神様からもらった異世界特典のスキルが屑すぎて奴隷になったけど覚醒して、どんな神スキルでも手に入れられるチートになった ~戦地で俺は、無双する~

時雨

第1話 prologue

「暑すぎだろ」


  さんさんと輝く太陽に、少年は目を細めた。

  確かに海水浴にもってこいの天気ではあるが、これは暑すぎる。


「せい兄〜、一緒に泳ごうよ〜」

「分かったけど、こけるなよ〜」


  遠くのテントから駆けてくる小柄な少女に、せい兄と呼ばれた少年は手を振った。テントの中には、にこにこと笑う母親と父親らしき人物がいる。


  久しぶりだな、家族と海水浴だなんて。

  少年は、足に飛びついてきた少女に、笑いかけた。


 *****

  この少年の名は、星賀聖ほしがせい。この春めでたく高校に入学した十五歳である。

  家族構成は、おっとりした母親に、厳格な父親、それにやんちゃな妹。妹がまだ六歳だということを除けば、なんら変わった点のない、ごくごく普通の高校生であった。

  今は高校生活初めての夏休みを謳歌し、家族と久々の海水浴に来ている、というわけ。

 *****


「ねぇ〜、せい兄と一緒だったら泳いで良いって、お母さんが言ってるの」


  少し不満そうに告げた妹ーー愛羅ーーは、ぶんぶんと聖の手を振りながら言った。

  こういう面を見れば、まだ幼稚園児だなと感じるが、ぽんぽんと頭に置いた手は、明らかに前よりも高い位置にあって。大きくなったもんだ、と聖は安定のシスコンぶりを発揮しつつ、愛羅に手を引かれるまま、海へと向かった。


  海に足をつける直前、念の為愛羅と絶対に繋いだ手を離さないこと、と約束する。なんせ今日は人が多い。ここ数日続いている良い天気のせいかもしれないし、単に今景気が良いからかもしれない。

  ただ、ここまで混んでいると、小さい愛羅にとってこの海は危険極まりない。もし誰かに押されて溺れてしまったら、なんて考えると、気が気じゃなかった。


「浮き輪してるけど」

「でも危ないからちゃんと手、繋いでろ」


  頷いた愛羅に、ほっと胸を撫で下ろす。昔から愛羅は、変に頑固なところがあるからな。それがまた可愛いんだけど。


  さて足をつけようとなった瞬間、目の前でドボン、と派手な音がした。しばらくした後に、バシャバシャと上がる水飛沫。見れば、溺れている小さな人影が見えた。

  慌てて隣を見るが、愛羅との手は繋がれたまま。というかそもそも、海にさえ入っていない。

  愛羅にちょっと待ってて、と告げ、手を離して海に潜る。

  運の悪いことに、周りに気づいている人はあまりいないらしく、その人影はどんどん遠くへと向かっていく。

  しばらく泳いだ後、その人影をどうにか捕まえた。が、呼吸が苦しいのかバタバタ暴れるその子にバランスを取られ、完全に泳ぎのフォームが崩れた。ごぽり、と大量の塩水を何度か飲み、意識が遠のきかけたところで兄ちゃん、と焦った男の声がする。


  強く生きろよ。


  決死の思いで子供を男に託すと、聖は意識を失った。

  目を瞑る瞬間、最愛の妹の悲鳴が聞こえた。

 



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る