国のゲームだったはず。

    ゲームアプリは低評価レビューを読むと、そういう危険を事前に遠ざけることができますね。

    海外のサイトはとかく怖いです。

    2021年9月6日 20:29

  • 復活したあのサイトへのコメント

    違法サイト、続いてますね~。
    Twitterやってますが忙しくてあんまりのぞけてなかったので、先に近況ノートで知りました。

    対策はタグに作者名を入れるのと、あらすじと本文の数ページに注意書きを入れてあります。これだけ大規模だと自動取得だろうと思うので、本文中に書いておけば消されないかなと。ただ、「無断転載」という単語自体をはじくことはできるかもですが。うーん、転載という言葉を使わないバージョンの注意がきも作っておくかな?

    中国語のおまじないはちょっと眉唾だと思ってます。よく聞く対策ですが、効果があったという報告を見ません。逆に、漫画(コマ内背景に「天安門」と書いてあった)を無断転載・翻訳してる中国人とトラブルになったというケースを見たので……転載しておいて文句をつけてくるとはびっくりですけど。それで私はやってません。運営さんも対策してくれてますが、早く収束してほしいですね~。

    作者からの返信

    なるほど。そういうことでトラブルになる人もいるんですね。転載しといて文句を……盗用は犯罪じゃないと思ってるんでしょうねw
    なんと言っても、ついこの前まで国家的に偽ネズミランドを作ったりなどしてた国ですから。

    ちょっと前にテレビニュースで、今はあの国もオリジナルの中華アニメが流行ってて、そのコスプレしてる人がたくさんいるとか、そういうのを見たんですが、多くの小説を書く一般人までは、まだいないと。

    ヒマつぶしくらい自国内でまかなってほしい。

    うーん。天安門は外すべきかなぁ。
    カクヨムってワードを外せるなら、無断転載も外せるだろうなぁとは思ったんですよね。違法とか、ミラーサイトとか。

    非公開は一括でできるけど、公開はエピソードごとに一話ずつしないといけないので、騒ぎのたびにイチイチ出したり隠したりするのは、ものすごい労力がいるんですよね。

    このままだと、ほんとに残念だけど、カクヨムを去るしかなくなります。アルファのほうが今の20倍広告収入もらえるしなぁ。
    ただ、ちょっと前にアルファは経営が怪しいのかって書いてる人がいたけど。でも、それを言ったらカクヨムもずっと危ぶまれてた。

    複数のサイトに投稿しといて、問題が起きたらそこは非公開っていう感じでやってくしかないのかもしれません。
    僕はカクヨムしかダメってわけじゃないので。もともと流れ者だからなぁ。
    ただ、再度引っ越すときは、ついてきてくれるフォロワーさんは三人かもしれない。

    こんな形で移動するのは悲しいので、運営さんに抜本的な対策をぜひしてもらいたいものです。

    2021年9月6日 08:54

  • 復活したあのサイトへのコメント

    コピーサイトにも困ったものです。
    掲示板でみたのですが、『維尼熊』というワードがトレンドの嫌がらせなんだそうです。
    入れるつもりはないですが、調べると色々と出てきて面白いです。

    作者からの返信

    いろんな方法がありますよね。

    そのなかで、著者の名前を入れる、コピーライトを書いておく、無断転載禁止などを書いておくのは、ふつうに著作権を主張するだけなので、日ごろから他サイトでもやっとくといいのかもと思います。

    他サイトが狙われることもあるかもしれないですしねぇ。

    嫌味も中国語のほうが伝わりやすいのかな?w

    2021年9月6日 07:19

  • リワードについての自主企画の質問に答え…へのコメント

    自主企画への参加ありがとうございます。

    ある意味では「数うち当たる」みたいなところがあるんですね!

    作者からの返信

    いえいえ。
    このネタ、なんだかとても読者さまの反応がよかったです。やっぱり皆さん気になるんですかねぇ。

    もちろん、一作ずつも書籍化されてもおかしくないレベルで書く(じっさいにそうなっているかどうかはともかく)という意気込みで書いてますので。

    2021年9月3日 22:46

  • 例の違法な無断転載サイトについてへのコメント

    私もいまエッセイにまとめようかと書いてるとこでした。

    すべての作品が網羅されているように見えるのは、おそらく、公式の発表に
    「当該サイトは、アクセス時にカクヨムで公開されている同じページにアクセスしてその内容を表示していたため、更新した最新の内容が表示されていました。不正アクセスなどでデータベースからデータを盗まれていたわけではなく、公開されている情報を取得されていました。」
    と説明されているので、そのサイトから自作品を読もうとするといったんカクヨムにアクセスして、最新の内容をコピーしてあちらのサイトで表示するという仕組みなんじゃないでしょうか。これだと、カクヨムのほうのPVが動くことや即座に内容が反映される理由も説明がつくので。
    つまり、検索なりリンクなりで自作をたどった時点でコピーが生成されるので、自作を探した人はほぼ発見したと。

    リアナのPVがぜんぜん増えてないので笑、ウェブクロールで大量に作品バックアップを取得したわけじゃないんだと思います。なので、非公開にすればそのサイトには公開されなくなるのでは。

    でも、なんか落ち着かないですよね~。今後も見据えて対策を考えなきゃなと思ってます。

    作者からの返信

    (´▽︎`*)アハハ じつは今日は仕事のスキマ時間がすごく多い日なんですよ。なので素早くまとめることができました。

    なんか、そっちのサイトで自作を読むとカクヨムのPVが2増えるって言ってる人もいましたからね。僕は本文までは見なかったので、その関係でのPVはありませんが。

    一番心配なのは、サイトにアクセスするだけでウィルス仕込まれたら……ってことなんですが、今のところスマホは普通に動いてますし、まあ、問題はないのかなと。

    今回はカクヨムくらい登録者数の多いところだから、わりとすぐ発見されましたが(5日前にすでに見つけてたって近況に書いてる人がいましたが)、逆にノベルデイズみたいな、こぢんまりしたサイトだと、ずっと見つからない可能性もありますよね……(^_^;)
    そっちのほうが怖いかなぁ?

    抜本的な解決策ってないんですかねぇ?

    書きかえたタグも、また直さなきゃw

    2021年9月3日 18:15

  • 無断転載サイト! カクヨムが丸ごとコピ…へのコメント

    近況ノートがこの話題一色で、朝見てびっくりしましたw

    ここまで大規模な海賊版サイトは初めて見たかも。おっしゃるように、クロールじゃなくてサイト内部(?)にアクセスしてコピー&改変してるっぽいですよね。非公開や他サイト移転で完全に解決できるわけではなさそうなのも、たしかに。
    タグが反映されたならいい方法ですね!対策とられちゃうかもですが、一時的にでも。私も今日は対策しないと……(;'∀')ビックリ

    作者からの返信

    向こうのサイトで読むと、カクヨムのPVが2増えるそうです。向こうとこっちで同時に読まれたことになってますよね。

    用心して全作品非公開にする人が多いみたいですね。
    僕もノベルデイズで公開してるのは一時非公開にしようかなぁ?

    考えられそうな今後の詐欺の手法としては、
    1、広告を入れて広告収入を得る
    2、全作品を有料化して、向こうのサイトではお金を払わないと読めないようにする
    3、投げ銭システムを導入する
    などかなぁと思ったり。

    ただ無断転載するだけに労力を費やすと思えないんですが、なかのくにのドメインらしいので、サイバーテロだったり?

    ほかのかたの近況ノートで読んだんですが、以前、なろうなどでも同様の被害があったってことなので、カクヨムだけを狙ったわけでもなさそうですよね。今回はターゲットがカクヨムだったってだけで。

    まさか前に運営から報告のあった違法サイトをそのまま野放しにしてるわけじゃないですよね…(^_^;)

    ちょっと気になってるのは、リワードの詳細履歴に、まだ先月ぶんの数字が載ってないことなんですよね。ふつう、次の月になったら、そのまま先月ぶんは詳細のほうに載ってたと思うんですが。二、三日のタイムラグがあったかなぁ?
    全ユーザーの先月のアドスコアをまるっと盗まれたわけではない…と思いたいです。

    2021年9月3日 09:48

  • 無断転載サイト! カクヨムが丸ごとコピ…へのコメント

    怖っ_(:3 」∠)_
    無断掲載って、、、。
    同じようにタグ付けすべきかです( ゚д゚)

    作者からの返信

    怖いですよね。
    作品を一話ずつコピペして転載などではなく、たぶんカクヨムのデータベースに侵入して丸ごと同期してる感じなので、カクヨム側から不正アクセスを遮断できれば……。
    タグはほんとささやかな仕返しですがw

    2021年9月3日 07:22