私は魔女にとり憑かれた

作者 渡来翔

24

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

自分に自信が持てない女性が異世界で偉大な魔女の依代(よりしろ)となって、活躍&成長してゆく物語です。

とにかく自己嫌悪が激しい主人公が偉大な魔女に『私と一緒に闘ってくれ!』と頼まれても、『ええっ!? 私なんか無理です!』…と素で断るのですが、それでも少しずつ人前に立ってみたり、魔法を覚えたり…と努力して成長してゆきます。

物語の展開が早いのでサクサク読みたい方には特にオススメです!

★★★ Excellent!!!

容貌が優れていない、際立った才能がないと全てを諦め、絶望してしまった主人公。
彼女は異世界に飛ばされてもそのことすら、自分が異世界になんて、と否定する程に自己評価が低い。
そんな彼女の前に現れ、その窮地を救った絶世の美女は偉大な魔女だったのです。
世界を絶望から救い、希望を与えんとする魔女の考えは絶望しか知らなかった主人公の心に何を与えるのか?

とにかく自己評価が低い主人公が完璧に見える魔女とともに戦うことで心が満たされ成長していくそんな素敵な物語なのです。
主人公が魔女の力を借りて、魔法を使う戦闘シーンは一見の価値ありです!