藤次郎-15

「藤次郎!後ろから馬が来る……」


家を出て2kmほどの山中の間道を後ろから猛追してくる馬が三頭見えた。

迷うことなく馬に鞭をいれる藤次郎は、


『想定より早い! 何人いるのか?』


藤次郎の心中の声を聴き、半身乗り出して後ろを確認していた佳宵が、


「藤次郎、見えているだけで3人。追ってくるわ。でも、ちょっと待って!」


佳宵は目をつぶり意識を周囲に集中する。気のせいか?藤次郎の前に座っている佳宵が熱くなった様に感じたが。


「ダメ!この先の曲がったところで待ち伏せしてる。3人!! 後ろからも3人!!」


『6対1では勝ち目はないな……』


「佳宵様、この先どれくらいに待ち伏せていますか?」


「そうね。4,500mってところかしら」


それを聞いた藤次郎は馬を急制動し来た道を引き返す。


「佳宵様、出てきてはなりませんよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る