小澤田くんは言葉を食べる

作者 好野カナミ

131

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

かなり気になってました‼


登場人物の心の動きがありありと伝わってきて、とても面白いです。

ところどころ、弥恵の言動に「くすっ」となる箇所も面白く読ませてもらいました。展開とか、構成も、次話を読みたくて仕方がなくなるような心地よさを感じます。


ずばり『とても雰囲気がよくて読み心地が良い作品』です。
弥恵と喜希の、そして二人を取り巻く温かな人物たちの選択を見守りましょう。

★★★ Excellent!!!

能力の設定が面白いです。それと、主人公、弥恵視点の文章が、くどくなく、物足りなくもなく、心地よい。とても、優しくて読みやすく書かれています。
謎めいたイケメン、小澤田くん。
こういう男子、イイです。好きです。
どんな性格なのか? ギャップ萌えはあるのか? それと、弥恵との関係が進展していくのにも楽しみだと感じました。

★★★ Excellent!!!

他人の発した言葉を文字として見ることができる瀧ノ川弥恵。そんな役に立つのか立たないのかよくわからない能力を持っている彼女は、ある日クラスメートの小澤田喜希が他人が発している言葉を食べている場面を目撃してしまう。これをきっかけにして互いに関心を持つようになる二人。しかしその能力には重大な秘密が隠されていて……。

女性視点から描かれる恋愛×ちょっと不思議な物語。何を考えているのかよくわからない隠れイケメンな小澤田くんと弥恵が親密になるまでのペースはなかなか早いけれども、二人が知り合うきっかけとなった能力が思わぬ形で大きな試練を与えてくる。

イチャイチャ成分もありますが、能力に目覚めたきっかけがちょっぴり重めで、自分たちが幸せになっていいのかと悩んだり、辛い思いをすることも多い。それでも二人を支えてくれる家族や友人の暖かさが心に沁みるし、互いを想って前向きな決断をする二人の姿がまぶしい一作だ。


(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=柿崎 憲)