機械仕掛けの滅びの美学

作者 丹寧

滅びの美

  • ★★★ Excellent!!!

天文時計オルロイの天地重なりし時、王の血脈を絶つべき乙女生まれぬ。

冒頭1行で読者を掴みます。


文体から伝わる圧倒的世界観。
文章うまいです。


意外な事実を含んだ最終話が見所満載でした。
美しくも、素敵であり、儚いです。

印象的なフレーズ、台詞。


名作でした!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

「時計に動力を吹き込む」という能力を生まれ持ち、ゆえに国の威信を保つための道具として幽閉同然の生活を強いられる『琥珀姫(ヤンター)』。
彼女はある時、自分の侍医となった青年に惹かれていることに気付い… 続きを読む

坂井令和(れいな)さんの他のおすすめレビュー 2,059