やがて祈りは世界を創る

世界のどこかで

今日も人々は祈っている

自分の幸せ他人の幸せ

叶うはずの無いことさえも

祈りは希望だと言って

神様が死んだとも知らずに


ーーーーーーーーーーーーーーー

◇くらげにのっかって/p6


うみのなかをすすむと

たくさんのおさかなさんたちが

いきている


あかくて、あおくて

はたまたにじいろだって


うみのせかいはぼくらのせかいより

ずっとカラフルだ


ふわふわとうかぶくらげさんにつかまって

おおうなばらをたびしよう


さわるとひんやりぷるぷるで

まるでおおきなゼリーに

のっているみたいだ


くらげさんのたいぐんはすすんでゆく

かすかなかいりゅうにのって

ふわふわ、ゆらゆら


とちゅうでおさかなさんたちが

きょうもげんきかい、と

あいさつしにやってくる


おれのかがやくはをみてくれよと

さめさんがおおきなはをみせるから

ぼくもうんとおおきくくちをあけて

くらべっこする


そらからふってきた

うみどりがおさかなをくわえてさってゆく


うみのそこから

ちょうちんあんこうさんが

ぴかぴかとあかりでてらしてくれる


ぼくはくらげさんにのっかって

ふわふわ、ゆらゆら


うみのなかはひんやり

でもおさかなさんたちのこころは

あたたかい


つめたくてうみにはいれないきせつも

なかではまいにちパレードだ


ぼくはときどきあそびにくる

ふわふわなくらげにのっかって


ねむっているときだけの

ちいさなまほうにかけられて


ーーーーーーーーーーーーーーー

◇救えなかったね、君のこと/p84


ただ、あなたのとなりにいたい

あなたのとなりに、ただ

何も話さなくていいから

辛いことも悲しいことも

なにも、なにも話さなくていい


それなのにあなたは

どうしてもとおくへいってしまうのね

わたしを置いてとおくへ


わたしはあなたになにか出来たかな

駄目だね、駄目だったから

あなたはいってしまったのね


でもあなたがしあわせになるなら

わたしはあなたがしあわせになることを

いのりつづける

手をほどくのを忘れるくらいに


だからあなたはどうかしあわせになって

私のもとから居なくなっても

どうか、どうか

来世ではあなたを救うから


ーーーーーーーーーーーーーーー


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る